Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

2017年03月07日

サンジュ食堂

 

「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。

初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当にビックリしました。古い瓦屋根に重厚な木の扉、白菜が積まれた通路を抜けると広い調理場になっています。屋根を張った土間は、昔は中庭だったようです。お客は大きな鍋の横を通って奥の部屋に通されます。

創業1957年、飴色の梁と柱にその歴史が感じられます。床はピカピカに磨きあげられ、部屋のところどころに小さな円卓が置いてあります。韓紙張りの壁には創業者の写真、座右の銘、創業当時使われていた調理道具など、見るべき物がたくさんあってなかなか座ることができません。ようやく腰を下ろすとすぐさま紅白の2種類のキムチと細かく刻まれた唐辛子が運ばれてきました。キムチはもちろん自家製です。メニューはチュオタン(8000ウォン)だけなので、注文せずとも出てきます。

チュオタンにはソウル式や南原(ナムォン)式、江原道(カンンウォンド)式などありますが、サンジュ食堂のチュオタンは慶尚道(キョンサンド)式。ドジョウをすり潰して作るスープは日本の味噌汁のように実にアッサリしています。

隠し味に牛の小腸や内臓も使ってあるとのことですが、あくまでも主役はドジョウ。姿が見えないので、ドジョウはいったいどこに? と思いましたが、スープの中にちゃんと活きていました。薄味に仕上げてあるので、好みで唐辛子や山椒を入れていただきます。濃厚なチュオタンが好きな人には少々物足りないかもしれませんが、この慶尚道式のチュオタンを求めて全国からファンが集まって来るのです。

そして、もう一つの主役は具材の白菜です。ドジョウの旨味をたんまり吸ってクタクタになるまで煮こんであるので、いくらでもお腹に入っていきます。

昨年うかがった時、2代目社長のチャ・サンナムさんが、水に浸かった大量の白菜と元気に泳ぐドジョウを見せながら「うちで使うドジョウは全て国産の天然ものなの。冬になるとドジョウは冬眠するし、高冷地栽培の白菜は畑で凍ってしまうから、1月と2月はお店を閉めてしまうのよ」と話してくださいました。お母様から引き継いだ店を今日まで守ってくるまでにはたいへんなご苦労もあったでしょう。社長さんの凛としたお姿に、時の重さを感じました。

それにしても、社長さんのお肌のキレイなことといったら! ドジョウはスタミナ食でもありますが、コラーゲン豊富な美容食でもあります。70歳代とお見受けしましたが、ドジョウを食べていると、こんなにも張りのある美肌になれるのでしょうか。う~ん、ドジョウ効果はあなどれません!

サンジュ食堂は、韓国農林水産食品部と韓食財団が指定した「韓国の老舗飲食店100店」にも選ばれており、忘れてはならない大邱の老舗の一つです。ビルの谷間の古い韓屋で、慶尚道式の美味しいチュオタンをぜひ味わってみてください。ただし、冬場はドジョウと一緒にサンジュ食堂も冬眠しますので、ご注意くださいネ。
サンジュ食堂
大邱広域市中区国際報償路598-1
3月1日~12月15日のみ営業

Pocket

関連する記事はこちら

P1120478-(2)

Yuckyのうまうま大邱! ⑯キノコ料理の名店コヒャントゥル

 秋は大邱が最もよい季節です。紅葉の道東書院、啓明大学のキャンパス、聖母堂は映画のワンシーンのような感動的な美しさです。そして、秋といえば食欲の秋! 秋の味覚、キノコが旬を迎えました。もちろん大邱でも美味しいキノコが味わえます。おススメなのがコヒャントゥルというキノコ料理の専門店…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

コダリチム

Yuckyのうまうま大邱! ④ ピョットルチッのコダリチム

「大邱に行くので、美味しいお店を教えてください!」という問い合わせをよくいただきます。そんな時、私が必ずおススメするお店とお料理があります。それは、ピョットルチッというお店のコダリチムです。コダリチムは大邱10味でも大邱の郷土料理でもなく、どこででも食べられるお料理ですが、ピョッ…続きを読む

sunde

Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

  大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。 それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたス…続きを読む

d91e99359df9f3f0959fbaef83592cf0-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ  大邱の代表的なお料理といえば、何といってもチムカルビ、大邱10味の代表格です。   チムカルビのチム(찜)とは「蒸す」の意味で、牛のカルビを柔らかく蒸して味付けしたお料理です。似たような名前で「カルビチム」がありますが、これはナツメや…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence