Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

2015年04月06日

ムンティギ 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。

ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道の訛りで「ムンティギ」になったそうで、その名の通り、刺身というより「ブツ切りのお肉」といった方がピッタリかもしれません。

大邱でムンティギが登場したのは1950年代のことで、大邱駅の南にある香村洞(ヒャンチョンドン)で食べられるようになりました。そして徐々に人気をよび、今では大邱のあちこちに専門店ができています。私は東城路にあるソンハックイ(송학구이)という大型店に行きましたが、知る人ぞ知るディープな専門店もあるようです。(まだ行けてないので興味津々!)  お肉を生で食べるのですから、お肉の質や鮮度の良さが重要なのはいうまでもありません。まず、使用されるお肉は「純粋な韓牛」に限られます。部位としては、後ろ足の太ももの内側部分、チョッチゲ(처지개)と呼ばれるスジ肉の一種で、一頭の牛から4キロほどしかとれません。供給量が限られるため、お店によっては、仕入れのない週末には売り切れだったり、予約しないと食べられなかったりするので、小さなお店では予約は必須のようですね。

ちなみにユッケも同じ部位になりますが、細かく刻んだユッケと違い、ムンティギは親指大、いやマッチ箱大にカットされ、血のしたたるような真っ赤な色をしています。そんな生肉をワシワシ食べるなんて、大邱の人ってなんて豪快なんでしょう!

初めて食べに行った時、牡丹の花のように真っ赤な肉片がドーンと盛られてきて「これを全部生で?」と一瞬たじろぐほどでしたが、口に入れると意外にアッサリ! 脂や筋がないのでとても柔らかく、お肉というよりマグロのお刺身のような食感でした。お肉の臭みもほとんどなく、肉本来の旨味がジワ~~っと口の中にひろがります。

お値段は大皿のムンティギにいろいろなパンチャンがついて3万ウォン前後。女性なら4~5人でも充分足りると思います。パンチャンにはレバーやセンマイ、珍しいところで脊髄(등골)なども出てきます。また、お肉と共にキャベツを出すお店があるのですが、これは生肉の特性上、消化に負担がかかるので、消化を促進させる役割を果たすのだそうです。

先日、ムンティギの美味しいお店を探すべくネット検索しているうちに、同じような写真を何枚も見かけました。それはムンティギの載ったお皿を縦にしたり、逆さにしたり。驚いたことに、ひきたてのお肉は、縦でも逆さでもお皿にビッタリはりついたまま、落ちないのです。その写真は、「こんなにもお肉が新鮮!」ってことをアピールするものであり、韓国のブロガーさんの間では、ムンティギのお決まりのショットというわけです。私も逆さまのお皿を撮ってみたいなぁ。でも、もし落ちたら食べられなくなるからなぁ。(笑)

残念ながら日本では規制が厳しくなり、生のお肉がなかなか食べられなくなってしまいました。でも、大邱なら「新鮮」な「肉厚」の韓牛を「生」で味わうことができるのです。肉好きにはたまらない一品かもしれません。大邱に行ったらぜひムンティギにチャレンジしてみてください。(ただし、「お店選びは慎重に!」と付け加えておきますネ)

 

Yuckyは…

韓国旅行を愛する福岡在住の主婦。現在、大邱市を中心に韓国旅行の魅力をブログ(yukiful.exblog.jp)を通して紹介しており、2013年5月から大邱市の名誉広報委員として活動中。

Pocket

関連する記事はこちら

0430

梨大で人気の健康ベーグル専門店 「MOTHER IN LAW BAGELS」

梨大で人気の健康ベーグル専門店 「MOTHER IN LAW BAGELS」 マザーインローベーグルズ   「MOTHER IN LAW BAGELS」は、韓国女子大で有名な梨大(イデ)にある行列のできるベーグル専門店。ニューヨークで経営していた店舗の2号店で、独自開発…続きを読む

블루보틀커피-성수-내부_2

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン 日本に続き2番目の海外市場進出   ブルーボトルコーヒー・コリア(以下、ブルーボトル)が5月3日、城東区聖水洞に韓国1号店となる聖水店をオープンした。この日、ブルーボトル韓国1号店の前はブルーボトルコーヒーを先に味わおう…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業は…続きを読む

312e59fd110f7190ed8f341991e93397-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子  今回ご紹介するのは「ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ/납작만두)」、大邱の有名な名物の一つです。餃子の皮に、春雨とニラ、ネギ等の野菜を挟んで二つ折り(半月型)にしたもので、その名の通り平べったい餃子です。  一度蒸してから焼いてある…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence