Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

2015年08月26日

ノンメギメウンタン今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。

さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~40代女性)は「ナマズはあまり食べる機会がない」と言います。ナマズのグロテスクなビジュアルが女性にはNGなのかもしれません。(私はカワイイと思うんですけど…)そして、ナマズといえば川魚。川魚はどうも泥臭いイメージがあって、大邱10味でなかったら、ナマズを食べようなんて思わなかったかもしれません。

また、大邱の友だちが「あまり食べない」のには、もう一つ理由が考えられます。それは「美味しいナマズは食べられる場所が限られる」ということです。探せば街中にも良いお店があるのかもしれませんが、未だ出逢えていません。
美味しいナマズを食べられるのは、達城郡の釜谷里(プゴンニ)にあるノンメギメウンタンマウルと呼ばれる村です。地下鉄2号線で大邱の中心部から30分、終点の汶陽(ムニャン)駅で降り、そこから車で数分のところにあります。

私が行ったのは、ちょうど紅葉が始まった頃でした。汶陽駅で降りる人は、ほとんどが中高年の登山客でした。村の奥の馬川(マチョン)山で登山を楽しみ、その帰りにナマズを食べる、というのがお決まりのコースになっています。タンパク質やビタミンが豊富なナマズが登山で疲れた身体を癒してくれるのだそうです。

汶陽駅の周りにはのどかな田園風景が広がり、数人のアジュンマが道端で地場の野菜を売っているだけで、食堂らしき建物はありません。駅前広場の大きな看板に、30軒ほどの食堂の名前と電話番号が書かれていて、電話をするとお店の人が車で迎えに来てくれます。

私たちが行ったのは、駅から一番近いところにあるサンジョンノンメギメウンタンというお店でした。お昼時はすごく混み合うというので、朝一番で行ったのに、もう数組の先客が来ていました。
オーダーしたのは、ノンメギメウンタン2万7千ウォンとメギチム(ナマズの蒸し煮)3万5千ウォン。おかずにはウリや葉野菜、落花生など自家栽培のお野菜が並び、メインの鍋にはたっぷりのニラやきのこ、ニンニク、唐辛子が入っていました。そして野菜の間からニッと笑った(ような)ナマズの顔が覗いています。

お鍋には昆布と大根からとった出汁が入っており、グツグツと煮えていくうちにナマズの旨味が溶けていきます。火が通ったところでお店のアジュンマがトングを持ってやってきて、慣れた手つきでナマズの中骨をスルスル~ッと抜いてくれました。

まずはスープを! 山椒がピリリと効いていて、臭みは全くありません。身は、淡泊でアッサリ、ピリ辛のスープで身体がポカポカ温まっていきます。

釜谷里のナマズの美味しさの秘密は、お店の周りの田んぼにあります。ナマズは水槽ではなく田んぼで養殖されているのです。釜谷里は蛇行して流れる洛東江(ナクトンガン)に三方を囲まれ、田んぼには洛東江の水が引いてあります。ナマズは川の水に含まれるプランクトンやエビやドジョウなどを食べて育つため栄養価が高く、糖尿病や貧血などにもよいといわれています。また広い田んぼを泳ぎまわるナマズは身がしまって弾力があります。スズキや鯛に似ているなと思いました。

この村のナマズの養殖は、1990年代、農家の新たな収入源として始められました。最初は食堂ではなく有料の釣り堀だったようです。釣り人たちが釣ったナマズを養殖場の横にあるビニールハウスで食べるようになってから、釣り堀は食堂へと移行しました。ナマズ鍋の評判はすぐに広がり、村の25世帯のうち14世帯が田畑を売って食堂を始めたといいます。そして今やノンメギメウンタン村を形成するに至ったのです。

食事の後、駅に向かって歩いている時、チョロチョロと水の音が聞こえました。この音に美味しさの秘密があったんだなあ。ノンメギメウンタンを食べる時、豊かな自然に感謝したいと思います。

Pocket

関連する記事はこちら

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

サンジュ食堂

Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

  「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。 初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当に…続きを読む

チャプサルスジェビ

Yuckyのうまうま大邱! ⑤ チャプサルスジェビ

最近、大邱でハマっている食べ物がありまして…もう何度食べに行ったことでしょう。それはチャプサルスジェビというお料理で、一言でいうと白玉団子の入ったワカメスープです。ソウル在住の友人に話すと「知らない」というので調べたところ、大邱、及び慶尚北道の郷土料理ということが分かりました。 …続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

スナギモ

Yuckyのうまうま大邱! ⑪ 平和市場の砂肝料理

 そろそろコラムのネタも尽きてきたなあと思っていたら、肝心なものを紹介しそびれていることに気付きました。(汗) それは大邱の代表的なB級グルメ、砂肝料理です。 大邱といえば砂肝料理を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。というのは、数年前、バラエティ番組「イラっとくる韓国語…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02