Yuckyの大邱10味紀行 ⑨ ヤキウドン

2015年12月02日

ヤキウドン この夏、久しぶりに大邱へ行って参りました。数か月ぶりの大邱で気が付いたのは、街中に和製韓国語が増えたこと。最近、日食(イルシッ)と呼ばれる日本食が人気のようで、お寿司屋さんの前に行列ができているのを見かけました。食堂の看板やメニューにはトンカツ(돈까스)、コロッケ(크로켓)、カレー(카레)、おでん(오뎅)などなど…、日本伝来の食べ物がハングル文字になって踊っています。

韓国で定着している和製韓国語の一つにうどん(우동)があります。日本のうどんに近いのは、以前ご紹介したヌンククス(누른국수)ですが、大邱10味の中に、もう一つ、全く別のうどんがあります。それが今回ご紹介するヤキウドン(야끼우동)です。

うどんといっても、麺はチャンポンのような太い中華麺で、エビ、イカ、豚肉、キャベツ、玉葱、人参、ニラ、もやしなどと炒めた「汁なしチャンポン」といった方が解りやすいでしょうか。味付けにニンニクと唐辛子が加わり、平皿に盛られたうどんは赤い色をしていて、一見してその辛さが分かります。麺をすすりながら食べるので、食べ終わった後は唇がピリピリしてきます。付け合わせのたくわんや甘味噌をつけた玉葱で、口の中で辛さを中和しながらいただきました。

ヤキウドンは、1970年代に東城路(トンソンノ)にある中華料理店「中和飯店(チュンファパンジョム)」のシェフ張裕青(チャン・ユチョン)氏が、大邱のオリジナルのうどんとして作ったのが始まりです。その後、徐々に大邱全土に広がり、今や大邱のほとんどの中華料理店のメニューに「ヤキウドン」が載るようになりました。「中和飯店」は、現在では2代目が引き継ぎ、ヤキウドンの元祖として大邱では有名なお店になっています。

私が「中和飯店」に行った時、予想通りほとんどのお客さんがヤキウドンをオーダーしていました。そして、辛いヤキウドンと一緒に甘い酢豚を食べているテーブルが多かったように思います。辛さと甘さでバランスをとっているのでしょうか。残念ながら、私は山盛りのヤキウドンでお腹がいっぱいになり、とても酢豚まで手が出ませんでした。

後で聞いた話によると、ヤキウドンは一人一皿というより、みんなで取り分けて食べるのが通例だそうです。それでドカ盛りなのですね。また、急な来客や親せきが集まる時に出前を頼むことも多いそうです。

そういえば、私の故郷・長崎でも、皿うどんをよく出前でたのみます。チャンポン麺で作る太麺の皿うどんは、麺の食感といい、具材といい、大邱のヤキウドンによく似ています。砂糖文化の長崎では、甘い味付けですが、海鮮が味を引き立てているところはヤキウドンと同じですね。また、みんなで取り分けて食べるところも似ています。

また、長崎皿うどんはチェーン店の台頭で、今や全国区になっていますが、ヤキウドンのテリトリーは、大邱の中だけに留まっているようです。先日、釜山の友だちにヤキウドンの話をしたら「ヤキウドンって何?」と反対に尋ねられました。釜山ではソース味の焼きそばやチャンポンはよく食べるけど、そのようなウドンは見たことがないというのです。車で1時間しか離れていない釜山の人が知らないというのですから、ヤキウドンは大邱でしか味わえないといえるでしょう。

最後に「一度食べると癖になる」といわれるスパイシーなヤキウドンは、夏は暑くて冬は寒い大邱の気候にもマッチしているように思います。夏は汗をかきながら、冬はポカポカ温まりながら。ボリューム満点で具材も豊富、なのにお値段は一皿7千ウォンというお手軽さ。もし、チャンスがあれば、大邱のヤキウドンにチャレンジしてみてはいかがでしょう。ただし、ヤミツキになるヤキウドンの中毒性にはご注意くださいませ。

Pocket

関連する記事はこちら

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

韓定食

Yuckyの大邱10味紀行 ① 大邱の魅力

最近、私の周りで大邱に行く人が増えています。ソウルや釜山に比べるとまだまだ少数派ではありますが、大邱へ行った友人の多くが「もう一度大邱に行きたい!」と言っていて、リピーターも少なくありません。実は私もその一人、大邱にハマり、この1年半で10回も大邱を訪れてしまいました。 「大邱の…続きを読む

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

312e59fd110f7190ed8f341991e93397-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子

Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子  今回ご紹介するのは「ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ/납작만두)」、大邱の有名な名物の一つです。餃子の皮に、春雨とニラ、ネギ等の野菜を挟んで二つ折り(半月型)にしたもので、その名の通り平べったい餃子です。  一度蒸してから焼いてある…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02