Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

2017年01月23日

珈琲名家

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。

「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソンノ)のカフェ通り、オープンテラスの大型店が多い寿城池(スソンモッ)周辺、高級住宅地の中にあるアップ山のカフェ通り、国民的歌手を偲ぶキム・グァンソク通りもカフェを楽しむスポットとして人気が出てきました。

ただちょっと困惑してしまうんですが、ここ数年、薬令市通りにもカフェが増えてきました。地価の高騰で家賃が値上がりしたために、古い薬材店が店を閉め、カフェに姿を変えているのです。行くたびに、新たなカフェができていて…。さすがにこれはどうしたものか? と懸念しているところです。

さて、カフェといえばコーヒー。あまり知られてはいませんが、実は、大邱はコーヒー文化がとても発達しているところです。バリスタのいる専門店も増えてきて、ついに人口の比率に対するコーヒー専門店の数が、韓国で一番多い都市になりました。

中でも老舗のカフェ「珈琲名家(コピミョンガ)」は1990年の創業以来、コーヒーの味を追求している名店です。世界各地のコーヒー農園から厳選したコーヒー豆を直接仕入れ、国内初の焙煎機も独自で開発しています。落ち着いた店内でいただくハンドドリップのコーヒーは、まさにコーヒーの神髄。

オーナーのアン・ミョンギュ氏はコーヒーアカデミーというバリスタの養成にも力を注ぎ「コーヒー文化の先駆者」と呼ばれています。珈琲名家が大邱のみならず韓国のコーヒー業界をリードしている、といっても過言ではないでしょう。

そして、珈琲名家に続け! とばかりに多くのコーヒー専門店が大邱で生まれ、ハンズコーヒー、ダビンチコーヒー、SLEEPLESS IN SEATTLEは全国展開するチェーン店に成長しています。

それにしても、なぜ大邱でコーヒーなのでしょう? 6・25戦争(韓国戦争)のころ、戦火の被害が少なかった大邱に文化人や芸術家たちが集まって住むようになりました。そして喫茶店でコーヒーを飲みながら議論を交わすようになったのがコーヒーの発展につながった、という説があります。確かに芸術家の集まるエリアにはカフェが多いような…。一方、大邱に住む友人は「昔はこれといって娯楽がなかったから、みんながカフェに集まるようになったのかも?」と分析しています。暑さや寒さが厳しい大邱だけに、冷暖房の効いたカフェは絶好の憩いの場。カフェの競争がコーヒーの味を向上させたのかもしれません。

また、毎年秋には「国際コーヒー&カフェ博覧会」が開かれています。このような大きなイベントがソウルではなく、大邱で開かれるのも、大邱がコーヒーのメッカだからといえるでしょう。会場にはコーヒー豆、焙煎機、カップ、コースター、ケーキなどさまざまなコーヒー関連の商品が展示され、韓国内外からたくさんの専門家が大邱に集まってきます。私も一昨年、博覧会を覗いてきましたが、コーヒーの試飲や、バリスタ体験などもでき、コーヒー三昧の楽しい時間を過ごしました。コーヒー好きの人は楽しめるイベントだと思いますよ。

大邱といえば、いろんなお料理が浮かびますが、コーヒーも忘れずに楽しんでみてくださいね。

Pocket

関連する記事はこちら

マクチャン

Yuckyのうまうま大邱! ⑧ マクチャン焼きならウヤジマクチャン

  私は一度気に入ると飽きるまで食べ続ける質(たち)でして、「お母さん、また食べるの?」と子どもから呆れられながら、アボカドや豚足を毎日食べ続けたことがあります。 そんな私が最近ヘビロテしているもの。それはマクチャン焼きです。マクチャンとは豚の腸の先端のことで、コプチャ…続きを読む

P1120478-(2)

Yuckyのうまうま大邱! ⑯キノコ料理の名店コヒャントゥル

 秋は大邱が最もよい季節です。紅葉の道東書院、啓明大学のキャンパス、聖母堂は映画のワンシーンのような感動的な美しさです。そして、秋といえば食欲の秋! 秋の味覚、キノコが旬を迎えました。もちろん大邱でも美味しいキノコが味わえます。おススメなのがコヒャントゥルというキノコ料理の専門店…続きを読む

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

IMG_4602-(2)

Yuckyのうまうま大邱!⑲ 韓国最古の製麺会社・豊国麺のカルククス

皆さんは大邱がククス(うどん)大国であることをご存知ですか?大邱市民の麺の消費量は全国平均の3倍以上、ククスは「大邱10味」の一つにもなっています。また、1980年代の初めまで、国内の麺の50%が大邱で生産されていたのですから「韓国の麺の歴史は大邱にあり」といっても過言ではありま…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

_B95DE~1

大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

大成記者のグルメ穴場店 ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」       三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02