<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

2011年04月06日

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

부대앞

平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず挙げられる。釜山大学前とは、その名の通り釜山大学のある街で、学生街として若い世代の流行の発信地にもなっていて、食べ物や洋服が安く買えることでも有名なところだ。地下鉄1号線『釜山大』駅の3番出口から出ると、細い道が続くが、左右には各種携帯電話の店舗、おなじみチープコスメの専門店、かばん・洋服などの小さな個人店舗が軒を連ねている。日本語は通じないものの、海外留学生もたくさんいることから、ジェスチャーを使って親切に相談にも乗ってもらえる。もちろんその途中には、テイクアウトのワッフルやトッポギのお店もたくさんある。釜山大学に向かう道から小道に入っていくと、若い男の子や女の子が好きそうなカジュアル服の店が並んでいる。ひとつひとつの小さいが個性的な店舗が並んでいる姿は、初めてなのに何か来たことのあるような不思議な感覚を与える。道の曲がり方や、個性的な店舗が並ぶ姿は東京の裏原宿を思い出させ、掘り出し物に出会えそうな予感がする。釜山大前まで行くと、ブランドショップが軒を連ねている『ファッションタウン』という通りにも足を伸ばしてみる。ここは、100mぐらいの通りにブランドショップのアウトレット店がひしめき合う。スポーツ系やカジュアル系、ビジネスマン向きのものまで、ブランドの種類も多様だが、ここの通りの店はデパートで売られている商品と同じものが置いてあり、デパートよりも40%ほど安く買うことができる特別な場所だ。アウトレットショップと一緒に運営しているところでは、昨シーズンのものなど70%も安く買えることから、人気が高い。

ショッピングで疲れてきたなら、大学の正門近くにある韓国伝統茶の店でまったりと疲れを癒そう。日本ラーメン店の美味堂が1階にあるビルの3階にあるチャパッコル(茶畑の谷)では、その名前の通り、伝統茶の香りが漂う、ゆったりとした空間が印象深い。まず出される緑茶でほっとしてから自分好みの伝統茶を選んでいただく。この建物がある周辺はタロット占い店が多いことからタロット通りと呼ばれが、この店でお茶を注文すると、タロットを2000Wで占ってもらえる。一杯のお茶の余裕と、心を癒す時を過ごすにはちょうどいい。

1ヵ月後に行くとまた違うショップや通りが出来る常に流行に敏感な釜山大前周辺で、お得なショッピングを楽しんでみるのも釜山旅行の良い思いでとなるはずだ。

文/山本泉

Pocket

関連する記事はこちら

百潭寺01

百潭寺テンプルステイ体験記

  自分の欲するところを自分に問う贅沢な時間   百潭寺テンプルステイ体験記   韓国の寺院で仏教の修行を体験するテンプルステイ、最近、日本でも知られるようになってきたが、実際に体験した人は多くはない。そんなテンプルステイを体験してもらおうと、韓国仏…続きを読む

40e0cc4dedf4ed0a2ca432252b2e5cba-150x150

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産 慶州に位置する貞洞劇場慶州が新作伝統音楽「讚耆婆郎歌」を通じて観客と出会う。新羅国の最精鋭武士である「花郎」として、最も勇敢だと噂される「耆婆」を主人公に、青年・耆婆が最精鋭武士として成長していく過程を、新羅の歴史と文化とを交えながら紹…続きを読む

nothumbnail

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演 

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演    -慶州世界文化エキスポ文化センター内、7月1日から 韓国文化体育観光部の傘下である財団法人明洞貞洞(チョンドン)劇場が慶州(キョンジュ)市および慶州世界文化エキスポとMOUを締結し、国家ブランド常設公演である「神国の土…続きを読む

K-Style Hub

新しい韓国の情報発信所が誕生!「K-Style Hub」

  韓国観光公社が原州に移転してからしばらく改装工事を行っていた建物が、韓国の観光情報や文化を発信するスペースとしてリニューアルオープンした。移転前にも地下にパンフレットの配布などの案内は行っていたが、リニューアル後は2階から5階までをフルで活用し、さらに多様で深い情報…続きを読む

IMG_5871

ファッションタウン東大門を支える町の素顔に触れる | 縫製歴史館「イウムピウム」

ファッションタウン 東大門を支える町の素顔に触れる 縫製歴史館「イウムピウム」 ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの…続きを読む

국립국악원_공연

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催   -6月まで特別公演、企画展示など多様な国楽舞台を準備 国立国楽院が開院60周年記念の年を迎え、4月から6月まで多彩な公演や展示、学術行事を準備している。1951年4月10日開院した国立国楽院の過去と現在、そして未…続きを読む

메인_장녹수전(세로)

〈公演レビュー〉宮:張緑水ストーリー

奴婢から王の女となった 朝鮮時代版シンデレラ   宮:張緑水ストーリー    奴婢から妓女、そして王の側室まで、朝鮮第10代王であった燕山君(ヨンサングン)の側室として劇的な人生を送った張緑水(チャン・ノクス)。韓国の歴史ドラマや映画に何度も登場するほど魅力的…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02