待つのが苦手な韓国人たちも通ってしまう「行列のできる韓国料理店」

2012年10月12日

 

 

gyoretsu

韓国には「パルリパルリ(早く早く)文化」がある。急ぎ症の韓国人たちは食堂でわざわざ列に並んで食事することを嫌うが、行列に並んででもどうしても食べたい韓国料理店があると巷で話題になっている人気店2軒を取材した。 文/大成直子記者

健康料理として女性にブーム再熱
ホンズ・チュクミ
쭈꾸미_점포
 弘大(ホンデ)エリアの裏通りに、現地の会社員たちが行列を作って昼食時に通うと評判のチュクミ(イイダコ料理)店がある。チュクミ料理は真っ赤な色をしているためか、見るからに辛そうな料理として日本人は一見避けがちだろう。しかしチュクミは、焼いたり、茹でたり、炒めたり、そして焼酎などのお酒とも相性のよいなど、様々な楽しみ方ができる料理なのである。さらに最近では韓国女性たちの間で健康にもよい料理としてチュクミが注目されている。
 チュクミとは、原産地が韓国の南西海岸で取れるタコの種類を指す。日本の小ぶりのイイダコにあたるものだ。チュクミ料理は韓国人から長らく愛され、チュクミは成人病防止などに効くタウリンが普通のタコやイカよりも多く含まれていることが分かっている。現地の健康テレビ番組などでも、大々的にチュクミ特集を報じられるなど、最近チュクミが健康によい料理として紹介されて人気が再熱している。チュクミ店に通う女性同士の客が増えたとのことだ。
 またチュクミ料理は、チュクミプルコギやチュクミコチュジャン、チュクミサンギョプサル、チュクミエビなど、豊富なバリエーションがあるので何度食べても飽きない。また、この店のチュクミのタレは濃厚で、ゴマ油と砂糖とニンニクなどを混ぜた秘伝のソースをこだわっているという。甘辛いタレがよく染み込んだチュクミは、いわゆるご飯が進む味なので、食欲のない人が力を出したい時にピッタリのメニューである。おまけにビールやマッコリ、焼酎などすべてのお酒とも相性がいい。
 ホンズ・チュクミ店の人気メニューを紹介すると、人気No.1はやはり基本メニューのチュクミである。王道のシンプルさで、チュクミにタレにしっかり染ませる具合が肝心だという。具材がじっくり煮えまで心待ちにしよう。5分くらいすれば色が変化し、甘辛い香りが漂ってくる。そして約10分が経過すれば、グツグツとタレが煮え立ち、チュクミの吸盤の部分が大きく開いてくる。そしてチュクミのタレが次第に蒸発してなくなってきたら、煮詰まる前にすばやく召し上がってほしい。
 人気No.2はチュクミサムギョプサルである。これは基本のチュクミにプラスし、鍋全体にサムギョプサルを広げて、サムギョプサルとチュクミを包みながら食べるスタイルだ。注意したいのは、チュクミサムギョプのサムギョプは薄いので、通常の焼きサムギョプのようにカリカリになるまで焼かないのがポイントである。適度に火の通ったやわらかい状態で食べのが美味しいだろう。タレの染み込んだ弾力のあるチュクミと野菜を一緒に包み、脂分と菜モノをバランスよく食べるのがコツだ。
 その他チュクミエビのメニューなども人気だ。基本のチュクミにエビを加え、バリエーションをつけてある。特に女性に特に人気だという。ここの店のエビのサイズは大きめでお得感もある。
 これから秋冬にかけて寒くなる韓国旅行シーズンでは、辛くて健康になれるチュクミ料理でぜひ体を温めてほしい。
홍’s쭈꾸미(ホンズ・チュクミ)
쭈꾸미02_음식
   住所:ソウル市 麻浦区(マポグ)合井洞(ハッチョンドン)412-31
   電話:02-323-2789
   営業時間:平日11:30~23:30 / 土日11:30~22:30
                  (15:00~17:00は休憩時間)
   チュクミ価格:10,000ウォン~
   地下鉄2・6号線ハッチョン(合井)駅5番出口を出て、すぐ前の通りを右へ。直進して並木道の通りの右側を歩けば右手にある。
おばあさんの手作りカルグクスの魅力
ハルモニ・カルグクス
 
