Yuckyのうまうま大邱! ⑪ 平和市場の砂肝料理

2017年11月02日

スナギモ そろそろコラムのネタも尽きてきたなあと思っていたら、肝心なものを紹介しそびれていることに気付きました。(汗) それは大邱の代表的なB級グルメ、砂肝料理です。

大邱といえば砂肝料理を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。というのは、数年前、バラエティ番組「イラっとくる韓国語講座」の中で紹介されたことがあったからです。番組はもう終了してしまいましたが、韓国マニアの間ではけっこう人気がある番組でした。その「イラ韓」の最後のシリーズで大邱の砂肝料理が再登場し、ナビゲーターの河本準一さんが行ったお店で、ある韓国語のフレーズを言うとお勘定が10%オフになる、というおもしろい企画までありました。実は私もその恩恵を受けた一人です。

砂肝料理がいただけるのは、東大邱駅から北西に約1・3㎞離れたところにある平和市場のタットンチッ(砂肝)通りです。こぢんまりとした居酒屋街で、26軒の砂肝料理店が並んでいます。お店がオープンするのは夕方4時ごろから。夜の街ですが、ここ数年、古い壁を取っ払ってガラス張りにしたり、お店の外装を明るい色にしたり、アットホームな雰囲気作りが功を奏して、仕事帰りのサラリーマンや学生さんたちに混じって家族連れのお客さんも増えてきました。

平和市場に砂肝料理が登場したのは1970年代。鶏肉店の店主が、鶏肉を売った後に残った大量の砂肝の処理を悩んでいるうち、ふと思いついてフライにしたのが始まりです。最初はサービスとして出していましたが、思った以上に反応が良かったので販売するようになり、ついには平和市場の居酒屋の看板メニューにまでなりました。その後、砂肝屋はポツポツと増え始め、90年代に急増して「砂肝通り」ができました。

砂肝の調理法はいたってシンプルで、衣をつけた砂肝を150度強の温度で3分ほど揚げ、塩や醤油、ヤンニョムなどで味付けします。フライドチキンの砂肝版ですね。

揚げたての砂肝は、いうまでもなくビールとの相性抜群! あのコリコリッとした独特な歯ざわりがいいんですよね。また一緒に出てくるさつま芋のフライが、柔らかくて甘くて、いい箸休めになっています。

人気メニューは、プレーン(塩)、ニンニク醤油、ヤンニョム味の盛り合わせで、価格は一皿1万~1万5千ウォン。大皿にドーン!と山盛り出てくるので、女性なら4~5人で食べても充分な量です。少人数ならパンバン(半々/2種類の中盛)というのもあります。ただ、一人で食べに行くには向いてないかも。もくもくと砂肝を食べたら顎も疲れますしね。(笑)友人や家族と行ってワイワイやりながら食べるのがおススメです。

大邱は「チキンマニアの聖地」といわれるほど、鶏肉をよく食べるところです。砂肝の専門店がたくさんあるなんて大邱ならでは! という気がします。大邱に行ったら安くて美味しい砂肝料理をぜひ召し上がってみてください!

 

平和市場のタットンチッ通り (평화시장 닭똥집골목)

住所:大邱市東区新岩洞

定休日:第1・第3日曜日(店によっては第2・第4日曜日)

営業時間:午後4時~午前4時

Pocket

関連する記事はこちら

P1120478-(2)

Yuckyのうまうま大邱! ⑯キノコ料理の名店コヒャントゥル

 秋は大邱が最もよい季節です。紅葉の道東書院、啓明大学のキャンパス、聖母堂は映画のワンシーンのような感動的な美しさです。そして、秋といえば食欲の秋! 秋の味覚、キノコが旬を迎えました。もちろん大邱でも美味しいキノコが味わえます。おススメなのがコヒャントゥルというキノコ料理の専門店…続きを読む

블루보틀커피-성수-내부_2

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン

ブルーボトル韓国1号店、ソウル聖水店公式オープン 日本に続き2番目の海外市場進出   ブルーボトルコーヒー・コリア(以下、ブルーボトル)が5月3日、城東区聖水洞に韓国1号店となる聖水店をオープンした。この日、ブルーボトル韓国1号店の前はブルーボトルコーヒーを先に味わおう…続きを読む

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence