Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

2016年09月21日

タクトンチプ 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。

そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチュ(ビール)の「メク」で「チメク」。チキンを食べながらビールを飲んで暑さを吹き飛ばそう! というお祭りです。初年度(2013年)の人出は27万人、年々集客数が伸び、4回目の今年は、目標の100万人をはるかに超える110万人が集まったそうで、今や韓国最大の夏のイベントになっています。

ところで、なぜ大邱でチキンなのでしょう?

朝鮮戦争の後、国民の食生活、特に肉食の促進をはかるため、大邱にたくさんの養鶏場や加工工場がつくられました。当時、西門市場には鶏食堂の通りがあり、その面積は市場の3割弱を占めていたといいます。1970年代になるとチキンのブランドが次々に誕生し、大邱発生のフランチャイズ店(キョチョンチキン、タンタンチキン、チキンパーティ、ビョルビョルチキンなど)が全国に名をはせるようになりました。つまり大邱は韓国内でチキン産業をリードしてきた街なのです。

チメク会場にはそういう大邱のチキン屋さんがたくさん出店しています。お祭りに行けば、大邱の美味しいチキンが一度に食べられるというのですから、チキンファンにはたまらないお祭りですネ。

さて、これまで大邱ではペクスッ(水炊き)や参鶏湯をよく食べていました。なんといっても大邱は韓方の街ですから。それぞれのお店が独自で薬材をブレンドしていて、韓方の香り豊かなホロホロの鶏がいただけるからです。

また、フライドチキンや丸焼きのお店も多く、大邱の三大(または四大)トンタクといわれる老舗の鶏屋さんもあります。(ウォンジュトンタク、ニューヨークトンタク、ドンムンチキンなど)いずれも30年以上の歴史があり、皮はパリパリ、中はふんわりジューシィなフライドチキンやピリ辛のヤンニョムチキンが人気で、どのお店も大邱っ子で賑わっています。

それから、部位別に調理するお店が多いのも大邱の特徴といえます。バラエティ番組の「イラ韓」で紹介されたこともあり、大邱といえば砂肝料理を思い浮かべる人も多いでしょう。平和市場の砂肝通りには30軒ほどの専門店が並んでおり、インフォメーションには日本語の市場の地図も置いてあります。

他にも、寿城池のタッパル(鶏の足)の専門店や七星市場の鶏のホルモン炒めなど、大邱ではさまざまな鶏料理が楽しめます。

ただ、これだけ鶏料理が充実しているのに、「大邱10味」に鶏料理が入っていないのが不思議なんですよね。でも、「大邱に行ったら一度はチキン!」。ぜひ覚えていてくださいね!

Pocket

関連する記事はこちら

짜장면

ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう, 仁川の中華料理店

ひとりでもへっちゃら! ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう! 4月14日「ブラックデー(Black day)」バレンタインデーやホワイトデーに異性からキャンディーやチョコレートをもらえなかったシングルたちが「ジャージャー麺」を食べる日だ。 その由来ははっ…続きを読む

麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業は…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

f744ae6824b8886ad8234ecd741d8628-150x150

待つのが苦手な韓国人たちも通ってしまう「行列のできる韓国料理店」

    韓国には「パルリパルリ(早く早く)文化」がある。急ぎ症の韓国人たちは食堂でわざわざ列に並んで食事することを嫌うが、行列に並んででもどうしても食べたい韓国料理店があると巷で話題になっている人気店2軒を取材した。 文/大成直子記者 健康料理として女性にブー…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

サンジュ食堂

Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

  「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。 初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当に…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02