ちんぐ母娘のサラン韓国

2011年11月27日

よろぶん あんにょん。

ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。

みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE-Vのメンバーであるソルさんのお母さんがいらっしゃるというソウルのお店に食べにいきました。お店のオススメのお肉を注文すると、たくさんのお野菜やスープが並び、ソルさんのお母さんがお肉をどんどんと焼いて下さいます。食べごろになると、お母さんおすすめの食べ方まで教えてくれました。香ばしく焼いたにんにくをお肉と一緒にサンチュで包んで、さあ初めてのサムギョプサルはどんなお味だったでしょう。豚肉をお味噌に漬け込んでいるので、うまみが凝縮されています。一口食べたところで2人で顔を見合わせ、同時に『おいしい!』と言っていました。今までに食べた事のない味でした。あまりの美味しさに感動した私たち母娘は、ソウル滞在中にもう一度来店しました。一度食べたら忘れられないお味になること間違いありません。ついつい食べ過ぎてしまう韓国の本場のサムギョプサルにあなたも感動することでしょう。翌月のソウル訪韓の旅にも金浦空港からお店に直行するほどのチンソンチッ(진성집)の大ファンになりました。お店には、CODE-Vのポスターとサインが飾られています。日本から来たファンの方もお母さんとの会話を楽しみながら、お食事を楽しんでいらっしゃるとのことです。CODE-Vのファンのあなたはもちろん、グルメなあなたにお勧めのお店の紹介でした。お店のホームページもあるのでぜひ一度チェックしてみてください。

 

<サランポイント♥♥♥♥♥>

ソウルメトロ3号線 新沙駅(신사)徒歩約5分

ソウルメトロ7号線 論峴駅(논현)徒歩約5分

ソウル市 瑞草区 蚕院洞 30-7  ソンイルビルディング1F

(서울시 서초구 잠원동 30-7 1F)02-547-7892

 

ホームページ

http://www.jinsungjib.co.kr/index.html

Pocket

関連する記事はこちら

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

noodle1

韓国グルメ探訪 IN 西村マウル

韓国グルメ探訪  IN  西村マウル   少女時代も食べた、選べて楽しいちょっと変わった!? ラーメン屋   ラーメンチョムッパン       景福宮2番出口を出てすぐの世宗マウル飲食文化通りをまっすぐ進むと、左に赤い小さな店が見えてくる。そこが今回紹介するラーメン屋「ラーメンチ…続きを読む

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02