大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

2012年03月15日

大成記者のグルメ穴場店

ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

 

_B95DE~1

 

 

三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつだが、ランチにも大丈夫なボリュームだ。
いつも美味しいお店を教えてくれる友人が「おいしいよ。」と言っていた店だが、正直あんまりトッポキが好きではなかったため、三清洞の本店には行ったことがない。しかし、去年の秋に明洞店がオープンしたので、軽めのランチということで初訪門。場所は、明洞のソウルで人気の日本のカレーチェーン店「coco一番(ココイチ)」の2Fだ。
店内は広く、お昼時は満席だ。有名店であるが、明洞という土地柄予想に反して日本人率が低く韓国人の客がほとんどだ。
日本人率は低いが、店内には日本語の写真入りメニューがあり、テーブルに置いてある伝票にも日本語あるので、韓国語がわからない旅行者にも分かりやすい。
伝票に食べたい物、量をチェックして、店のアジュマに渡せばオーダー完了だ。人気があるという「チーズトッポキ」と「海鮮トッポキ」に「ラーメン」と「玉子」をトッピングした。おひとり様も可能であるが、オーダーは2人前からとなり、トッピングも追加注文ができないので、最初のオーダーの時に食べたいトッピングはすべて注文する方がよい。周りのお客さんを見渡すと、揚げ餃子やオデンをトッピングしている韓国人客が多かった。
お水とお皿は、セルフサービス。たくあんも大量に置いてある。甘辛いトッポキは味が濃いので、たくあんが口直しになって意外といいので、たくあんも取ることを忘れない方がいいだろう。
トッポキは、持ち手がない鍋に盛られた状態でアジュマが持ってきてくれる。海鮮は予想に反してムール貝など値段にすると豪華な感じがする。鍋には、どのトッポキにも共通に入っている玉ねぎと主役のトッ(餅)が入っている。テーブルのコンロの上にのせて、トッポキが沸騰すれば食べごろだ。

_B8_AC~1

見た目は真っ赤だが、味は見た目ほど辛くなく、甘みがある。一言でいうとジャンキーな味だ。そもそもトッ(餅)が好きではないので、この時点では並ぶほどの美味しさだとは個人的には思わなかったが、トッピングしたラーメンはかなり好みだ。
最後は、シメのポックンパッ(焼飯)。トッポキを食べ終わったら、店のアジュマにポックンパッと伝えると、鍋ごと持って行き、しばらくすると先ほどの鍋にポックンパッが出来上がった状態でコンロの上に置かれる。これがコーンと韓国海苔のハーモニーが極めて美味しい。正直なところ、トッポキいらないから、このポックンパッだけを食べたいと思ったほどだ。このポックンパッを食べに、是非また来訪したいと思う。
ただし、これ個人的な意見であり、一緒に食べていたトッポキ好きな友人は、やっぱりここのトッポキのトッ(餅)は柔らかく美味しいと絶賛していた。
ポックンパッ食べるときに鍋が動くので、その時には各テーブルのガラ入れについているダブルクリップを鍋に挟んで食べるというのが流儀のようだ。両隣のソウル女子たちがやっていたので、私たちも真似してやってみたら、これが完璧。おそるべしダブルクリップの使い道だ。
会計は、12,000ウォン(840円)。ひとり6,000ウォン(420円)。手軽に軽めのランチにはぴったりの量、値段だ。旅行者も気軽に立ち寄れる明洞で、韓国B級グルメの王者「トッポキ」を是非味わってみてはどうでしょうか。
■  明洞イビスエンバサダーホテル後ろの路地2階にある
TEL : 02-745-0405

Pocket

関連する記事はこちら

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02