見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

2017年05月17日

메인01_통인시장

 

 世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めている伝統文化と地元の生活習慣や哲学、そして空腹をなだめてくれるグルメで、伝統的な市場はいつも旅行者で賑わっているからだ。韓国の鍾路の広蔵伝統市場とシンジン市場、そして通仁市場もそれぞれの歴史と話の種、異色なグルメを打ち出して旅行を集めているスポットだ。広蔵市場はビンデトックと麻薬キムパプ、ユッケなどがあり、シンジン市場のタッカンマリ・焼き魚、通仁市場のお弁当カフェも旅行の楽しみを増している。歩きやすいこの季節、ソウルならではの感性と味を探す感覚派の旅行客ならば、ぜひ行くべきスポットだ。
文/李相直記者

 

広蔵(クァンジャン)市場は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている宗廟と宝物第1号の興仁之門(東大門)、DDP(東大門デザインプラザ)、清渓川から近い所にある。地下鉄1号線鍾路5街駅の9番か10番出口、または地下鉄2号線・5号線乙支路4街駅の4番出口を出て清渓川橋を渡ると広蔵市場に行ける。100余年の歴史を持つだけにビンデトックや麻薬キムパプ、ユッケ、チャンチククス、豚足、スンデ、ジョンの盛り合わせなどグルメも多様だ。

広蔵市場は清渓川に沿う方向に長い長方形で、清渓川側の南門(南1・2・3門)と東門と西門(西1・2門)と、正門となる北門(北1・2門)の8ヵ所からアクセスが可能だ。

このうち地下鉄1号線鍾路5街駅9・10番出口を出て広蔵市場の北2門を通過して歩いていくと、ビンデトック(緑豆を石臼ですりつぶし平たくして焼いた料理)のにおいが食欲をそそる。
ビンデトックの場合、広蔵市場のグルメゾーンを中心に、道路の真ん中に屋台を出してビンデトックを焼く店と、正式な店でビンデトックを売る店の2通りに分けられる。屋台で売るところとお店で売るビンデトックの価格は平均5千ウォンだが、ビンデトックの種類によっては店で売るほうが2ウォン程度高いものがある。

道で売っているビンデトックのほうが少し安いが、木の長いすに座って食べるので、待っている次のお客さんのために早く食べて席を空けてあげなければならない。

屋台で食べるビンデトックの風景に比べ活気は落ちるが、店のほうはやや小さいテーブルでマッコリを傾けながら食べる余裕がある。

ビンデトック通りから1ブロック移ったところにあるユッケ通りも名物だ。ユッケ通りは、牛肉を生で細かく切って、さまざまな味付けをして食べる「ユッケ」の店が集まっているところ。地下鉄1号線鍾路5街駅の10番出口を出るとすぐのところにある「ユッケ通り」は、見慣れない韓国の食文化を味わうために訪れる若い旅行者も多い。

ほとんどのユッケの店では、韓国産の肉牛(牛肉)を使用している。メインメニューのユッケの場合、1人前200グラムが1万2千ウォン程度で、ユッケの生臭さに対する負担を軽減するためにつくられた、ご飯と一緒に食べるユッケ丼(6千ウォン)も人気のメニューだ。他にも、生きたイイダコ(ナクチ)をまな板の上に置き、包丁で「タンタン」とぶつ切りにした後、塩とエゴマ油を混ぜたソースにつけて食べる「ナクチタンタン」も特別な味でおつまみにぴったりで、酒好きにはぜひお勧めしたいメニューだ。

グルメゾーンを中心に4方向に散らばっている「街角飲食店(建築物ではない移動式飲食店)」では、別名「麻薬キムパプ」をはじめ、スンデ、豚足、トッポッキ、うどん、野菜ビビンパなどが旅行者を集めている。このうち、韓国でキムパプをつくるときに使うのり巻き用の海苔を4等分した後、ほうれん草・にんじん・たくあんだけ入れて醤油と酢、マスタードを混ぜてつくったソースにつけて食べる「麻薬キムパプ」が足をとどめさせる。「麻薬キムパプ」というのは、材料はシンプルだが、サイズが小さいため(普通のキムパムの4分の1)食べる回数が多くなるだけでなく、普通のキムパムとは違って醤油をつけて食べると中毒性があるということで付けられた名前だ。広蔵市場を訪ねて小腹を満たすにはぴったりだ。

| http://kwangjangmarket.co.kr

 

市場1

東大門の隣のシンジン市場タッカンマリ&焼き魚

広蔵市場の東門側から道を渡るか、地下鉄1号線鍾路5街駅の5番出口を出て3ブロックほど過ぎると、右側に鍾路シンジン市場の入り口を示す看板が見える。シンジン市場に入ってコプチャン(ホルモン)の店が集まっている最初の十字路から左に入るとタッカンマリ・カルグクス通りが始まる。

韓国映画「ヒマラヤ」の出演者たちが訪れて有名になったタッカンマリ・カルグクスは、韓国旅行の日程の中で一度は立ち寄る場所となった。

タッカンマリ・カルグクスは、たっぷりのスープに鶏一匹が丸ごと出てくる。旅行者はそれをはさみで切って食べる。スープに小さな鶏を丸ごと入れて出てきたら、それぞれの好みに合せて、キムチやニンニク、調味料を入れて調理して食べる。調味料と酢、マスタードを混ぜてソースをつくりながらシェフの気分も味わうことができる。

まずは鶏を食べてから、鶏のスープでカルグクスを煮て食べるとメインコース(?)は終了だが、より満腹感を感じたいなら、鶏が煮える間にジャガイモやトッポッキの餅を注文しておいて一緒に煮て食べたらよい。

旅行客の食事の量に応じてタッカンマリの満足度は違うだろうが、大人3〜4人が食べる場合は、最初に2羽くらい注文するのがちょうどよいだろう。

タッカンマリ・カルグクス通りを過ぎると練炭で魚を焼く焼き魚の店が現れる。新鮮なサバやサワラ、サンマなど、お好みの魚を選んで一食を味わえる焼き魚の店で、練炭で焼く魚の匂いは、韓国ならではの路地裏の味を感じられるだろう。東大門ショッピングモールなどから近い距離にあり、物売りに来た商人も、遊びに来た旅行者も、皆が一緒によく焼いた魚と温かいご飯を食べて、楽しい時間を過ごすことができるところだ。

 

市場2

西村韓屋村で旅行感性、通仁市場の「葉銭弁当」

広蔵市場が位置する地下鉄1号線鍾路5街駅から地下鉄駅で3駅行ったところにある通仁(トンイン)市場も一品だ。通仁市場は景福宮内にある国立故宮博物館や地下鉄3号線景福宮駅の2番出口から約500m、青瓦台サランチェから150mの距離に、東西に長く形成された路地型在来市場である。

広蔵市場に比べて規模も小さく有名ではないが、西村韓屋村(景福宮の西側にあって付けられた名前)などを巡ってお弁当カフェで食事を解決するために通仁市場を訪ねる旅行客が増えている。

昔の市場の雰囲気を感じられるように、1両当たり500ウォンで利用できる市場専用の貨幣「葉銭(ヨプチョン:昔のお金)」を作って楽しみを加えている。葉銭販売店で購入した葉銭でジョンやチャプチェ、卵焼きなどしっかりとしたおかずから、通仁市場の名物である「油トッポッキ」のようなおやつまでお好みで選択して、顧客センター2階の弁当カフェで食べられる。ご飯とスープが必要なときは、それぞれ1000ウォンでお弁当カフェで購入することができ、コーヒーや飲料などが500ウォン割引となり、大人の場合5千ウォン程度なら一食が解決できるため人気だ。

| https://tonginmarket.modoo.at

 

市場3

Pocket

関連する記事はこちら

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

momo01

Yuckyのうまうま大邱! ⑨ 行列のできるカフェモモサンジョム

  近頃は、レストランやカフェを探すのにインスタが大流行りですね。今回ご紹介するモモサンジョム(モモ商店)は、まさにインスタから人気に火がついたお店です。「インスタ映えする」って言葉がありますが、モモサンジョムのパッピンスはまさにそれ! 初めてインスタで写真を見た時、心…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

buldak-150x150

お手頃価格で「以熱治熱」、夏のコンビニグルメ紀行

お手頃価格で「以熱治熱」 夏のコンビニグルメ紀行  日本もそうだが、韓国もコンビニ天国だ。地下鉄の駅や街中ではもちろん、地方都市の小さな道でもコンビニはすぐに見つけられ、安い値段で楽しめる韓国のコンビニならではのフードメニューは、韓国を訪れる旅行者の定番メニューとなって久しい。日…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02