Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

2016年09月21日

タクトンチプ 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。

そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチュ(ビール)の「メク」で「チメク」。チキンを食べながらビールを飲んで暑さを吹き飛ばそう! というお祭りです。初年度(2013年)の人出は27万人、年々集客数が伸び、4回目の今年は、目標の100万人をはるかに超える110万人が集まったそうで、今や韓国最大の夏のイベントになっています。

ところで、なぜ大邱でチキンなのでしょう?

朝鮮戦争の後、国民の食生活、特に肉食の促進をはかるため、大邱にたくさんの養鶏場や加工工場がつくられました。当時、西門市場には鶏食堂の通りがあり、その面積は市場の3割弱を占めていたといいます。1970年代になるとチキンのブランドが次々に誕生し、大邱発生のフランチャイズ店(キョチョンチキン、タンタンチキン、チキンパーティ、ビョルビョルチキンなど)が全国に名をはせるようになりました。つまり大邱は韓国内でチキン産業をリードしてきた街なのです。

チメク会場にはそういう大邱のチキン屋さんがたくさん出店しています。お祭りに行けば、大邱の美味しいチキンが一度に食べられるというのですから、チキンファンにはたまらないお祭りですネ。

さて、これまで大邱ではペクスッ(水炊き)や参鶏湯をよく食べていました。なんといっても大邱は韓方の街ですから。それぞれのお店が独自で薬材をブレンドしていて、韓方の香り豊かなホロホロの鶏がいただけるからです。

また、フライドチキンや丸焼きのお店も多く、大邱の三大(または四大)トンタクといわれる老舗の鶏屋さんもあります。(ウォンジュトンタク、ニューヨークトンタク、ドンムンチキンなど)いずれも30年以上の歴史があり、皮はパリパリ、中はふんわりジューシィなフライドチキンやピリ辛のヤンニョムチキンが人気で、どのお店も大邱っ子で賑わっています。

それから、部位別に調理するお店が多いのも大邱の特徴といえます。バラエティ番組の「イラ韓」で紹介されたこともあり、大邱といえば砂肝料理を思い浮かべる人も多いでしょう。平和市場の砂肝通りには30軒ほどの専門店が並んでおり、インフォメーションには日本語の市場の地図も置いてあります。

他にも、寿城池のタッパル(鶏の足)の専門店や七星市場の鶏のホルモン炒めなど、大邱ではさまざまな鶏料理が楽しめます。

ただ、これだけ鶏料理が充実しているのに、「大邱10味」に鶏料理が入っていないのが不思議なんですよね。でも、「大邱に行ったら一度はチキン!」。ぜひ覚えていてくださいね!

Pocket

関連する記事はこちら

312e59fd110f7190ed8f341991e93397-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子  今回ご紹介するのは「ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ/납작만두)」、大邱の有名な名物の一つです。餃子の皮に、春雨とニラ、ネギ等の野菜を挟んで二つ折り(半月型)にしたもので、その名の通り平べったい餃子です。  一度蒸してから焼いてある…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

buldak-150x150

お手頃価格で「以熱治熱」、夏のコンビニグルメ紀行

お手頃価格で「以熱治熱」 夏のコンビニグルメ紀行  日本もそうだが、韓国もコンビニ天国だ。地下鉄の駅や街中ではもちろん、地方都市の小さな道でもコンビニはすぐに見つけられ、安い値段で楽しめる韓国のコンビニならではのフードメニューは、韓国を訪れる旅行者の定番メニューとなって久しい。日…続きを読む

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02