北東アジア初の複合リゾート パラダイスシティを楽しむ4つの方法

2017年07月11日

파라다이스시티_메인

 

リゾートライフ+韓流+グルメ+
エンターテインメント+カジノまで
オールラウンドリゾート誕生

 

PARADISE CITY

 

 北東アジア初の複合リゾート「パラダイス・シティ(PARADISE CITY)」が4月に正式オープンした。仁川・永宗島の仁川国際空港国際業務団地に造成されたパラダイスシティは、格が違うアートテインメント(Art-tainment)複合リゾートをコンセプトに、韓国を代表する観光レジャー大手企業パラダイスグループが過去45年間のホテル、カジノ、スパなどの運営ノウハウを集約した結晶体であり、北東アジア初の韓国型複合リゾートだ。仁川空港業務団地内​​にあり、9万9825坪の面積にホテル、カジノ、プラザ、ブティックホテル、スパ、ショッピング施設、テーマ型レストラン、アートギャラリー、クラブなど、様々な複合文化施設を保有しており、品格と余裕を満喫したい人にはこの上なく魅力的だ。
文/町野山宏記者

 

4月20日、北東アジア初の複合リゾート・パラダイスシティがオープンした。パラダイスシティは、シンガポールのマリーナベイ・サンズ、マカオのザ・ヴェネチアンなど、海外でしか出会えなかった複合リゾート施設で、「アートテインメント(art-tainment)リゾート」を差別点として掲げ、国内外の旅行者の目を引いている。

何よりも永宗島仁川国際空港の近くに位置するパラダイスシティは、仁川空港から至近距離に位置することはもちろん、ソウル首都圏地域から1時間以内の距離にあり、国内外の観光客は誰でも簡単に訪ねることができる最高の立地を誇る。仁川空港を玄関口として韓国を訪れた日本人観光客なら、仁川空港磁気浮上列車でわずか3駅でパラダイスシティに到着する。強みは、アクセシビリティだけではない。最高級のホスピタリティを提供する施設でのんびり休息を取り、ミシュランレストランでの特別なグルメ体験と海外の有名作家の芸術品鑑賞、様々なエンターテインメントなどを趣向に合わせて楽しむことができる。

まもなく到来する夏休みシーズン、韓国旅行で他の人々とは一味違う休暇の計画を立てているなら、他にはどこにもないアートテインメントリゾート・パラダイスシティを訪ねてみるのはいかがだろうか。パラダイスシティを存分に楽しむことができる魅力的なポイントの4つを紹介しよう。

 

国内最高級ホテルでラグジュアリーの真髄を

まずは豪華なホテルが目を引く。パラダイスホテル&リゾートは、国内ホテル最高等級である5つ星を受けた最高級のホスピタリティ施設で、プールヴィラ2棟を含む合計711室の客室がある。単位室当たりの平均面積が国内一流ホテルの中で最も大きいのも特徴だ。一般型のデラックスルームの場合でも、部屋に入った瞬間、ゆったりとした空間の余裕が感じられる。さらにビールと飲料、スナックなどを完備したミニバーも無料で利用することができ、気持ちの良い休暇を過ごすのにぴったりだ。

 

파라다이스시티_서브01

 

パラダイスホテル&リゾートのアメニティキットは、国内で初めて、英国のプレミアムブランド・ペンハリガンの「ブレナムブーケ」ラインを使用し、20~30代の女性の心をひきつける。全室に配置されたペンハリガン・アメニティキットと共にホテルでスモールラグジュアリーを楽しむことができる。

また、パラダイスシティならではの特権は、「エアポートビュー」を思う存分鑑賞することができるというもの。客室や屋外プールでゆったりと横になって、飛行機が仁川空港に離着陸する光景を見ていると、日常のすべてのものから離れることができる。

美術館? リゾート?2700点もの芸術作品

パラダイスシティならではの魅力は、施設のあちこちで国内外の有名作家の芸術作品に出会えるということ。パラダイスシティには、合計2700余点の作品が展示されており、滞在するだけで、まるで巨大な美術館に来たようなすばらしい経験をすることができる。

代表作は、ホテルのロビーに設置されたダミアン・ハーストの「ゴールデンレジェンド」だ。パラダイスシティのメインエントランスを入ると、この黄金のペガサスが来場者を歓迎し、ロビーを通ってホテルの中心となる「ワウゾーン」に行くと草間彌生のカボチャのオブジェが視線を捕らえる。

 

데미안-허스트-(4)

와우-존-(3)

 

パラダイスシティ中央部であるワウゾーンは、特別な体験を提供する。天井に数千個のクリスタルで製作されたシャンデリアが視線を奪う。韓国の作家ユニット「ムィン」の作品「ユア・クリスタル」は、約6200個のクリスタルで製作された巨大なシャンデリアで、20分間隔でクリスタルが雨のように動き、ダイヤモンドを形作る。パラダイスシティの別名「宝石が踊る時間」であるこのショーを見た瞬間、カメラのシャッターを押すしかない。

ワウゾーンの周辺も楽しい。レストランへ向かう道では、ロバート・インディアナの有名なオブジェ「LOVE」が鑑賞でき、コンベンションに向かう廊下の突き当りにはハウメ・プレンサの巨大彫刻シリーズ、コンベンションメインロビーではアレッサンドロ・メンディーニの「パラダイスプルースト」に驚きを禁じえない。パラダイスプルーストは、メンディーニの世界最大のプルーストチェアで、まるで巨人の国に来たような錯覚を呼び起こす。

屋外にも見どころがいっぱいだ。パラダイスシティのランドマークである噴水施設には、チェ・ジョンファの「ゴールデンクラウン」が設置されて黄金色の噴水に出会える。また、チェスガーデンはいわゆる「SNS投稿用」の写真を撮るに最適な空間だ。巨大なチェス盤で恋人や家族と共に楽しいポーズを取ってフォトジェニックな思い出を作ることができる。4千個のステンレスで作られたスボード・グプタの「レイ」も愛されるフォトスポットの一つだ。他にも2700余点の作品がパラダイスシティに展示され、どこに行っても芸術的体験をすることができる。

美食家なら見逃せないパラダイスシティでのグルメ

旅行といえば欠かすことのできないのがグルメだ。パラダイスシティのあちこちをめぐりながら芸術作品を見てお腹が空いたらレストランに向かおう。パラダイスシティはミシュラン2つ星のレストランから最高級の食材と有名シェフたちが布陣した最高級のレストランが備えられており、美食体験を提供する。ワウゾーンからレストランに向かう広場を通る瞬間、どこに入ろうかと幸せな悩みに陥るのは間違いない。

パラダイスシティはイタリアン、中華、和食のファインカジュアルレストランと最高級ビュッフェ、ショーやカクテルを楽しむことができるエンターテインメントホール、ホテルの高級ラウンジ、スナックバーまでの7つの豪華レストランを揃えている。

中でも断然目を引くのはミシュラン2つ星の中華ファインダイニングレストラン「インペリアルトレジャー」だ。シンガポールマリーナベイ・サンズなどに出店して、すでに世界の味覚を捕らえている「インペリアル・トレジャー」が韓国で初めてパラダイスシティに入店し、美食家たちの関心を集めている。

 

파라다이스시티_서브03

 

イタリアンレストランのスカラに入ると、巨大なかまどが印象的だ。本格的なイタリアンスタイルで作るピザとパスタは、深い風味を持ち、イタリアのレストランにいるような錯覚を呼び起こす。ラウンジパラダイスのシグネチャーメニューであるジャンボバーガーは、大人2人が食べても充分なほどの大きさとボリュームたっぷりのパティが自慢だ。

忘れられないパラダイスシティの夜は、エンターテインメントホール「ルービック」とシャンパンバー「ペリエ・ジュエ」がぴったりだ。カクテルと共に、国内トップクラスのミュージシャンのライブミュージックパフォーマンスを鑑賞しながらパラダイスシティでの素敵な一日を終えることができる。

キッズゾーンからカジノまで、家族で楽しむ

子供連れのファミリー単位の訪問者にパラダイスシティは文字通り「楽園」だ。パラダイスシティ3階にはキッズゾーンとファミリーラウンジ、10ピンズ(ボウリング場)、ソニー・プレイステーションゾーン、室内外プールなど、様々なエンターテインメント施設が揃っている。

キッズゾーンに子供を預けて2~3時間ほどファミリーラウンジでお茶する余裕を持ってみてはいかがだろう。「地球」をテーマにしたキッズゾーンは、プロのヘルパーによる様々な体験プログラムを提供する。キッズゾーンの隣にある「10ピンズ(10 PINS)」は、家族全員が楽しむことができるボウリング場だ。特に、韓国初の子供のためのボウリング施設を備えており、子供たちも楽しくボウリングを体験できる。隣にある「ソニー・プレイステーションゾーン」は、子供だけでなく、大人も楽しめる空間で、VR仮想体験から最新のソニーのゲーム施設まで、ゲームマニアならぜひ遊んでみるべきスペースだ。

 

파라다이스시티_서브04

 

広々とした快適な施設を誇る室内外プールも目を引く。開けた空の上に仁川国際空港を飛び立った飛行機が行きかう様子は、一言で壮観だ。屋外プールの底には、熱線が敷かれており、利用客の利便性のために細心の配慮がなされている。これと共に、屋外カバナとサウナも完備しており、トレンドセッターが訪れるホットプレイスとして脚光を浴びるものと期待を集めている。

日常からの逸脱を夢見て華やかなギャンブルの世界をプレゼントするカジノもパラダイスシティならではの楽しみだ。パラダイスシティカジノは、最先端のシステムを備えた韓国最大のプレミアム外国人専用カジノだ。カジノ業界40年のノウハウを持つパラダイスグループの、コンセプトから運営スタイルまで最高価値をモットーにした力作だ。規模は総面積が1万5千㎡に及ぶ韓国最大規模。ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどのテーブルゲームが154台、スロットマシンは281台、カジノ内にダイニングショーなどの各種イベントが開かれる小型ステージ、レストランなども備え、従来のカジノ以上の楽しさを追求する。特にカジノの一部はVIPのためだけのスペースがあり、1~3人のゲームをする特別な部屋も用意されている。ホテル8~9階にはVIP専用ルームであるスカイカジノまで揃っており、パラダイスシティならではのカジノライフを満喫できる。

 

파라다이스시티_서브05

 

 

Information

パラダイスシティまでは仁川国際空港から磁気浮上列車がパラダイスシティ駅まで運行しているが、空港到着客の場合、仁川国際空港旅客ターミナル1階のバス乗り場の3Cまたは14C乗り場からパラダイスシティの無料シャトルバスを利用するのが最も便利だ。毎時15分間隔で、朝5時10分から夜11時10分まで運行している。宿泊はデラックスルーム平日基準275,000ウォンからパラダイスシティ公式サイトで予約することができ、シーズンやテーマ別のパッケージも豊富に提供される。カジノは外国人観光客限定の施設であり、利用時の国籍確認のためパスポートを所持し、24時間365日運営される。 | www.p-city.com

Pocket

関連する記事はこちら

베니키아

韓国旅行、低価格の「ベニキア」で楽しんでみる

-加盟ホテル44個へ拡大、外国人満足度「GOOD」   韓国の文化体育観光部と韓国観光公社が共同開発した中低価格観光ホテルチェーンブランドのベニキア(BENIKEA)が加盟ホテルを44個に拡大して韓国を代表するホテルチェーンとして人気を高めつつある。 ベニキアは最高の休息をプレゼ…続きを読む

ロワジール明洞

ロワジールホテル明洞オープン

ロワジールホテル明洞オープン 日本人観光客から人気の高いソウル・明洞。その明洞にある「ミリオレ明洞」が日本ソラーレホテル&リゾートグループの高級ホテルブランドである「ロワジールホテル明洞」として先月1月31日から営業を始めた。 このホテルは場所と人をつなぐコミュニティプレースをコ…続きを読む

logo_benikea-150x150

最高のリラックスと感動を贈るホテルチェーン、ベニキア(BENIKEA)

韓国旅行最高のリラックスと感動を贈るホテルチェーン ベニキア(BENIKEA)ブランドレポート    韓国地方旅行に行く時に、「どんなホテルを選ぼうか?」「高価な高級ホテルではなく、経済的でありながらも快適なホテルってある?」、「インターネットを通して簡単に予約でき、レビューまで…続きを読む

웨스틴조선호텔

ソウル ウェスティン朝鮮ホテル リノベーションに入る

-客室は2月14日から営業、5月中グランドオープン   世界100大ベストホテルに上るソウル ウェスティン朝鮮ホテル(写真)がリノベーション工事を理由に2月13日まで客室および全体営業所、駐車場を含んだホテル全施設の休館に入る。 今回のリノベーション工事は去年行った低層…続きを読む

nothumbnail

<インタビュー>「パラダイスホテル仁川」金泰星(キム・テソン)チーム長

ホテルに宿泊する最近の観光客の傾向は? パラダイスホテルは伝統的なホテルで、開港場およびチャイナタウンの近隣に位置しています。地下鉄1号線の終点の駅にあり、客室から海が見下ろせられることから、顧客が好むホテルの中の一つといえます。ホテル周囲に大企業の中心的工場があり、派生するプロ…続きを読む

7

特1級ホテルの 品格、シェラトングランデウォーカーヒル

特1級ホテルの 品格、シェラトングランデウォーカーヒル   緑に囲まれた高級感漂う特1級ホテルシェラトングランデウォーカーヒル。近くには漢江が流れ景色も最高の場所に位置しているホテルだ。客室からの絶景はホテルシェラトングランデウォーカーヒルの一番の特徴だ。ソウルの真ん中…続きを読む

ラマダホテル01

「太陽の末裔」の感動をリゾートホテルで満喫! ラマダ江原太白ホテル&リゾート

 韓国のみならず、日本でも熱風を巻き起こしているドラマ「太陽の末裔」。ソン・ジュンギとソン・ヘギョ、ジン・グとキム・ジウォンのカップルが極限の状況の中でドラマチックな愛を花咲かせ、視聴者の心の中にまで熱い感動を残した。このドラマの感動の舞台は江原道に位置する。劇中で架空の国「ウル…続きを読む

005

アットホームな雰囲気が人気のゲストハウス

長期滞在 一人滞在も気軽にできる boa house 今や日本人にとっての韓国旅行はまるで国内旅行を楽しむかのような気軽な旅となってい ます。韓流や韓国グルメにはまってしまった人は5回10回と韓国に足を運ぶリピーターも多いようです。旅なれた人はパッケージツアーに頼らず時間の空いた…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02