B-BOYに恋したバレリーナ

2011年04月06日

<公演レビュ> B-BOYに恋したバレリーナ

バレリーナ、路上のダンサーを愛す

메인(가로)

 

「24時間が過ぎたのに胸の震えが止まらない」公式サイトにある、一人の観覧客の観覧レビューが公演「B-BOYに恋したバレリーナ」の印象深い余韻をそのまま表現する。

「B-BOYに恋したバレリーナ」は2005年、ソウルのあるビルの地下で静かに始まった。広告を一切行わず観客の口コミだけで連日売り切れとなり、やがてニューヨークのブロードウェイや英国エジンバラ フェスティバルにも出場、世界の人々の目と耳を魅了した。現在もソウルの蚕室(チャムシル)ロッテワールドの芸術劇場を専用公演会場として6年目の公演を続けており、韓国文化公演界で変わらぬ人気を誇る作品だ。

「B-BOYに恋したバレリーナ」は公演前に「公演中にも携帯電話の電源を消さずに自由に通話されてもかまいません。公演中に写真や動画撮影も思う存分行ってください」というアナウンスが行われるなど、観客たちに何の制限や規則もかけない。これはストリート ダンスであるB-BOYがそうであるように、公演「B-BOYに恋したバレリーナ」もやはり、B-BOYたちの「拘束と枠組みからの解放」を語るよう、自由奔放を宣言するためだ。

評壇はもちろん、観客たちも「B-BOYに恋したバレリーナ」の奇抜な素材と発想に注目し賛辞を送った。今まで芸術舞台を独占してきた上位であるバレーと、路上で転げまわりながら踊る下位の踊り、ブレイクダンスとが結ばれ、お互いの価値を最高に昇華させ、共通点がなさそうなバレーとブレイクダンスというジャンルの二人の主人公が、恋愛までその中が分けられてしまうというストーリーは、観客たちからの好奇心を集めるのに十分だ。

公演はB-BOYたちの派手なブレイクダンスから始まる。体が回転してダンサーの足は舞台から離れ空を飛び、手と肩は息つく間もなく動き、アクロバットに近い曲芸の踊りを楽しませる。派手な踊りの魅力に加え、舞台の上では汚れがないB-BOYたちの純粋さと胸のときめきもその踊りを通じてそのまま観客に伝えられる。観客は彼らの自由な踊りにその世界に引き込まれ、無意識に感嘆の声をあげてしまう。老若男女、職位を問わず、誰もが一つとなって胸の深いところで喜びのため湧き上がるエネルギーを感じる瞬間だ。

夕立のように激しく終わってしまった1幕のB-BOYシーンが終われば、1幕とはまったく違う荘重なクラシック音楽が流れる。ブレイクダンスの興奮がまだ冷めやまないままに、優雅なバレリーナの踊りが舞台の上で繰り広げられ、水が流れるように舞台を滑るバレリーナの動作に観客らの目が集中する。

しかし、余裕のあるバレー鑑賞も少しの間だけ。平和なバレリーナ練習室のそばにヒップホップ広場ができ、静かなバレリーナ練習室は激しいヒップホップの音楽に占領される。

女主人公のバレリーナ・ソヨンは、このヒップホップ広場に不満を持つ。低俗な街のダンサーたちに格調高いバレリーナの空間を騒音で侵害されたことが、バレーに対する挑戦までたたきつけられたようだからだ。やがてソヨンとバレリーナらはヒップホップ広場で勝負をつける覚悟で広場を訪れ、クラシックと大衆文化との間で、タイトルをかけた二つのグループの葛藤と衝突が続く。

バレリーナとB-BOYたちの衝突はミュージカルが持つ個性そのままに彼らの踊りなって表現される。 ポッピン、少女ヒップホップ、ラッキン、ヒップホップ、ブレイクダンス、バレーなど勝負を付けられない踊りの対決が続き、舞台の上では葛藤と戦いが繰り広げられるのに、観客たちはその二つの勝負に関係なく派手なダンスバトルに興奮してしまう。

対等なこの二つグループの間に、男主人公B-BOYであるソギュンが登場して新しい展開を迎える。 B-BOYのソギュンとバレリーナのソヨンは徐々にお互いに好感を持つようになる。 バレリーナのソヨンは、カリスマあふれるソギュンの踊りの腕前に惹かれ、ソギュンもお高く行動するものの、プリマドンナになるために一日一日を一生懸命努力するソヨンの姿に心を開いて行く。

2人だけの愛が芽生える過程を、ソギュンがソヨンにブレイクダンスを教える場面として表現する。細いバレリーナの手首をつかんでエスコートするソギュンと、彼の手に従い動くバレリーナのソヨン、そしてお互いの心を確認したように見つめあう二人は、音楽と共に甘酸っぱい愛の感情を演出して観客の感情をしっかりと掴む。

愛のために、ソヨンはバレーを捨てなければならない。ソギュンと共にいたいものの、ソギュンの同僚B-BOYたちは自分たちを軽べつしたバレリーナ・ソヨンを認めない。結局プリマドンナとなるために自身の夢を追うべきが、それとも愛のためにバレーを捨てて自身が軽べつしたB-BOYになるかの二つの中から答を出さなければいけない。

「B-BOYに恋したバレリーナ」のストーリーは違った目線から見れば、かなり単純で漫画的だ。 だが、この分かりきったストーリーに、観客らは感情を移入させてしまう。B-BOYとバレーとの対立はロミオとジュリエットの二つの一族を連想させ、二人の主人公はロミオとジュリエットとなり、成し遂げることはできない愛の対象になるため、世界中の人たちが愛した古典文学で見られたストーリーに魅了されない観客はほとんどいない。

韓国最高を自慢するB-BOYたちの派手なダンス パフォーマンスも同じだ。 目を刺激するきらびやかなダンスと派手な照明、そして体を自然と揺れさせるヒップホップ音楽はすてきなコンサートを楽しんだように動的な軽快さまでプレゼントする。

それに加えて「B-BOYに恋したバレリーナ」は台詞がない。 主人公の感情とメッセージは全部踊りを通じて伝えられ、観客も彼らの踊りを通じて彼らがしたい台詞を観客たち自身の感情として結びつける。形があり強要される感情ではなく、観客自らが感情を投入して理解しながら台詞を作っていくので、韓国人でも米国人でも日本人でも「B-BOYに恋したバレリーナ」の派手なパフォーマンスと切ないラブストーリーが楽しめてしまうといえる。

 

「B-BOYに恋したバレリーナ」とは

2005年9月に韓国で初演された純粋創作ミュージカルだ。 バレーとB-BOYという相反するジャンルのダンスを組み合わせ、新鮮で創意的な企画により米国、ニューヨークのブロードウェイでの成功的な長期公演に加え、英国エジンバラ フェスティバルの2050参加作品中の中で最高作品として選ばれるなど、韓国内ではもちろん、世界的にもその演出力と作品性が認められている。2009年からはソウル、蚕室のロッテワールド芸術劇場を専用映画館として公演しており、台詞なしで進行されるノンバーバル パフォーマンスとして、韓国を代表する文化公演となっている。 →www.showbboy.com

 

서브01-발레리나

 

▲韓国内最高水準B-BOYたちの派手なパフォーマンス 劇の序盤から観客たちの視線を圧倒する

서브03-발레리나

▲     愛を選択したバレリーナ・ソヨンのブレイクダンスが繰り広げられるエンディング

バレリーナが表現するB-BOYパフォーマンスも見どころだ。

Pocket

関連する記事はこちら

동화마을

仁川の童話の主人公になる 松月洞童話村

童話の主人公になる 松月洞童話村 松月洞(ソンウォルドン)童話村(ドンファマウル)は、その名の通り’童話’をテーマに地域全体が華やかに飾られた村である。入口に着くと、’松月洞童話村’と書かれた大きな虹の形の看板が見える。左側の最初の 路地に入っ…続きを読む

2

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気 ウォーカーヒルホテルが製作・上演する圧倒的なスケールのコリアンショー「花の伝説」が人気を集めている。「花の伝説」は伝統的コンテンツと現代的感覚とが調和したオリジナル創作ショーで、男女主人公であるアラとミルの愛がロマンチックに繰り広…続きを読む

ソウル城郭ツアー1

漢陽を守った4つの山を歩く「漢陽城郭ツアー」

漢陽を守った4つの山を歩く 「漢陽城郭ツアー」    朝鮮王朝の首都だった漢陽(ハニャン)は四大門と、その周辺を囲む4つの山に積み上げられた城郭により守られていた。今でも夜になると漢陽と呼ばれたソウルの中心部の城郭がライトアップされ、美しい夜景を見ることができるが、ただ遠くから見…続きを読む

다담콘서트

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン   –  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催     国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

서브01-체험요리

<撮れ立てレポート>韓国伝統料理研究所の外国人料理体験

食べるだけじゃ物足りない!作って味わう韓国料理   グルメ大国、韓国。韓国には今やおいしい料理を食べるという目的で来る日本人の観光客もいるくらいだ。実際に韓国に行ってみると、私たちが知らない料理がまだまだあり、新しい味に触れるたびにそのおいしさに感動してしまう。そんな韓…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

수도국산박물관1

韓国の仁川にある特別な博物館旅行

ご両親との時間旅行 水道局山タルトンネ博物館 いわゆる「博物館」といえば、退屈なところ、というイメージがある。 展示されているものによって、そのイメージは異なるが、とにかく、博物館はその特有の語感から、気軽に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすというイメージとはほど遠い。しか…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02