Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

2018年12月17日

납작만두 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに行けば、一皿約3千ウォンで小腹を満たすことができます。

これまで私は西門市場にある有名店ミソンダンの屋台で食べることが多かったのですが、「ぺたんこ餃子を食べるならミソンダンの本店が一番!」という評判を聞き、真相を確かめるべく行ってまいりました。正直、あの簡素な食べ物に、それほど味の違いがあるのだろうか? と半信半疑でしたが、噂は本物! ミソンダン本店のぺたんこ餃子は今まで食べたことのない格別な味でした。

ミソンダン本店は、2号線と3号線が交差する新南駅の近くにある小さな食堂で、創業は1963年。「元祖」と呼ぶにふさわしい古い店構えです。中に入ると左側に鉄板があり、その後ろに配膳台とレジ、そして仕込みをする調理場へと繋がっています。客席には簡素なテーブルと背もたれのない丸椅子が並んでおり、ひっきりなしに入って来る客で埋まっていました。

餃子を焼くのは、創業者の後を継いだ息子さん(社長さん)ただ一人。鉄板の横には餃子の入った籠と、高く積まれた平皿が置かれています。鉄板に油をひき、餃子を並べてじっと待つ、丁寧に裏返してじっと待つ、焦げ目がついたら皿に盛る、という作業の繰り返し。焼き上がるまで鉄板からいっときも離れることなく、一枚一枚丹精込めて焼いているのが伺えます。そして時には思うように焼けなかった餃子が廃棄のボールに入っていきます。

運ばれてきたぺたんこ餃子を、どれどれ、と口に入れて驚きました。ほんのり焼けた餃子の芳ばしいこと! 油がほどよく回り、あのふにゃふにゃとした餃子に命がふきこまれたというか…。まぁ、そこまでいうと大袈裟ですが、餃子そのものの味に大差はなく、美味しさの秘訣は、徹底した「焼き方」にあると分かりました。ほとんど具のない餃子をここまで美味しくするなんて、さすが! こんなに美味しいぺたんこ餃子は初めてでした。

ぺたんこ餃子は、もともと食糧難の時代に、不足していたお米にかわって小麦粉でお腹を満たすために考えられた食べ物です。「小麦粉をどうしたら美味しく食べられるのか?」という創意工夫のたまものなのです。その小麦粉を「焼き」で勝負をかけたミソンダン本店。ワンランク上のぺたんこ餃子をぜひご賞味くださいませ。

 

ミソンダンナプチャッマンドゥ 本店
(미성당납작만두 본점)

大邱広域市 中区 南山路 75‐1
℡:053‐255‐0742
営業時間: 9時~21時
休業日:旧正月・秋夕の連休

Pocket

関連する記事はこちら

P1120478-(2)

Yuckyのうまうま大邱! ⑯キノコ料理の名店コヒャントゥル

 秋は大邱が最もよい季節です。紅葉の道東書院、啓明大学のキャンパス、聖母堂は映画のワンシーンのような感動的な美しさです。そして、秋といえば食欲の秋! 秋の味覚、キノコが旬を迎えました。もちろん大邱でも美味しいキノコが味わえます。おススメなのがコヒャントゥルというキノコ料理の専門店…続きを読む

ふぐプルコギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑩ ふぐプルコギ

 大邱10味、いよいよ最後の一品になりました。トリを飾るのは、ふぐプルコギです。 海に面していない大邱で、どうしてふぐが大邱10味に選ばれたのか? 不思議な気もしますが、以前ご紹介したムチムフェ(辛い刺身の和え物)と同様、海がないからこそ、食べ方に工夫を凝らしたお料理といえるかも…続きを読む

ソグレクッパ

Yuckyのうまうま大邱!⑱ 玄風の珍味・ソグレクッパ

 嬉しいことにここ数年、たくさんの日本人が大邱を訪れるようになりました。観光客が増えるにつれて、インスタ映えするオシャレなお店が次から次にできています。でも、大邱には有名な郷土料理の他に、昔から伝わるレアなグルメも潜んでいます。今回ご紹介する「ソグレクッパ」もその一つ。見栄えのし…続きを読む

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

d91e99359df9f3f0959fbaef83592cf0-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ  大邱の代表的なお料理といえば、何といってもチムカルビ、大邱10味の代表格です。   チムカルビのチム(찜)とは「蒸す」の意味で、牛のカルビを柔らかく蒸して味付けしたお料理です。似たような名前で「カルビチム」がありますが、これはナツメや…続きを読む

짜장면

ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう, 仁川の中華料理店

ひとりでもへっちゃら! ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう! 4月14日「ブラックデー(Black day)」バレンタインデーやホワイトデーに異性からキャンディーやチョコレートをもらえなかったシングルたちが「ジャージャー麺」を食べる日だ。 その由来ははっ…続きを読む

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence