Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

2018年03月27日

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱には大邱独特のユッケジャンが存在しているのです。今回はそんな大邱式ユッケジャンがいただける名店をご紹介したいと思います。

そのお店はイェッチブシクタンという創業1948年の古い食堂です。西門市場の北側の住宅地にあり、「こんなところに食堂が?」と不安になりながらたどり着きました。門をくぐると土間になっており、それを挟んで右に調理場、左に客室があり、私が通された部屋には螺鈿のタンスや冷蔵庫が置かれていて、食堂というより民家といった趣です。

 

yukhwejang

 

メニューはユッケジャンのみで、座るや否やパンチャン(豆腐、ニラ、大根、青唐辛い子のキムチと刻んだニンニク)が出てきました。普通、ユッケジャンには細切りにしたお肉と豆モヤシやワラビなどの野菜が入っていますが、ここのユッケジャンには、厚さ5㎜ほどの大きな肉片とクタクタ煮込まれた大量のネギが入っています。どちらも長時間煮込まれているので柔らかく、食べやすいのが特徴です。大邱のユッケジャンはこのようなスタイルが多いので、これが大邱式ユッケジャンといえるでしょう。

また、調味料は裏庭の甕で仕込まれた自家製で、大邱にしては味がマイルド。好みで黒コショウやニンニクを入れて食べます。また、嬉しいことにおかわりも可能で、食べ終わる頃「もう一杯いかがですか?」と聞きにきてくれました。太っ腹なサービスですネ。

さて、ここで最初の疑問「なぜ大邱でユッケジャンなのか?」に戻ります。ユッケジャンはもともと宮廷料理の一つで、昔は犬の肉が使われていました。犬肉は栄養価が高く、夏のスタミナ補給にはもってこいの食材です。大邱は盆地なので夏の暑さが半端ではありません。それで大邱の人たちは厳しい夏を乗り切るためにユッケジャン(当時は犬肉で作るケジャン=狗醤)を食べるようになったのです。ネギをたくさん使うのは、効果をアップするための工夫かもしれませんネ。そしてその後、犬肉を好まない人もいたため、犬肉に代わって牛肉が使われるようになりました。つまり、ユッケジャンは夏の保養食として大邱に根付き、それから全国に広まっていったのです。

しかし、そういう経緯がありながら、大邱にはユッケジャンの専門店はそれほど多くありません。それは、ユッケジャンが「タロクッパ」という形に進化していったからです。ご飯とスープを別々に出す給仕方法からそう呼ばれていて、今や大邱10味の一つですが、ベースはまぎれもなくユッケジャンです。

ユッケジャンの老舗であるイェッチブシクタンは、数少ない専門店の中でその代表格といえます。農林畜産食品部が選定する「韓国の古いレストラン100選」に選ばれたのも、大邱の伝統的な味を引き継ぐ貴重なお店として認められたからでしょう。

他の地方とは一味違う大邱式ユッケジャン、ぜひ食べてみてください。ただし、イェッチブシクタンはスープがなくなったら店を閉めてしまうので、食べたい方はお早目に!

 

イェッチブシクタン(옛집식당)
大邱広域市 中区 市場北路 120
電話番号:053-554-4498
営業時間:11時~19時(スープがなくなり次第閉店)
定休日:日曜日 カード不可

Pocket

関連する記事はこちら

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

明洞聖堂の前の気楽なレストラン BISTRO 74   ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence