外信記者りうめいさん、原州リポート第二弾は秘境のグルメ!?

2019年03月28日

外信記者りうめいさんリポート第二弾!!

 

原州でご当地グルメ大賞に選ばれたお店を訪ねて

とても山奥まで行っちゃいました爆  笑

 

では、渾身の(?)リポートどうぞ!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

江原道の原州(ウォンジュ)では、毎年原州の代表料理大会というご当地グルメ開発に向けた大会があります。

2017年に大賞を受賞した自然派レストランが気になっていました、山奥にある一軒家レストラン「農夫家(ノンブガ)」です。원주관찰사밥상(原州クァンチャルサパプサン)という山の幸をたっぷりと使った定食を見て、このお店で食べてみたいなと思っていました。

 

しかしそのレストランは、車でないと行けない本当に山の奥にあります。体調をととのえてソウルから安全運転で向かいました。レストラン予約の時間に予定通り到着。

レストランの入り口には「郷土飲食・原州桑の葉ごはん」とありました。

この桑の葉ごはんはご当地グルメとして最近開発されたメニューで、原州市内でもぽつぽつと出すお店が増えています。このお店でも食べられるみたい!

 

 

 

 

 

本当にここで合っているのかしらと不安になるくらい静か、そして周りは山、山。人がいません。けれどもドアを開けるとオーナーがあたたかく出迎えてくれました。

 

 

 

 

とても落ち着く空間。ポジャギのカーテンがとても印象的です。

 

 

 

 

大賞を受賞した定食もよかったのですが、私と子どもの三人で食べるには量が多すぎることもあり、桑の葉ごはんをリクエストしたところ、江原道ナムルごはんとミックスさせた特別メニューを提供してくれることになりました。一人15000ウォンです(2019年3月現在)

 

まずは前菜

 

新鮮な野菜に、プラム酵素液・オリーブオイル・りんご酢で作ったオリジナルドレッシンクをかけたサラダ、桑の実(オディ)の寒天ゼリーに柚子ジャムと松の実をのせたもの、そして木蓮の花のお茶が出てきました。どれも大変ていねいな仕事ぶりが伝わってきます。感動しました。食事で心動かされるってなんて幸せなことでしょうか。

 

 

 

そして次々とおかずが運ばれてきました。

 

 

 

白キムチは中にパプリカと人参、大根が入っていて可愛らしい形に巻いてあります。となりにあるのは唐辛子のプガク(上新粉をつけてカラッとあげたもの)、その上がしいたけの軸とナスのナムル、そして生栗のキムチ。

 

 

 

 

桔梗の根を炒めて柚子ソースであえたもの、ごま油の香りが香ばしいブロッコリーの炒め物、そしてスケトウダラの皮のカンジョン(甘辛ソースで和えたもの)、コマク(赤貝)の唐辛子酢味噌がけはこどもたちに大人気。カンジョンは3回もおかわりしてしまいました。

 

 

 

 

 

7種類のナムルは山菜の名前をもう覚えていないのですが、心地よい苦味と滋味にあふれとても食べやすかったです。

 

 

 

 

このナムルをこの桑の葉と人参のごはんとよく混ぜていただきました。ごま油も大変香ばしく素晴らしいひとときでした、おおげさでなく。

 

 

 

 

 

わざわざソウルから、しかも外国人が、そして子ども連れということでいろいろサービスをしてくださいました。こちらは海苔のチヂミ。レンコンの歯ごたえと海苔のもっちりとした組み合わせが印象的でした。

 

 

 

 

どんぐりのムク(ゼリーのようなもの)を無農薬で育てた白菜と一緒にいただく箸休め。ナズナの唐辛子酢味噌和えがアクセントになっています。こんなにおいしいナズナの和え物を今まで食べたことがありません(大げさ)

 

 

 

そしてびっくりしたのがおこげです。こちらはカリカリの状態のものをそのまま取り出してくれたもの。お湯を入れていただくスンニュンのほうの香ばしさはこれまた初体験ものでした。

 

 

 

 

 

これも特別サービスで。外はカリッ、中はねっとりとした大学芋(韓国ではマッタンといいます)。かぼちゃの種のトッピングで香ばしさがさらにアップ。こちらも今まで食べていた大学芋って何?と思うような味でした。

 

 

 

 

 

もしいく機会があれば!おすすめです。わざわざ行ってよかった!と思える味でした。

 

農夫家(ノンブガ)농부가

강원도 원주시 부론면 사기막길 400

江原道原州市富論面サギマッキル 400

電話:033-765-3279

11:00〜22:00

予約要

Pocket

関連する記事はこちら

o1080079814851818234

『アンニョン江原道家族』 第19回 鉄原(チョロン)でバードウォッチングの巻

今週もやってきました!! 『アンニョン江原道家族』 1週間に1回、江原道家族が、江原道ブログにアップされた記事に関連したドタバタを繰り広げていきます!! ニュースな話題あり、観光ありのおもしろマンガを、日本語訳&読み付きでご提供していきますので、是非お楽しみくださいね 『…続きを読む

o0960074814823767167

原州(ウォンジュ)の『サイコだけど大丈夫』撮影地はどこ?

本日は原州(ウォンジュ)から、『サイコだけど大丈夫』の撮影地紹介です 二人きりで旅に出た主人公たちが立ち寄ったスリル満点の吊り橋。 こちらは原州にある有名な小金山(ソグムサン)吊り橋です (COPYRIGHT(C)  原州市 ALL RIGHTS RESERVED) 地上から10…続きを読む

o0430028614823178522

江原道高城(コソン)の『サイコだけど大丈夫』撮影地情報

人気の韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫」。 こちらのドラマに出てくる名場面は、江原道でたくさん撮影されているのをご存知ですか? メイン舞台となった 「OK病院」は高城(コソン)の「シークレットブルー」というカフェを背景に撮影されています。 (COPYRIGHT(C)  高城郡 AL…続きを読む

o0960064014212718988

江原道で覚える韓国語 パート3

안녕하세요!!! アンニョンハセヨ!!!     江原道で覚える韓国語     とことん江原道に関連する 江原道で使えちゃう 韓国語講座をお届けします!!   第三弾の本日は ただいま江陵(カンヌン)で開催中の 江陵端午祭を題材に…続きを読む

o0960071714808795109

『アンニョン江原道家族』第7回 江原道のトウモロコシは最高の巻

今週もやってきました!! 『アンニョン江原道家族』 1週間に1回、江原道家族が、江原道ブログにアップされた記事に関連したドタバタを繰り広げていきます!! ニュースな話題あり、観光ありのおもしろマンガを、日本語訳&読み付きでご提供していきますので、是非お楽しみくださいね 『…続きを読む

o0478034114059010459

不思議な岩がいっぱい?!東海の湫岩海水浴場

先日【インタビュー:江原道の東海でカフェを運営するまいさんに会いたい!】 でご紹介した、韓国江原道東海市(동해시/トンへシ)でカフェ「cafe ddda」を運営しているまいさん   今回は、まいさんに東海の魅力について、ちょっとだけご紹介いただきますよ 記事内に登場する…続きを読む

o0750056214772802948

人気ブロガー李はなさんの襄陽国際空港リポート!!

『ブロガーさんたちと旅する江原道東海岸ツアー』 今回の旅行には、江原道春川市(チュンチョン)在住の人気ブロガー李はなさんも参加してくれました!! 『江原道(カンウォンド)は韓国の北海道なり!!旅したらサイコーじゃん!!』 現在のワタシの地元それは韓国江原道(カンウォンド)は春川(…続きを読む

o0780052014377399117

旌善(チョンソン)アリランミュージカルがソウルで初披露!!

(COPYRIGHT(C)  旌善アリラン文化財団 ALL RIGHTS RESERVED)       2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに合わせて制作された 旌善(チョンソン)アリランミュージカル『アリアラリ』。   朝鮮時…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence