Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

2014年09月08日

韓定食

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。
「大邱の魅力って何ですか?」と聞かれたら、すかさず「ご飯」と答えます。もちろん自然豊かな八公山や近代の歴史が残る街並みも大好きですが、大邱を語る時「豊かな食文化」を忘れてはいけません。あまり知られてはいませんが、大邱はグルメな街なのです。
大邱には1658年から続く韓方の市場、薬令市があります。薬令市通りに行くとプ~ンと八角のような、ターメリックのような、独特の臭いが漂ってきます。韓方薬の店が並び、店頭には珍しい植物の枝や葉っぱなどが山積みになっています。韓方の料理の専門店もありますし、韓定食にはよく韓方の薬材が使ってあります。でも、決して薬臭いわけではなく、ホンノリと香ってとても美味しくいただけます。
また、大邱にいる間は暴飲暴食しているにもかかわらず胃腸の調子がとても良く、「スタミナが持続するのは韓方の効果かな?」と勝手に推測しています。旅先では便秘がちな友人も、大邱では解消されたと言っていました。
さらに、韓方を使った食事は、美容にも大きな効果を発揮しているのではないかと思います。大邱は昔から「りんごと美人」で有名ですが、素肌の美しい女性を街中でよく見かけます。「大邱に住んでいたら、健康でお肌もツルッツルになりそうですね」と友人談。
それから、大邱は教育熱心なことでも有名ですが、料理に関しても、とても研究熱心な気がします。素材選び、味付け、盛り付け、彩り、そして器に至るまで、料理へのこだわりや細やかな心配りを感じる店がいくつもあります。
しかも、ソウルに比べると驚くほど安い! 初めて大邱で韓定食(写真)を食べた時、「これでおいくらだと思いますか?」と大邱の人に聞かれました。そして、そのお値段にビックリ! 品数は20~30あるでしょうか? 食べきれないくらい出てきてたったの1万5千ウォン(約1500円)なんですよ~!
品数も豊富、見た目も美しい韓定食に「うわ~っ!」っと歓声をあげた友人が、今まで何人いたことか…(心の中でピースサイン)。
一方、大邱は自動車部品や繊維など、いろんな産業が盛んなところで、働く庶民の中から生まれたお料理も数々あります。大邱10味(テグシンミ)と呼ばれる大邱の代表的なお料理ベスト10には、大衆的なB級グルメがラインナップされています。
次回からは、私の胃袋をギュッとわしづかみにした大邱のグルメを少しずつご紹介したいと思います。どうぞよろしくお付き合いくださいませ~!

 

yukiful.exblog.jp

Pocket

関連する記事はこちら

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

_B95DE~1

大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

大成記者のグルメ穴場店 ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」       三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつ…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

sunde

Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

  大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。 それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたス…続きを読む

ふぐプルコギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑩ ふぐプルコギ

 大邱10味、いよいよ最後の一品になりました。トリを飾るのは、ふぐプルコギです。 海に面していない大邱で、どうしてふぐが大邱10味に選ばれたのか? 不思議な気もしますが、以前ご紹介したムチムフェ(辛い刺身の和え物)と同様、海がないからこそ、食べ方に工夫を凝らしたお料理といえるかも…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

고기1

仁川に行ったら必ず寄るべき, グルメスポット

仁川に行ったら必ず寄るべき 仁川のグルメスポット 仁川市は鶏肉の辛味揚げ、辛だれ太麺、冷麺などで全国的に有名な都市だ。 その中から仁川市民おすすめのグルメスポットを紹介しよう。 チョンシルホンシル 「チョンシルホンシル」は仁川市における蕎麦の歴史と言っても過言ではない「レジェンド…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02