Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

2015年12月02日

大邱の韓定食 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁き(笑)で、新たなシリーズを始めることになりました。タイトルは「Yuckyのうまうま大邱!」。私が大邱で出逢った10味以外の美味しいものやおススメのお店も併せてご紹介します。今まで同様、どうぞよろしくお願いします。

まず、大邱でどうしても食べていただきたいのもの、それは韓定食です。「そんなのどこにでもあるでしょう?」とつっこまれそうですが…騙されたと思って食べてみてください。大邱の韓定食はう~んと唸るほど美味しいですから!

それに、大邱の韓定食は安いのです! ランチだと1万3千~1万5千ウォンが相場、豪華なものでも2万ウォン以上払ったことがありません。コーヒーやケーキなどの価格はソウルとあまり変わりませんが、韓定食に関してはとってもお得です。最近ソウルにはフレンチのようなおしゃれな韓定食があるようですが、お値段を聞いてビックリ! 大邱の韓定食をソウルで食べると2倍以上はするだろうと思います。

それから大邱の韓定食の特徴は、韓方の薬材が使われていることです。大邱は薬令市といって1658年から続く韓方の市場で発展した街です。キキョウや当帰(トウキ)、珍しいキノコなど、昔から薬として使われていたものが、パンチャン(おかず)としてよく登場します。

また、大邱は国内3分の1のシェアを誇るレンコンの産地で、レンコンもよく使われます。黄色やピンクに色付けされてお花のようにトッピングされたり、ジョンになって出てきたり、調理法もさまざまです。蓮畑が広がる東区には、レンコン料理の韓定食もあるほどです。

最近、大邱でもフュージョン系の新しいタイプの韓定食が増えています。でも、昔ながらの伝統的な韓定食にはかなわない、と私は思っています。薬令市の近くにある「ヤクジョン食堂」はその代表格! 最後に出てくるホヤのビビンパは絶品ですし、心のこもったおかずに癒されます。

また桂山聖堂の裏にある「ソヨンホンハッバッ」は、ムール貝ご飯の定食のお店で、大邱の穴場中の穴場!ピリ辛のタレをかけていただくムール貝ご飯はとても人気で、お昼をまわると行列ができています。どちらのお店も古い韓屋の食堂で、中庭を見ながらゆっくりと食事が楽しめます。

安くて美味しい大邱の韓定食! おススメで~す!

Pocket

関連する記事はこちら

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

27480011_1556831554413239_1664063244_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑬ 大邱のマダムに大人気! ムール貝ご飯

 薬令市の近くに女性に大人気の定食屋さんがあります。それはソヨンホンハッパッ(서영홍합밥)というムール貝ご飯のお店で、お昼時はいつも大邱のマダムたちでいっぱいです。場所は桂山聖堂(ケソンソンダン)の裏手、細い路地の突き当りにあり、通りから入口が見えないので、立て看板が目印です。お…続きを読む

_B95DE~1

大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

大成記者のグルメ穴場店 ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」       三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつ…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

サンジュ食堂

Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

  「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。 初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当に…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02