Yuckyのうまうま大邱! ⑤ チャプサルスジェビ

2016年12月16日

チャプサルスジェビ

最近、大邱でハマっている食べ物がありまして…もう何度食べに行ったことでしょう。それはチャプサルスジェビというお料理で、一言でいうと白玉団子の入ったワカメスープです。ソウル在住の友人に話すと「知らない」というので調べたところ、大邱、及び慶尚北道の郷土料理ということが分かりました。

ワカメスープといっても中華料理にでてくる澄んだスープではなく、ワカメを炒めてトロミをつけたクリーム色の濃厚なスープです。具材のチャプサルスジェビは、直訳すると「チャプサル」が餅米、「スジェビ」がすいとんですが、日本でいうすいとんではなく、白玉団子にあたります。もち米にうるち米を混ぜているお店もあり、うるち米が入るとお餅より柔らかく、ほどよいモチモチ感になります。大邱や慶尚北道では、この白玉団子のことをセアル(鳥やスズメの卵の意)と呼んでいて、市場やスーパーでも売られています。

私がよく食べに行くのは、西門市場のククス通りの一角にある小さなお店です。「チャプサルスジェビの専門店」という垂れ幕がかかっているだけで、お店の名前すらありません。なんといってもスープが絶品で、海鮮の出汁を使った濃厚なワカメスープは、飲んだ瞬間「う~ん!」と唸ってしまうほど。お店の店先では大鍋で具材の詰まった大きな布袋が赤と青の唐辛子と一緒にグツグツと煮出されています。鍋の横を通るたびに私が中を覗くので、とうとう先日お店のアジュンマが袋を引きあげて見せてくれました。さすがに袋の中身まで「見せて」とはいえませんでしたが、美味しさの秘密が詰まっているに違いありません。

作り方は、小型の中華鍋でワカメをクタクタになるまで炒め、それにエゴマの粉とスープを注ぎます。すると茶色いスープがワカメの色素でサッとグリーンがかったクリームに変わります。それにすいとん(白玉団子)を入れ、ひと煮立ちしたらできあがりです。そうそう、この前ワカメの間に干しタラが入っているのを発見しました。単なるワカメスープじゃないよなぁ、と思っていたら…隠し味はタラだったのですね。

西門市場の他にも、大邱にはチャプサルスジェビを食べることのできるお店がいくつもあります。ククス屋さんや粉食屋さんのメニューにチャプサルスジェビを見つけたら、ぜひ召し上がってみてください。一杯5000ウォンで120%の満足度。特に女性の方には喜んでいただけること請け合いです。

※この記事を書いている間に、西門市場で大火災が起きてしまいました。焼け落ちたのはチャプサルスジェビのお店のすぐ目の前。営業ができるだろうかと心配しましたが、火事の数日後に営業を再開し、ホッと胸をなでおろしました。

西門市場の一日も早い復旧を心より願っております。

Pocket

関連する記事はこちら

d91e99359df9f3f0959fbaef83592cf0-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ  大邱の代表的なお料理といえば、何といってもチムカルビ、大邱10味の代表格です。   チムカルビのチム(찜)とは「蒸す」の意味で、牛のカルビを柔らかく蒸して味付けしたお料理です。似たような名前で「カルビチム」がありますが、これはナツメや…続きを読む

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

nothumbnail

ちんぐ母娘のサラン韓国

よろぶん あんにょん。 ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。 みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02