Yuckyのうまうま大邱! ④ ピョットルチッのコダリチム

2016年12月16日

コダリチム

「大邱に行くので、美味しいお店を教えてください!」という問い合わせをよくいただきます。そんな時、私が必ずおススメするお店とお料理があります。それは、ピョットルチッというお店のコダリチムです。コダリチムは大邱10味でも大邱の郷土料理でもなく、どこででも食べられるお料理ですが、ピョットルチッのコダリチムは別格! あの味は大邱のこのお店でしか味わえません。

コダリチムは半生に干したスケトウダラ(コダリ)を、ヤンニョム(合わせ調味料)と一緒に煮込んだ(または蒸した)お料理です。コダリは干すことでギュッと旨味が凝縮され、調理すると身離れもよく、プリッとした弾力があります。味付けは店によってさまざまで、お味噌ベースだったり、コチュジャンベースだったり、わさび醤油が添えられていることもあります。

今まで食べた経験では、大邱のコダリチムは、辛い味付けが多かったのですが、ピョットルチッのコダリチムは、味がとてもマイルドです。全長30~40㎝ほどもあるコダリが、褐色のソースをまとって大皿で登場し、コダリの上にはクタクタになった大ネギと唐辛子、そしてゴマがパラパラッとかかっています。とりわけソースが絶品で、ご飯にかけるとまさに飯泥棒! 味は、「〇〇のような…」といえれば分かりやすいのでしょうが、あの味は他にたとえようがありません。今まで食べたことのない複雑で深い味との出逢いでした。

先日、社長さんがテーブルに来てくださったので、思い切って味の秘密を尋ねたところ、ソースは、ワタリガニ、アワビ、エビ、昆布などをベースとし、松の実、ピーナッツ、ゴマなどでコクをだしているとのこと。また、材料のミョンテ(生のスケトウダラ)はロシアから冷凍輸入したもので、小麦粉をつけて油で揚げた後、10℃の温度で2日間熟成させるのだそうです。「この味の大ファンです!」と言うと、「うちのオンマの味なんですよ」とにっこり笑って答えてくださいました。

またこのお店にはもう一つの楽しみがあります。社長さんは美術品のコレクターで、食事をしながら素敵な絵や骨董品を見ることができるのです。コレクションの数も相当なもので、最近、近所にギャラリーをオープンされたほど。店内の絵や骨董品はときどき替えておられるそうです。そしてもう一つは、社長さんの奥様が毎晩こつこつと作っておられる韓紙でできた人形です。韓服を着たかわいい子どもの人形がレジの近くに飾ってあり、毎回その愛らしさに癒されています。

人気店にもかかわらず、2号店は出さない、とおっしゃる社長さん。自分のスタイルにこだわり、オンマの味を大切にしていこうという姿勢が、お客さんの胃袋をギュッとつかんでいるのかもしれませんネ。

 

ピョットルチッ

大邱広域市中区東路14キル13

℡:053-421-6800

営業時間:12時~22時

定休日:日曜日

Pocket

関連する記事はこちら

ふぐプルコギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑩ ふぐプルコギ

 大邱10味、いよいよ最後の一品になりました。トリを飾るのは、ふぐプルコギです。 海に面していない大邱で、どうしてふぐが大邱10味に選ばれたのか? 不思議な気もしますが、以前ご紹介したムチムフェ(辛い刺身の和え物)と同様、海がないからこそ、食べ方に工夫を凝らしたお料理といえるかも…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

nothumbnail

ちんぐ母娘のサラン韓国

よろぶん あんにょん。 ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。 みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE…続きを読む

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02