<セブンラックカジノ体験記>24時間遊べる魅惑のスペース「セブンラック」

2011年03月08日

서브04-체험기

24時間遊べる魅惑のスペス「セブンラック」

韓国を観光する中で、魅力的でお得な場所のひとつとしてカジノをあげることができます。ギャンブルなんてとんでもない!と思われる方が多くいらっしゃると思いますが、ここは楽しい旅行中、少し遊び方を知っているだけで、「旅行中のお小遣いできてラッキー!」なんてことになるので、ぜひチャレンジしてみられるのもいいかと思います。ゲームに参加し、デーラーに食事を注文すると、無料でカジノ内のレストランにてプルコギ定食などを楽しむことができます。結構たくさんあるメニューから選択できるので、お徳です。さてゲームについてですがまず、初心者におすすめなのは、なんといってもルーレットです。一回のゲームで2500ウォン(約200円)から參加することができ、1枚のチップが2500ウォンとなります。デーラーに1万ウォン出すと4枚、5万ウォンで20枚、10万ウォンで40枚となります。ゲームを終了するときにも同額で返してくれます。このルーレットの仕組みはとても簡単で、左回りに回転する円盤にデーラーが右回りに白いボールを投げ込みます。1から36と0と00の数字が刻まれた場所のどこに入るかを予想して当てるだけなので、とても簡単です。1つの数字に当たった場合の配当金ですが、賭けた数字に見事当てるとなんと35倍になり、1万ウォン賭けた場合は35万ウォンになるわけです。2つの数字のどちらかにあたった場合は17倍、4つの数字のどれかに当れば8倍の配当金となります。他にも賭け方はありますが、今回は倍率が高いものを紹介してみました。ルーレットにも攻略法がいろいろあるようですが、一番いいのは今まで出てきた当選数字を表示している電光表示板をよく観察すると、なぜか不思議と同じ数字が何回も繰り返し出ていることがわかります。表示板を見ながら、そろそろあの数字が出そうだなーと考えながら、同じ数字におくと結構当たったりするので、ゆっくりあせらず、熱くなりすぎず、サービスのお酒や、ソフトドリンクを飲みながら楽しんで見てください。そして勝負は時間や掛け金を最初に決めて、チャレンジするのがいいと思います。とにかくカジノは24時間運営しているので、旅の途中、空いた時間を生かし是非チャレンジしてみられてはいかがでしょうか。

/大塚信宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

IMG_5832

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に 敦義門展示館 ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「…続きを読む

펜타포트

仁川の世界的な有名な PentaPortRock Festival 見に行かないですか。

PentaPortRock Festival * 行事期間 : 毎年 8月中 * 住所 : 仁川広域市延寿区セントラルで 350 (松都洞) * 行事場所 : 仁川松都月明り祭り公園 (PENTA PARK) * Web site : http://pentaportrock.c…続きを読む

13-1

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する!

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する! 今から100余日後と迫った2011年8月、先端と伝統が交わる大韓民国の第3の都市「大邱」に全世界の人たちの耳目が集中している。夏季オリンピック、FIFAワールドカップと共に世界3大スポーツイベントとしてあ…続きを読む

seoul_hanabi

ソウルでは秋の風物詩? 「ソウル世界花火祭り」攻略法!

 「たまや~!」浴衣を着て夜空に咲く花火を見上げるのは日本の夏の風情だが、韓国ではどうだろうか? 韓国の花火大会のメインシーズンは秋。韓国全土で多彩な地方祭りが開かれる秋に、全国的に名の知られる花火祭りが行われる。その代表が、ソウルの汝矣島で行われる「ハンファ・ソウル世界花火祭り…続きを読む

月精寺

山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅

心身が癒されるとっておきの冬の韓国旅行 山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅    日常の悩みから離れて地上と断絶した山の中の寺院に向かう。都市の喧騒は消え、神秘的で霊験あらたかな空気に体と心が自然と癒されていく。伝統的な仏の教えはこれまで気づかなかった人生の意味ま…続きを読む

국립중앙박물관

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催 -アジア館にて6月19日まで 国立中央博物館内にあるアジア館の新安海底文化財室にて6月19日(日)まで、新安沖の海底から発掘された龍泉靑磁をテーマにしたテーマ展が開催される。 龍泉靑磁とは、中国の呉・北宋の時代から清王朝まで浙江省南部の龍…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02