칼국수03_점내
 日本でも韓国でも「素朴な家庭の味」これに勝る料理はない。鍾路(チョンノ)にある「ハルモニ(おばあさん)・カルグクス」は、韓国風うどん(カルグクス)の有名店として長年老舗の看板を守り続けてきた。韓国のカルグクスとは、小麦粉をこねて「カル(包丁)」で切った「グクス(麺)」を用いる料理のこと。このお店では、二代目ハルモニが先代からの伝統の味を引き継ぎ、昔ながら人の手で麺を作ることで有名だ。手作り麺は機械麺では絶対に出せないコシを麺に残すという。鐘路はカルグクスの激戦区としても有名だが、このエリアでも一際人気を呼んでいるのがこの店だ。ここのハルモニの味を一度食べると懐かしさの余り、故郷に帰りたくなるという。
 鐘路エリアは、若者よりも元気なおじいさん、おばあさんが多く集まる地域だ。路地裏に一歩入れば食堂通りが並んでいる。知る人ぞ知る、地元の人が通う家庭的スタイルのお店が集結するエリアだ。この「ハルモニ・カルグクス」の周辺にも同じようなカルグクス専門店はたくさんあり、この細路地一帯を別称「カルグクス・キル(道)」と呼んでいる。
おばあさんの手作り麺の美味しさの秘密
 ここの麺がなぜこれだけ美味しいのか。なぜこんなに心温まるあっさりスープの味が出るのか。それは長年お店を守るために苦楽を共にしてきた熟練スタッフが心を込めて毎日麺を打っているからだ。韓国の母たちの仕込み作業のおかげで家庭の味カルグクスが見事に実現している。力いっぱいコネて、コシのある麺にするための苦労は、一切惜しまない。スタッフらは毎日、腰の痛いのも忘れて、注文が入れば、麺をこねては打ち、叩いては伸ばし、ぶっきらぼうだけど適度な太さの麺にカットする。この単純作業を何十年も続けて来たおばさんたちの麺を扱う手つきは、一目見ても年季が入っている。見る者の目を奪うカルグクス手作りの技がこの店にはある。一人前の麺作りができるまで2年ほど修行が必要だということだ。
 「手作りの不細工な麺」これは実に味がある。麺の美味しさは決して外見ではないということをこの「ハルモニ・カルグクス」は語ってくれている。他店の麺は、麺づくりの段階で、余計な手間を省こうとするため、どこもかしこも最近は麺を機械で切っている。機械か手製かは麺の太さを良く見れば分かる。均等か不揃いかで麺にかける愛情の違いが一目で分かるだろう店内の壁の張り紙にこんな文章がある。「私たちのお店はいつも伝統〝手製カルグクス〟にこだわってきました。これからも伝統の味を守るために努力いたします」とあり、 白菜や唐辛子はすべて国産を使用していること、さらには「キムチの使い回しはしません」など誓いの文句などが書かれている。鍾路の隠れた路地裏にあるカルグクス通りの名店「ハルモニ・カルグクス」はこれからも伝統の味を守り続ける。韓国の家庭の味を訊ね、懐かしくて暖かい鍾路おばあさんたちの手作りの味に触れてほしい。
할머니칼국수(ハルモニ・カルグクス)
칼국수02_음식
   住所:ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 敦義洞(トンイドン)49-1
   電話:02-744-9548
   営業時間:11:00~20:00
   カルグクス価格:4500ウォン
   地下鉄1・3・5号線チョンノサンガ(鍾路3街)駅6番出口を出て、右に入る細い路地裏通り(自動車修理屋の横筋)の細路地へ入る。直進すると右手側にある。
Pocket

関連する記事はこちら

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

マクチャン

マクチャン焼きならウヤジマクチャン

  私は一度気に入ると飽きるまで食べ続ける質(たち)でして、「お母さん、また食べるの?」と子どもから呆れられながら、アボカドや豚足を毎日食べ続けたことがあります。 そんな私が最近ヘビロテしているもの。それはマクチャン焼きです。マクチャンとは豚の腸の先端のことで、コプチャ…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

コダリチム

Yuckyのうまうま大邱! ④ ピョットルチッのコダリチム

「大邱に行くので、美味しいお店を教えてください!」という問い合わせをよくいただきます。そんな時、私が必ずおススメするお店とお料理があります。それは、ピョットルチッというお店のコダリチムです。コダリチムは大邱10味でも大邱の郷土料理でもなく、どこででも食べられるお料理ですが、ピョッ…続きを読む

チャプサルスジェビ

Yuckyのうまうま大邱! ⑤ チャプサルスジェビ

最近、大邱でハマっている食べ物がありまして…もう何度食べに行ったことでしょう。それはチャプサルスジェビというお料理で、一言でいうと白玉団子の入ったワカメスープです。ソウル在住の友人に話すと「知らない」というので調べたところ、大邱、及び慶尚北道の郷土料理ということが分かりました。 …続きを読む

buldak-150x150

お手頃価格で「以熱治熱」、夏のコンビニグルメ紀行

お手頃価格で「以熱治熱」 夏のコンビニグルメ紀行  日本もそうだが、韓国もコンビニ天国だ。地下鉄の駅や街中ではもちろん、地方都市の小さな道でもコンビニはすぐに見つけられ、安い値段で楽しめる韓国のコンビニならではのフードメニューは、韓国を訪れる旅行者の定番メニューとなって久しい。日…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02