Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

2015年02月25日

ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようですね。

麺は細めで柔らかく、イワシからとったいりこ出汁が一番の特徴。味付けは、あっさり塩味(ちょっと醤油?)、どちらかというと薄味で、たっぷりのすりゴマがかかっています。具はお店によってさまざまで、エホバ(朝鮮かぼちゃ)やカボチャ、ニラ、意外なところできゅうりが入っていたこともありました。また、うどん(カルグクス)とすいとん(スジェビ)が半々に入った「カルジェビ」も人気があります。

西門市場には「ヌルンククス通り」があり、ククスの屋台がズラリと並んでいます。一杯2500ウォン(約250円)というお手頃さもあって、お昼時にはどのお店もお客さんでごった返しています。アジュンマ(お店のおばさん)がでっかい包丁で麺を切り、大きな鍋に放り込んでいく様は見ているだけで楽しくなります。喉越しのいいうどんをすすりながら、市場の活気と働き者のアジュンマの元気もいただいた気になるのです。

西門市場で特筆すべきは、ウネン食堂というお店。大邱在住の知人(日本人)が「ククスなら絶対ここよ!」と太鼓判を押すのでさっそく探しに行きました。でも、なかなか見つけられず…。それもそのはず、お店といっても別のお店の軒先に椅子が無造作に置いてあるだけ。壁に「ウネン食堂」と書いた貼り紙があるので、やっとそこだと分かりました。お店というより露店かなぁ? 地元ではかなり人気があるらしく「農協の横のうどん屋」といえば分かるのだそうです。

お客さんがひっきりなしにやって来て、席に着くと自動的にククスが出てきます。「さすがに観光客は浮いちゃうな~」と引け目を感じつつ、ククスをズズズ…。一口で分かりました。人気の秘密は出汁にあり! いりこ出汁なのに魚臭さはなく、なんとも優しいお味です。地元の人たちと肩を寄せ合い大邱訛りを聞きながら、雰囲気もろとも味わっていただきたいお店です。

さて、この記事を書くにあたりいろいろ調べているうちに、大邱ではうどんの生地にきな粉を混ぜる、ということが分かりました。やはりこれも食糧難時代、栄養補給のための工夫でしょうか?
大邱の料理の先生に伺ったところ「昔、家でうどんを打つ時は、きな粉を入れたものですが、最近は(特に屋台などでは)費用がかさむので入れなくなってしまいました。でも、専門店に行けば、今でも入れているかもしれませんよ」とのこと。これは食べなくっちゃでしょう!? 今度大邱に行く時には、きな粉入りのククスを探してみたいと思います。

最後に、あまり知られてはいませんが、大邱は韓国の中で小麦粉の消費量が一番多いといわれています。そういえば、ヌルンククスもぺちゃんこ餃子も、主原料は小麦粉。この2つのグルメがいかに大邱市民に愛されているか!?の証明ではないでしょうか?

大邱10味紀行、今回もまた市場のグルメをピックアップしてみました。大邱は何度行っても、美味しいものに出逢ってしまうグルメな街です。本当は10味じゃ足りないんだよなあ。(笑)

Pocket

関連する記事はこちら

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02