Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

2015年02月25日

ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようですね。

麺は細めで柔らかく、イワシからとったいりこ出汁が一番の特徴。味付けは、あっさり塩味(ちょっと醤油?)、どちらかというと薄味で、たっぷりのすりゴマがかかっています。具はお店によってさまざまで、エホバ(朝鮮かぼちゃ)やカボチャ、ニラ、意外なところできゅうりが入っていたこともありました。また、うどん(カルグクス)とすいとん(スジェビ)が半々に入った「カルジェビ」も人気があります。

西門市場には「ヌルンククス通り」があり、ククスの屋台がズラリと並んでいます。一杯2500ウォン(約250円)というお手頃さもあって、お昼時にはどのお店もお客さんでごった返しています。アジュンマ(お店のおばさん)がでっかい包丁で麺を切り、大きな鍋に放り込んでいく様は見ているだけで楽しくなります。喉越しのいいうどんをすすりながら、市場の活気と働き者のアジュンマの元気もいただいた気になるのです。

西門市場で特筆すべきは、ウネン食堂というお店。大邱在住の知人(日本人)が「ククスなら絶対ここよ!」と太鼓判を押すのでさっそく探しに行きました。でも、なかなか見つけられず…。それもそのはず、お店といっても別のお店の軒先に椅子が無造作に置いてあるだけ。壁に「ウネン食堂」と書いた貼り紙があるので、やっとそこだと分かりました。お店というより露店かなぁ? 地元ではかなり人気があるらしく「農協の横のうどん屋」といえば分かるのだそうです。

お客さんがひっきりなしにやって来て、席に着くと自動的にククスが出てきます。「さすがに観光客は浮いちゃうな~」と引け目を感じつつ、ククスをズズズ…。一口で分かりました。人気の秘密は出汁にあり! いりこ出汁なのに魚臭さはなく、なんとも優しいお味です。地元の人たちと肩を寄せ合い大邱訛りを聞きながら、雰囲気もろとも味わっていただきたいお店です。

さて、この記事を書くにあたりいろいろ調べているうちに、大邱ではうどんの生地にきな粉を混ぜる、ということが分かりました。やはりこれも食糧難時代、栄養補給のための工夫でしょうか?
大邱の料理の先生に伺ったところ「昔、家でうどんを打つ時は、きな粉を入れたものですが、最近は(特に屋台などでは)費用がかさむので入れなくなってしまいました。でも、専門店に行けば、今でも入れているかもしれませんよ」とのこと。これは食べなくっちゃでしょう!? 今度大邱に行く時には、きな粉入りのククスを探してみたいと思います。

最後に、あまり知られてはいませんが、大邱は韓国の中で小麦粉の消費量が一番多いといわれています。そういえば、ヌルンククスもぺちゃんこ餃子も、主原料は小麦粉。この2つのグルメがいかに大邱市民に愛されているか!?の証明ではないでしょうか?

大邱10味紀行、今回もまた市場のグルメをピックアップしてみました。大邱は何度行っても、美味しいものに出逢ってしまうグルメな街です。本当は10味じゃ足りないんだよなあ。(笑)

Pocket

関連する記事はこちら

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

f744ae6824b8886ad8234ecd741d8628-150x150

待つのが苦手な韓国人たちも通ってしまう「行列のできる韓国料理店」

    韓国には「パルリパルリ(早く早く)文化」がある。急ぎ症の韓国人たちは食堂でわざわざ列に並んで食事することを嫌うが、行列に並んででもどうしても食べたい韓国料理店があると巷で話題になっている人気店2軒を取材した。 文/大成直子記者 健康料理として女性にブー…続きを読む

홍기와집-2

学生街は食の宝庫 2 | お洒落ながらもおいしい 弘大前グルメツアー

学生街は食の宝庫 2 お洒落ながらもおいしい  弘大前グルメツアー   美術や音楽、ファッションなど、多岐に渡り個性豊かなアーティスト達が集う街、ここ弘大は、クラブやライブハウス、バー、おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶ若者に人気のスポットだ。芸術大学である弘益(ホ…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02