大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

2012年03月15日

大成記者のグルメ穴場店

ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

 

_B95DE~1

 

 

三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつだが、ランチにも大丈夫なボリュームだ。
いつも美味しいお店を教えてくれる友人が「おいしいよ。」と言っていた店だが、正直あんまりトッポキが好きではなかったため、三清洞の本店には行ったことがない。しかし、去年の秋に明洞店がオープンしたので、軽めのランチということで初訪門。場所は、明洞のソウルで人気の日本のカレーチェーン店「coco一番(ココイチ)」の2Fだ。
店内は広く、お昼時は満席だ。有名店であるが、明洞という土地柄予想に反して日本人率が低く韓国人の客がほとんどだ。
日本人率は低いが、店内には日本語の写真入りメニューがあり、テーブルに置いてある伝票にも日本語あるので、韓国語がわからない旅行者にも分かりやすい。
伝票に食べたい物、量をチェックして、店のアジュマに渡せばオーダー完了だ。人気があるという「チーズトッポキ」と「海鮮トッポキ」に「ラーメン」と「玉子」をトッピングした。おひとり様も可能であるが、オーダーは2人前からとなり、トッピングも追加注文ができないので、最初のオーダーの時に食べたいトッピングはすべて注文する方がよい。周りのお客さんを見渡すと、揚げ餃子やオデンをトッピングしている韓国人客が多かった。
お水とお皿は、セルフサービス。たくあんも大量に置いてある。甘辛いトッポキは味が濃いので、たくあんが口直しになって意外といいので、たくあんも取ることを忘れない方がいいだろう。
トッポキは、持ち手がない鍋に盛られた状態でアジュマが持ってきてくれる。海鮮は予想に反してムール貝など値段にすると豪華な感じがする。鍋には、どのトッポキにも共通に入っている玉ねぎと主役のトッ(餅)が入っている。テーブルのコンロの上にのせて、トッポキが沸騰すれば食べごろだ。

_B8_AC~1

見た目は真っ赤だが、味は見た目ほど辛くなく、甘みがある。一言でいうとジャンキーな味だ。そもそもトッ(餅)が好きではないので、この時点では並ぶほどの美味しさだとは個人的には思わなかったが、トッピングしたラーメンはかなり好みだ。
最後は、シメのポックンパッ(焼飯)。トッポキを食べ終わったら、店のアジュマにポックンパッと伝えると、鍋ごと持って行き、しばらくすると先ほどの鍋にポックンパッが出来上がった状態でコンロの上に置かれる。これがコーンと韓国海苔のハーモニーが極めて美味しい。正直なところ、トッポキいらないから、このポックンパッだけを食べたいと思ったほどだ。このポックンパッを食べに、是非また来訪したいと思う。
ただし、これ個人的な意見であり、一緒に食べていたトッポキ好きな友人は、やっぱりここのトッポキのトッ(餅)は柔らかく美味しいと絶賛していた。
ポックンパッ食べるときに鍋が動くので、その時には各テーブルのガラ入れについているダブルクリップを鍋に挟んで食べるというのが流儀のようだ。両隣のソウル女子たちがやっていたので、私たちも真似してやってみたら、これが完璧。おそるべしダブルクリップの使い道だ。
会計は、12,000ウォン(840円)。ひとり6,000ウォン(420円)。手軽に軽めのランチにはぴったりの量、値段だ。旅行者も気軽に立ち寄れる明洞で、韓国B級グルメの王者「トッポキ」を是非味わってみてはどうでしょうか。
■  明洞イビスエンバサダーホテル後ろの路地2階にある
TEL : 02-745-0405

Pocket

関連する記事はこちら

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱…続きを読む

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業は…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

ふぐプルコギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑩ ふぐプルコギ

 大邱10味、いよいよ最後の一品になりました。トリを飾るのは、ふぐプルコギです。 海に面していない大邱で、どうしてふぐが大邱10味に選ばれたのか? 不思議な気もしますが、以前ご紹介したムチムフェ(辛い刺身の和え物)と同様、海がないからこそ、食べ方に工夫を凝らしたお料理といえるかも…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02