Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

2017年09月22日

sunde

 

大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。

それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたスンデを見かけた方もいらっしゃるでしょう。一見グロテスク、豚の血が入っていると聞いて敬遠する方も多いのではないでしょうか。でも、今回ご紹介するマクチャンスンデは、見た目とは相反して予想を上回る美味しさだったのです。

スンデとは、豚の腸にもち米や春雨などを詰めたものです。通常、具を詰める外側の部分には豚のコプチャン(小腸・大腸)が使われていますが、マクチャンスンデは、コプチャンの代わりにマクチャン(直腸)が使われています。マクチャンは一頭の豚から約250gしかとれない貴重な部位で、こんがり焼いて食べるマクチャン焼きは大邱ではとても人気があり、決して珍しい食材ではありません。

美味しいマクチャンスンデをいただけるのは、大邱駅と西門市場の間にある西城路(ソソンノ)というエリアです。街の中心部にありながら周りの近代化から取り残されたかのように古い街並みが残っています。戦後、ここにはテジクッパ(豚のスープの雑炊)の食堂ができ始め、かつてはものすごい賑わいを見せていました。別名、豚路地(テジコルモク)と呼ばれ、密陽、釜山と並んで「韓国三大豚通り」の一つともいわれています。当時、安くて滋養のつくテジクッパは、大邱に集まってきた避難民にとても人気があり、産業工具通りの労働者や西門市場の商人には馴染みの食堂街でした。その後、サムギョプサルやテジカルビの焼肉の人気に押され、だんだん衰退していくのですが、今でも古い食堂の看板や家屋の横の大きな釜が当時の面影を漂わせています。

次々と食堂が消えていく中で、豚路地の味を引き継いでいるのが、密陽食堂、8番食堂、イモ食堂の3つの食堂で、西城路の入口に肩を寄せ合うようにかたまって建っています。いずれのお店もテジクッパと共にマクチャンスンデを提供していて、朝も昼も夜も、マクチャンスンデを肴にソジュを楽しむ人がひっきりなしに訪れています。これらの店のこだわりは、仕入れ値が高くても、臭みが少なく肉質の柔らかい雌豚を使っていること。そしてクッパにもニラではなくネギを入れる大邱スタイルを守っています。

さて、マクチャンスンデが普通のスンデとどう違うかといいますと、まずなんといっても食感です。マクチャンには厚みと弾力があるので、プリッとした歯応えがあり、スンデの皮というより肉を食べている感じで、噛めば噛むほど味が出てきます。また中の具には、もち米、タンミョン、豚肉、椎茸、玉ねぎ、ニラ、など20種あまりの材料が使われています。塩分は控え目、甘酢に付けるとサッパリといただけます。心配していた豚の血の臭みもなく、プリプリの後にモチモチ、最後にテカテカに塗られたごま油が香りを添えます。

一度好きになると癖になる、といわれているスンデですが、マクチャンの本場・大邱のマクチャンスンデをぜひ召し上がってみてください。スンデが未経験の方も、勇気を出して食べてみて! プリップリの食感がたまりませんよ!

Pocket

関連する記事はこちら

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

IMG_4602-(2)

Yuckyのうまうま大邱!⑲ 韓国最古の製麺会社・豊国麺のカルククス

皆さんは大邱がククス(うどん)大国であることをご存知ですか?大邱市民の麺の消費量は全国平均の3倍以上、ククスは「大邱10味」の一つにもなっています。また、1980年代の初めまで、国内の麺の50%が大邱で生産されていたのですから「韓国の麺の歴史は大邱にあり」といっても過言ではありま…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

고기1

仁川に行ったら必ず寄るべき, グルメスポット

仁川に行ったら必ず寄るべき 仁川のグルメスポット 仁川市は鶏肉の辛味揚げ、辛だれ太麺、冷麺などで全国的に有名な都市だ。 その中から仁川市民おすすめのグルメスポットを紹介しよう。 チョンシルホンシル 「チョンシルホンシル」は仁川市における蕎麦の歴史と言っても過言ではない「レジェンド…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02