Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

2018年12月17日

납작만두 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに行けば、一皿約3千ウォンで小腹を満たすことができます。

これまで私は西門市場にある有名店ミソンダンの屋台で食べることが多かったのですが、「ぺたんこ餃子を食べるならミソンダンの本店が一番!」という評判を聞き、真相を確かめるべく行ってまいりました。正直、あの簡素な食べ物に、それほど味の違いがあるのだろうか? と半信半疑でしたが、噂は本物! ミソンダン本店のぺたんこ餃子は今まで食べたことのない格別な味でした。

ミソンダン本店は、2号線と3号線が交差する新南駅の近くにある小さな食堂で、創業は1963年。「元祖」と呼ぶにふさわしい古い店構えです。中に入ると左側に鉄板があり、その後ろに配膳台とレジ、そして仕込みをする調理場へと繋がっています。客席には簡素なテーブルと背もたれのない丸椅子が並んでおり、ひっきりなしに入って来る客で埋まっていました。

餃子を焼くのは、創業者の後を継いだ息子さん(社長さん)ただ一人。鉄板の横には餃子の入った籠と、高く積まれた平皿が置かれています。鉄板に油をひき、餃子を並べてじっと待つ、丁寧に裏返してじっと待つ、焦げ目がついたら皿に盛る、という作業の繰り返し。焼き上がるまで鉄板からいっときも離れることなく、一枚一枚丹精込めて焼いているのが伺えます。そして時には思うように焼けなかった餃子が廃棄のボールに入っていきます。

運ばれてきたぺたんこ餃子を、どれどれ、と口に入れて驚きました。ほんのり焼けた餃子の芳ばしいこと! 油がほどよく回り、あのふにゃふにゃとした餃子に命がふきこまれたというか…。まぁ、そこまでいうと大袈裟ですが、餃子そのものの味に大差はなく、美味しさの秘訣は、徹底した「焼き方」にあると分かりました。ほとんど具のない餃子をここまで美味しくするなんて、さすが! こんなに美味しいぺたんこ餃子は初めてでした。

ぺたんこ餃子は、もともと食糧難の時代に、不足していたお米にかわって小麦粉でお腹を満たすために考えられた食べ物です。「小麦粉をどうしたら美味しく食べられるのか?」という創意工夫のたまものなのです。その小麦粉を「焼き」で勝負をかけたミソンダン本店。ワンランク上のぺたんこ餃子をぜひご賞味くださいませ。

 

ミソンダンナプチャッマンドゥ 本店
(미성당납작만두 본점)

大邱広域市 中区 南山路 75‐1
℡:053‐255‐0742
営業時間: 9時~21時
休業日:旧正月・秋夕の連休

Pocket

関連する記事はこちら

d91e99359df9f3f0959fbaef83592cf0-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ  大邱の代表的なお料理といえば、何といってもチムカルビ、大邱10味の代表格です。   チムカルビのチム(찜)とは「蒸す」の意味で、牛のカルビを柔らかく蒸して味付けしたお料理です。似たような名前で「カルビチム」がありますが、これはナツメや…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む

sunde

Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

  大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。 それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたス…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業は…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02