Yuckyのうまうま大邱!⑲ 韓国最古の製麺会社・豊国麺のカルククス

2019年03月19日

IMG_4602-(2)

皆さんは大邱がククス(うどん)大国であることをご存知ですか?大邱市民の麺の消費量は全国平均の3倍以上、ククスは「大邱10味」の一つにもなっています。また、1980年代の初めまで、国内の麺の50%が大邱で生産されていたのですから「韓国の麺の歴史は大邱にあり」といっても過言ではありません。実は私も大の麺好きでして、大邱に行くたびに麺活を楽しんでいます。

そんなある日、とてもオシャレなククスチブ(麺屋)に出逢いました。どちらかというと古い食堂が好みなので、モダンな店構えに正直期待もなく入ったのですが、一口食べてビックリ! のど越しの良い麺にまろやかなスープ、思わず顔がほころびました。そして、店内のポスターをみて「なるほど!」と頷きました。そのお店、豊国麺(プングッミョン)は、韓国で一番古い製麺会社の直営店だったのです。

豊国麺の店内は、吹き抜けの天井にオープンキッチン、席をとりまく壁には細木を縦に張りめぐらし「麺」をイメージさせています。そのセンスの良さは、ちょっとした麺屋革命。メニューはククスの他に冷麺、マンドゥ、プルコギ、ユッケビビンバなどがあり、ククスとのセットメニューは、若者や家族連れにはもってこい。うどんだけでは物足りない人もこれなら満足できますね。また、添加物は一切使わず、キムチはお店で手作りするなど小さなこだわりもみせています。

注目すべきは、看板メニューの星印麺(ピョルピョグクス)。いわゆる普通のカルククスですが、なんとピカピカの真鍮の器で出てきます。たった5千ウォンのククスなのに、テンションが上がります。スープは、煮干し、ままかり、ハリ桑などを5時間かけてとったもので実に深い味わい。麺は、真空状態で麺をこねる独自の製麺機械を開発し、滑らかでコシのある麺に仕上がっています。

ところで、気になるのは星印麺という聞き慣れない名前です。これには豊国麺の古い歴史が関係しています。豊国麺の創業は1933年、その5年後にサムソン電子の前身「サムソン商会」が誕生し、この2社が大邱の製麺業界の柱となって業界をリードしました。あのサムソンが麺を作っていたなんて意外ですよね。サムソン(三星)が開発した星印麺は大ヒットをとばし、麺の普及に欠かせない存在となりました。しかしサムソンは麺業界から電子業界へと転身。そこで、創業当時、苦労を共にしたサムソンの「星印麺」を、豊国麺が引き継いだというわけです。豊国麺の1号店が、サムソン創造キャンパス(サムソンが作った総合施設)内にオープンしたのも、サムソンとの深い縁なのでしょう。

豊国麺は、今や大型のフランチャイズ店となり、大邱市内のみならず、ソウル、釜山、仁川、大田、蔚山などに27店舗をかまえています。(2019年現在)チェーン店とはいえ老舗の製麺会社だけあって満足度の高い味です。韓国最古の製麵所の味をぜひ一度ご賞味ください。

豊国麺サムソン創造キャンパス店
(풍국면 삼성창조캠퍼스점)
大邱広域市北区砧山洞105‐69
℡:053‐351‐3377

Pocket

関連する記事はこちら

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

블루보틀커피-성수-내부_2

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン 日本に続き2番目の海外市場進出   ブルーボトルコーヒー・コリア(以下、ブルーボトル)が5月3日、城東区聖水洞に韓国1号店となる聖水店をオープンした。この日、ブルーボトル韓国1号店の前はブルーボトルコーヒーを先に味わおう…続きを読む

マクチャン

Yuckyのうまうま大邱! ⑧ マクチャン焼きならウヤジマクチャン

  私は一度気に入ると飽きるまで食べ続ける質(たち)でして、「お母さん、また食べるの?」と子どもから呆れられながら、アボカドや豚足を毎日食べ続けたことがあります。 そんな私が最近ヘビロテしているもの。それはマクチャン焼きです。マクチャンとは豚の腸の先端のことで、コプチャ…続きを読む

sunde

Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

  大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。 それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたス…続きを読む

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02