インタビュー:韓国で働く日本人に会いたい!たまさん

2017年12月14日

アニョハセヨベル いつも江原道公式ブログをご覧いただきありがとうございます唇
江原道公式ブログは、韓国で頑張る日本人を応援したい!!会いに行きインタビューしちゃいます音譜

今回のインタビュー目は、明洞にあるエステ店で働くたまさんですキラキラ
マッサージ師として働きながら独学で皮膚管理士の国家資格を取得するなど、ポジティブに頑張っているたまさんに、色んなお話しを伺ってきましたよ~アップ

Q. 自己紹介をお願いします。

ニックネームはたまです。ソウル在住で韓国に来て丸15年です。
夫、息子、娘、姑の5人暮らしです。

Q.韓国に来たきっかけは何ですか?

韓国に知り合いがいて、今の夫を紹介していただきました。
それがきっかけで韓国に住む事になりました。

Q.韓国に住むのは不安ではなかったですか?

ずっと海外に住みたいと思っていたこともあって、大丈夫でしたよ。
住む前に旅行で何度か韓国を訪れましたが、私は韓国がとても好きでした。人々が自由な感じで活気があり、毎日が新鮮で「生きている」という感じがして楽しかったです。辛いものも大好きで、はじめて食べたキムチが本当に美味しくて、食べ過ぎて体調を壊したこともあるくらいです(笑)。

Q.どのようなお仕事をしていますか?

明洞にあるヘッドスパ&デトックス・足マッサージ専門の「インナーエステ」というお店で働いています。韓国に来てすぐの時に、知り合いが以前梨大にあったエステを紹介してくれて私が韓国で天職となるきっかけを作ってくれました。当時は日本人オーナーで、ほぼ全員が日本人スタッフだったのですごく働きやすかったです。言葉の問題が全く無かったので、さほどストレスもなくありがたかったです。

 


働き始めてから、独学で皮膚管理士の国家資格を取得したんですよ。本を買って3週間仕事をしながら独学で勉強しました。実技は一回教えたもらったあとは枕で練習したりして。(笑)いつかお店を持ちたい!という強い意志をもって勉強しました。今は、体の歪みを直す事に関心を持っていて勉強中です。
Q.韓国で仕事をする中で、大変なことはありますか?

言葉です。娘にもよく言われます。「お母さん、私より長く韓国にいるのに」って。(笑)
今も本を読んだりして勉強しています。新しい言葉を覚えて家で使ってみたら、息子に「お母さんもそんな言葉使えるようになったんだ~」って驚かれたこともあります。(笑)

韓国人ばかりのお店にいたときは、韓国社会でやっていけるかな?と自信をなくすこともありましたが、普通の生活をしていたら出会えないような人たちに会えて、「うちで働かないか?」というお誘いを経て現在に至っています。マッサージやエステ関連の仕事をして13年になるのですが、縁がつながっているのがとってもありがたいですね。

Q.韓国の住み心地はどうですか?

よく日本のお客様からも聞かれます。いつも答えるのは、日本と治安はたいして変わらないし物価も酷く高くはないし、実際住んでみて国籍の違いで韓国人と時々差別される事もありますが、良くしてくれる方も多く、日本では体験できない事も何度かありました。とにかく毎日追われる感じですが、時々韓国人を見て観察しています。私がここに来て、いいたい事をはっきりい言えるようになった感じがします。はっきり言わないと自分が損をするという事もありますし。はっきり言える国なので、そういった面でも住みやすいのかと思います。

Q.休みの日などは、どのように過ごしていますか?

休みの日は、今勉強している歪みの勉強に行ったり、仕事が入れば仕事に行ったり、子供と何かを作ったり、家の事をしたりして一日があっという間に過ぎてしまって休みがあってない感じです。

Q.韓国でおすすめのスポットはどこですか?

韓国のスポットを聞かれると、三清洞の高台にある有機能栽培の韓国伝統茶を楽しめる「チャマシヌントゥル」というお店をお勧めすることがあります。そこはガラス張りになっているので山が全望できるので、美味しいお茶を飲みながら下界をボーっと眺めて心を落ち着かせるには最高の場所です。夏に行ったのですが、コの字型になった中庭の緑もきれいでした。桜の咲く春、紅葉の時などには子ども達を連れてまた行きたいです。

 


Q.江原道には行った事がありますか?

何年も前になるのですが、北朝鮮との国境にいったことがあります。電車に乗って行くとそれほど遠くないと思うのですが仕事をしているとなかなか・・・行ってみたくても行けませんでした。

 


Q.江原道で行ってみたいところはありますか?

一番は雪岳山。でも行くとしたら山も海も両方行きたいです。ソウルはすぐ海が見えるところじゃないので夏は海に行き海の幸を楽しみ、冬は韓国のスキー場で家族で楽しみたいです。子どもと一緒に江原道の豊かな自然に触れ、きれいで美しいものを教えてあげたいですね。

 


Q.ブログをご覧の方に一言メッセージをお願いします。

一度も韓国に来た事がない方は、是非一度韓国に来て頂きたいですね。韓国ドラマのように、一度来たらはまってしまう方も多いです。そのくらい楽しいところですよ。元気が出る食べ物も多く、活気があり、日本にはない楽しい時間を過ごせると思います。また、ソウルを少し離れると軽装でも登れる山がたくさんありますし、韓国ならではの韓国登山もお勧めです。歩き疲れたらインナーエステにいらしてくださいね。(笑)

 

江原道にはあまり行ったことがないとのことでしたが、「自然の多い風景を子供たちに見せてあげたい」という言葉が印象的キラキラ 自然を楽しむなら江原道が一番です!!これからたくさん遊びに行ける機会があるといいですね音譜唇

お仕事の話を伺っている途中、たまさんがブログ担当者のこりにこった肩と頭を少しマッサージしてくれたのですが、これがとっても気持ちよかった・・えーん 毎回の事ですが、インタビューにうかがったはずが、こちらのほうがすごーく心地よく癒されてしまいましたあせる
江原道公式ブログは、たまさんの益々のご活躍をお祈り致します音譜

 

Pocket

関連する記事はこちら

o0750056314764265714

外信記者りうめいさんの東海(トンヘ)の甘湫寺(カムチュサ)リポート前編

公式ジャンル記事ランキング: 韓国からお届け635位 外信記者りうめいさんが今回は訪れたのは東海(トンヘ)の海沿いのお寺、甘湫寺(カムチュサ)。 前編の今回は、お寺に行くまでの道のりになります え?道のりだけで、記事になっちゃうの? そうなんです!! お寺に到着するまでの道のりが…続きを読む

o1187084314178612928

春の旅行週間&ミニコンサート♪

明日4月28日から 「江原道 春の旅行週間」がスタートします それにともない、音楽との共演 春の旅行週間 ×ミニコンサート のイベントもスタート (写真=著作権者(c)travelweek.visitkorea.or.kr/) (写真=著作権者(c)travelweek.visi…続きを読む

o0750035314291996537

江原道平和統一フェスティバル

11月2日(金)~4日(日)の3日間 江原道平和統一フェスティバルが開催されます (COPYRIGHT(C) http://www.gangwonpeace.co.kr   ALL RIGHTS RESERVED) (COPYRIGHT(C) http://www.gangwon…続きを読む

o0700297014774123700

2020年度初の江原道公式ブログ名物プレゼント企画!

皆さま、お待たせしました!! 江原道公式ブログ名物、お題付きのプレゼント企画が今年もやってまいりました!! 今回は、参加してくださった方々の中からなんと!! 5名様にAmazonギフトカードを5000円分!! 10名様にAmazonギフトカードを3000円分!! をプレゼントいた…続きを読む

o4032302414504665874

外信記者りうめいさん、旌善(チョンソン)の農村からリポート第一弾

外信記者りうめいさん、今月は旌善(チョンソン)でお泊り旅行     山深い田舎で癒された…というより 色々変わった体験をされたようで??   どんな体験かって?   それは、りうめいさんのリポートでお楽しみください   &nbsp…続きを読む

o0960054014599245503

外信記者RINRINさん、今月は楊口(ヤング)へGO!第2弾

外信記者RINRINさんの楊口(ヤング)へお出かけ第2弾です 軍事境界線観光がお好き(?)なRINRINさん。 今回の楊口でも、日常とはかけ離れた、その雰囲気を満喫されました。 とにかく空気がきれいな楊口!! 楊口の澄んだ空気を、RINRINさんのリポートで感じてくださーい &n…続きを読む

o1080081114795045616

『アンニョン江原道家族』第3回

今週もやってきました!! 『アンニョン江原道家族』 1週間に1回、江原道家族が、江原道ブログにアップされた記事に関連したドタバタを繰り広げていきます!! ニュースな話題あり、観光ありのおもしろマンガを、日本語訳&読み付きでご提供していきますので、是非お楽しみくださいね 『…続きを読む

o0810108014392787984

外信記者MKさんの春川(チュンチョン)リポート第二弾!!

外信記者MKさんの春川(チュンチョン)レポート第2弾!!   まるでお散歩しているかのように、楽しく読むことができる MKさんの春川レポート!!   今回もお楽しみください       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   &n…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02