Yuckyのうまうま大邱! ⑨ 行列のできるカフェモモサンジョム

2017年07月12日

momo01

 

近頃は、レストランやカフェを探すのにインスタが大流行りですね。今回ご紹介するモモサンジョム(モモ商店)は、まさにインスタから人気に火がついたお店です。「インスタ映えする」って言葉がありますが、モモサンジョムのパッピンスはまさにそれ! 初めてインスタで写真を見た時、心が躍りました。開業は2016年6月、開業直後から行列ができ始め、今や大邱で人気ナンバーワンのパッピンスになりました。

モモサンジョムは、繁華街からちょっと外れた東仁洞(トンインドン)というところにあります。「チムカルビ通り」で有名なところですが、賑やかな通りや駅から離れた人通りの少ない場所にポツンと建っています。看板もなく、入口のガラス戸に日本の「氷」の旗がかかっているだけ。順番待ちの人だかりがなければ、うっかり通り過ぎてしまいそうです。

店内は白を基調としたシンプルなインテリアで、小さな木のテーブル席が数席、すぐに満席になってしまいます。道路側は一面ガラス張りで、明るい店内にはいつも季節のお花が活けてあります。

お店を仕切っておられるのは、50代くらいの女性と若い男女の3人。お顔がよく似ておられるので、ひと目で家族経営だと判りました。3人とも口数が少なく、地味な印象ですが、オーダーや会計の時に温かいお人柄が伝わってきます。

さて、話題のパッピンスですが…通年あるのはお抹茶と牛乳のパッピンス、そして断トツ人気なのが、旬の果物をふんだんに使った季節ごとのパッピンスです。私がインスタで一目惚れしたのは桃のパッピンスでした。こんもり盛られた氷の上に、自家製のフルーツソースがかかっていて、ここまでは一見普通。でも、ひとさじスプーンで氷をすくうと中から桃がゴロゴロ、食べても、食べても桃! お皿の底までギッチリ桃が詰まっています。しかもその甘いことといったら! 使ってあるのは香りがよくて糖度が高く、果汁の多いことで知られる清道(チョンド)産の白桃です。ああ、幸せ! 食べているうちに顔がほころんできちゃいます。

桃の次に人気なのがいちごのパッピンスです。いちごが出回るのはクリスマス前から春にかけて。真冬でもピンスを食べに来るお客さんがひっきりなしです。自家製のいちごとヨーグルトのソースが絶妙で、いちごをスプーンで潰してぐちゃぐちゃの「いちごミルク」にしたら最高! お店に用意してあるひざ掛けをかけ、ブルブル震えながら食べるさまはちょっと滑稽かもしれませんが、いちご好きにはたまりません。

他にも、秋には葡萄、初夏には真っ赤なチェリーのピンスが登場します。季節ごとに別の味が楽しめるので、一度食べたらリピーターになるお客さんも多いようです。私自身、季節が変わるごとに何度も足を運んじゃいました。

これからの季節、テプリカ(※大邱+アフリカの造語。大邱の厳しい暑さを表す言葉)で冷た~い桃のパッピンスはいかがでしょう? ただし、モモサンジョムは、並ぶのは必須。人気ゆえに品切れになっていることもありますので、早めにおでかけくださいね。

 

モモサンジョム (모모상점)
大邱市 中区 国債報償路150キル30
電話番号:053-424-1019
営業時間:11時~21時
休業日:毎週火曜日、旧正月・秋夕時は要確認(不定休あり)
インスタグラム:https://www.instagram.com/__kyungmin/

Pocket

関連する記事はこちら

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

noodle1

韓国グルメ探訪 IN 西村マウル

韓国グルメ探訪  IN  西村マウル   少女時代も食べた、選べて楽しいちょっと変わった!? ラーメン屋   ラーメンチョムッパン       景福宮2番出口を出てすぐの世宗マウル飲食文化通りをまっすぐ進むと、左に赤い小さな店が見えてくる。そこが今回紹介するラーメン屋「ラーメンチ…続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

Choco blossom -1

学生街は食の宝庫 1 | 若者パワー全快 新村周辺グルメツアー

学生街は食の宝庫 1 若者パワー全快 新村周辺グルメツアー   新村は、延世大学を中心とし、付近に西江(ソガン)大学・梨花(イファ)女子大学・弘益(ホンイク)大学など、ソウルの名門大学が集まる、若者のパワー溢れる学生街であり、大学付属のランゲージスクールに通う日本人留学…続きを読む

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02