江原道寧越(ヨンウォル)の見どころ3スポット

2021年04月30日

江原道の空気と自然が美しい街、寧越(ヨンウォル)。
今回は寧越の、必ず訪れたいスポットを3ヶ所ご紹介します

まずは「チョルムンタル(若い月)ワイパーク」

2-1
(COPYRIGHT(C) 寧越郡 ALL RIGHTS RESERVED)

こちらは寧越の超有名な観光スポット。
思わず息を飲む作品が満載の、スケールが大きい現代美術館です。
壮大な作品を背景にたくさん写真を撮ってください
そしてお次は「韓半島(朝鮮半島)の地形」。

2-2
(COPYRIGHT(C) 寧越郡 ALL RIGHTS RESERVED)

自然が作り出した韓半島の地形。
大切な人と一緒に眺めて、この地形ができた年月に思いを寄せてみてください。
今の一瞬が、貴重な時間に感じますよ。

そして最後は「東江(ドンガン)」。

2-3
(COPYRIGHT(C) 寧越郡 ALL RIGHTS RESERVED)

寧越といえば、雄大な川、東江。
夏は青々とした山を背景に、その山より青い水をたたえ、冬は凍りつき幻想的な世界を見せてくれる東江。
やはり寧越に行ったら、東江を眺めないともったいないです。

寧越の見所3ヶ所は、必ず行きたい3ヶ所ですね

[出処 寧越郡]

Pocket

関連する記事はこちら

6-1-3

江陵(カンヌン)の美味しい酒粕まんじゅう

江陵(カンヌン)で韓国伝統のお菓子をいただきましょう。 それはキジョントッ(기정떡)。 酒粕のおまんじゅうです。 (COPYRIGHT(C) 江陵市 ALL RIGHTS RESERVED) フワフワしたキジョントッは、お土産で買って行かれる方が多く、在庫がない場合もあります。 …続きを読む

o0800044915066829684

江原道の人蔘は最高品質です

韓国の特産品と言えば、何より高麗人蔘 その人蔘の名産地が、江原道ということをご存知ですか? (COPYRIGHT(C)  洪川郡 ALL RIGHTS RESERVED) 人蔘の中でも6年育てられた『6年根人蔘』の栽培面積は、江原道が韓国でナンバーワン☝️ (COPYRIGHT(…続きを読む

4-1

江原道最北、鉄原(チョロン)の春

江原道で一番遅い春を迎える、非武装地帯の鉄原(チョロン)にも春がやってきました。 ユネスコ世界地質公園に指定された漢灘江(ハンタンガン)は、冬は凍りつき氷上ウォークが 楽しめますが、春の暖かさに水がいきいきと流れはじめました。 (COPYRIGHT(C) RISING GANGW…続きを読む

o0600039915068943424

水のふるさと江原道は、韓国の水産業をリードしていきます

江原道は韓国の水のふるさと 首都圏に供給される水は、江原道を源泉とする水です (COPYRIGHT(C)  春川市 ALL RIGHTS RESERVED) その江原道春川市(チュンチョン)の昭陽江(ソヤンガン)ダム水文化館にて、1月24日『総合水管理ビジョン宣布式』が行われまし…続きを読む

24

江原道麟蹄(インジェ)の干しタラは最高です

江原道のDMZ(非武装地帯)の山を活かした街、麟蹄(インジェ) 麟蹄はスケトウダラで有名な地域です   (COPYRIGHT(C) 麟蹄郡 ALL RIGHTS RESERVED)   麟蹄龍垈里(ヨンデリ)にあるスケトウダラ村は、住民の80%がスケトウダラ関…続きを読む

o1080079814851818234

『アンニョン江原道家族』 第20回 横城(フェンソン)の外国人妻を見習っての巻

今週もやってきました!! 『アンニョン江原道家族』 1週間に1回、江原道家族が、江原道ブログにアップされた記事に関連したドタバタを繰り広げていきます!! ニュースな話題あり、観光ありのおもしろマンガを、日本語訳&読み付きでご提供していきますので、是非お楽しみくださいね 『…続きを読む

o0800053415064045912

江原道束草(ソクチョ)の足湯は景色も最高

江原道で今一番注目の観光地、束草(ソクチョ) 今回は足元から温まる足湯を楽しめる『尺山(チョクサン)足浴公園』をご紹介します♨️ (COPYRIGHT(C)  江原道民日報 ALL RIGHTS RESERVED) 『尺山足浴公園』のお湯は、地下4000mから53℃の温泉が出る天…続きを読む

o0540036014080935814

オリンピック開催地、平昌で最高級の焼肉をリーズナブルに

アニョハセヨ~ 毎月2回、韓国江原道の観光スポットからグルメ、アクセスなどいろん~~んな情報を詳しく楽しく紹介してくれているトム・ハングルさん   今回は番外編とうことで、   トム・ハングルさんが何年か前に訪れた、オリンピック開催地平昌で味わったグルメを紹介…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence