Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

2017年09月22日

sunde

 

大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。

それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたスンデを見かけた方もいらっしゃるでしょう。一見グロテスク、豚の血が入っていると聞いて敬遠する方も多いのではないでしょうか。でも、今回ご紹介するマクチャンスンデは、見た目とは相反して予想を上回る美味しさだったのです。

スンデとは、豚の腸にもち米や春雨などを詰めたものです。通常、具を詰める外側の部分には豚のコプチャン(小腸・大腸)が使われていますが、マクチャンスンデは、コプチャンの代わりにマクチャン(直腸)が使われています。マクチャンは一頭の豚から約250gしかとれない貴重な部位で、こんがり焼いて食べるマクチャン焼きは大邱ではとても人気があり、決して珍しい食材ではありません。

美味しいマクチャンスンデをいただけるのは、大邱駅と西門市場の間にある西城路(ソソンノ)というエリアです。街の中心部にありながら周りの近代化から取り残されたかのように古い街並みが残っています。戦後、ここにはテジクッパ(豚のスープの雑炊)の食堂ができ始め、かつてはものすごい賑わいを見せていました。別名、豚路地(テジコルモク)と呼ばれ、密陽、釜山と並んで「韓国三大豚通り」の一つともいわれています。当時、安くて滋養のつくテジクッパは、大邱に集まってきた避難民にとても人気があり、産業工具通りの労働者や西門市場の商人には馴染みの食堂街でした。その後、サムギョプサルやテジカルビの焼肉の人気に押され、だんだん衰退していくのですが、今でも古い食堂の看板や家屋の横の大きな釜が当時の面影を漂わせています。

次々と食堂が消えていく中で、豚路地の味を引き継いでいるのが、密陽食堂、8番食堂、イモ食堂の3つの食堂で、西城路の入口に肩を寄せ合うようにかたまって建っています。いずれのお店もテジクッパと共にマクチャンスンデを提供していて、朝も昼も夜も、マクチャンスンデを肴にソジュを楽しむ人がひっきりなしに訪れています。これらの店のこだわりは、仕入れ値が高くても、臭みが少なく肉質の柔らかい雌豚を使っていること。そしてクッパにもニラではなくネギを入れる大邱スタイルを守っています。

さて、マクチャンスンデが普通のスンデとどう違うかといいますと、まずなんといっても食感です。マクチャンには厚みと弾力があるので、プリッとした歯応えがあり、スンデの皮というより肉を食べている感じで、噛めば噛むほど味が出てきます。また中の具には、もち米、タンミョン、豚肉、椎茸、玉ねぎ、ニラ、など20種あまりの材料が使われています。塩分は控え目、甘酢に付けるとサッパリといただけます。心配していた豚の血の臭みもなく、プリプリの後にモチモチ、最後にテカテカに塗られたごま油が香りを添えます。

一度好きになると癖になる、といわれているスンデですが、マクチャンの本場・大邱のマクチャンスンデをぜひ召し上がってみてください。スンデが未経験の方も、勇気を出して食べてみて! プリップリの食感がたまりませんよ!

Pocket

関連する記事はこちら

ヤキウドン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

 この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カ…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

_B95DE~1

大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

大成記者のグルメ穴場店 ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」       三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつ…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

Choco blossom -1

学生街は食の宝庫 1 | 若者パワー全快 新村周辺グルメツアー

学生街は食の宝庫 1 若者パワー全快 新村周辺グルメツアー   新村は、延世大学を中心とし、付近に西江(ソガン)大学・梨花(イファ)女子大学・弘益(ホンイク)大学など、ソウルの名門大学が集まる、若者のパワー溢れる学生街であり、大学付属のランゲージスクールに通う日本人留学…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02