Yuckyのうまうま大邱!⑲ 韓国最古の製麺会社・豊国麺のカルククス

2019年03月19日

IMG_4602-(2)

皆さんは大邱がククス(うどん)大国であることをご存知ですか?大邱市民の麺の消費量は全国平均の3倍以上、ククスは「大邱10味」の一つにもなっています。また、1980年代の初めまで、国内の麺の50%が大邱で生産されていたのですから「韓国の麺の歴史は大邱にあり」といっても過言ではありません。実は私も大の麺好きでして、大邱に行くたびに麺活を楽しんでいます。

そんなある日、とてもオシャレなククスチブ(麺屋)に出逢いました。どちらかというと古い食堂が好みなので、モダンな店構えに正直期待もなく入ったのですが、一口食べてビックリ! のど越しの良い麺にまろやかなスープ、思わず顔がほころびました。そして、店内のポスターをみて「なるほど!」と頷きました。そのお店、豊国麺(プングッミョン)は、韓国で一番古い製麺会社の直営店だったのです。

豊国麺の店内は、吹き抜けの天井にオープンキッチン、席をとりまく壁には細木を縦に張りめぐらし「麺」をイメージさせています。そのセンスの良さは、ちょっとした麺屋革命。メニューはククスの他に冷麺、マンドゥ、プルコギ、ユッケビビンバなどがあり、ククスとのセットメニューは、若者や家族連れにはもってこい。うどんだけでは物足りない人もこれなら満足できますね。また、添加物は一切使わず、キムチはお店で手作りするなど小さなこだわりもみせています。

注目すべきは、看板メニューの星印麺(ピョルピョグクス)。いわゆる普通のカルククスですが、なんとピカピカの真鍮の器で出てきます。たった5千ウォンのククスなのに、テンションが上がります。スープは、煮干し、ままかり、ハリ桑などを5時間かけてとったもので実に深い味わい。麺は、真空状態で麺をこねる独自の製麺機械を開発し、滑らかでコシのある麺に仕上がっています。

ところで、気になるのは星印麺という聞き慣れない名前です。これには豊国麺の古い歴史が関係しています。豊国麺の創業は1933年、その5年後にサムソン電子の前身「サムソン商会」が誕生し、この2社が大邱の製麺業界の柱となって業界をリードしました。あのサムソンが麺を作っていたなんて意外ですよね。サムソン(三星)が開発した星印麺は大ヒットをとばし、麺の普及に欠かせない存在となりました。しかしサムソンは麺業界から電子業界へと転身。そこで、創業当時、苦労を共にしたサムソンの「星印麺」を、豊国麺が引き継いだというわけです。豊国麺の1号店が、サムソン創造キャンパス(サムソンが作った総合施設)内にオープンしたのも、サムソンとの深い縁なのでしょう。

豊国麺は、今や大型のフランチャイズ店となり、大邱市内のみならず、ソウル、釜山、仁川、大田、蔚山などに27店舗をかまえています。(2019年現在)チェーン店とはいえ老舗の製麺会社だけあって満足度の高い味です。韓国最古の製麵所の味をぜひ一度ご賞味ください。

豊国麺サムソン創造キャンパス店
(풍국면 삼성창조캠퍼스점)
大邱広域市北区砧山洞105‐69
℡:053‐351‐3377

Pocket

関連する記事はこちら

サンジュ食堂

Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

  「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。 初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当に…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence