最高のリラックスと感動を贈るホテルチェーン、ベニキア(BENIKEA)

2014年06月06日

韓国旅行最高のリラックスと感動を贈るホテルチェーン

ベニキア(BENIKEA)ブランドレポート

logo_benikea
 
 韓国地方旅行に行く時に、「どんなホテルを選ぼうか?」「高価な高級ホテルではなく、経済的でありながらも快適なホテルってある?」、「インターネットを通して簡単に予約でき、レビューまでチェックすることができるホテルブランドはどこ?」、これらに対する答えは一つ。韓国観光公社が運営する韓国代表ホテルチェーンであるベニキアが、旅行者の悩みをすっきり解決してくれる準備をして待っている。韓国旅行に行く時、ベニキアさえ知っておけば、旅行の半分は成功したも同様だ。韓国旅行に大変便利な4大都市のベニキアホテルをコリアトラベルが厳選した。
文/李相直記者
 

ベニキアプレミア松島ブリッジホテル

仁川大橋の絶景を満喫、最高の設備と安い価格が魅力

 全壁面がガラスでできたように太陽の光がふんだんに差し込むホテル。内装はアイボリーで高級な雰囲気を醸し出し、エレベーターは黄金色に輝く。入口から特級ホテル並みの高級な雰囲気を醸し出すのが、2009年8月にオープンしたベニキアプレミア松島ブリッジホテルだ。
 仁川大橋の開通と共に設立されたホテルは、西海岸の夕日と松島新都市のすばらしい夜景を一望できる最上級のホテルだが、価格はソウルの普通のシティホテル程度。最高のホテルサービスをリーズナブルに楽しむことができ、仁川を訪れる旅行者に、またコストパフォーマンスに敏感な旅行者から愛され、多く利用されている。
 仁川大橋の絶景を満喫できるという噂のとおり、部屋に入って窓のカーテンを開けた瞬間、視界に飛び込んでくる景色がすばらしい。ホテルから5分の距離の中に仁川空港トランジットセンターであるトゥモローシティと、向かいには独特な形の北東アジアトレードタワー、そして長く続いた道路の途中には、仁川タワーまで位置する。
 ラウンジなどのホテル設備は6階にある。四方が開けたラウンジに加え、ランドリーやフィットネスルーム、ビジネスセンターなど多様な施設が集まっており、宿泊客なら誰でも快適に利用できる。小さな屋外公園は、涼しい潮風に吹かれながら、松島の絶景を楽しむことができる展望台の役割を果たしている。
 宿泊客のためのモーニングビュッフェも6階のラウンジで楽しめる。韓国料理から中華、和食、洋食に至るまで、朝には負担になるほど多様なメニューが登場するので格別な満足感を得ることができる。
 ベニキアホテルのうち、仁川空港から最も便利なアクセスもポイントだ。8100番空港リムジンバスを利用すれば、仁川大橋を経由してわずか25分でホテルと空港を行き来することができる。
 
benikea-songdo
 

ベニキアホテルプレス

ヨーロピアンスタイルの客室で、釜山広安大橋の夜景満喫

 韓国第2の都市であり、釜山港をはじめとする様々な観光スポットが点在する観光都市、釜山にある「ベニキアホテルプレス」。釜山地下鉄2号線南川駅から徒歩5分の距離に、釜山の名物の広安里ビーチまでわずか400メートルの距離という、釜山の感性を満喫するには最高のロケーションだ。
 ホテルはベニキア公式チェーンホテルであるだけに、ヨーロピアンスタイルの豪華な内装を誇る。ホテルの建物の規模は小さいが、ベニキア代表ブティックホテルという修飾語のごとく、大理石を基調としたモダンなスタイルでデザインされたロビーは、小さいながらも通常の特急ホテル以上の価値が感じられる。
 客室のタイプも豊富だ。スタンダードクラスのデラックスダブルをはじめ、韓国的情緒を加味したデラックスオンドル、そして最高の品格を持ったプレジデンシャルスイートまで、合わせて6種類のタイプが旅行者を待っている。経済的なホテルを探しているバックパッカーには、デラックスダブルルームがお勧め。キングサイズのダブルベッド1台があり、床面は強化床のオンドルになっており、洗練された感覚を与える。海側ではなく、市内を展望するため、オーシャンビューにこだわらない人なら最低価格で品格のある一夜が楽しめる。
 客室から釜山の海と名物の広安大橋を楽しみたいロマン派ならば、スイート級のロイヤルスイートやプレジデンシャルスイートをお勧めしたい。ロイヤルスイートはシングルベッド2台とキングサイズのダブルベッド1台のトリプルルームで、寝室が二つもある。プレジデンシャルスイートは、ミニワインバーカウンターまで用意されているが、何よりもどの部屋からも美しいダイヤモンドブリッジの夜景と広安里の海にが眺められる。
 全室共通のサービスも格別だ。全室に42インチの最新型液晶TVが設置されており、客室内に専用PCも、1部屋あたり2台ずつ備えられている。またホテル内ではWi‐Fi網が完備されており、追加料金なくインターネットが楽しめ、スマートホンの利用まで簡単だ。
 
benikea_pres
 

ベニキアホテル麗水

全羅南道旅行の拠点、麗水エキスポの舞台で海を満喫

 2012年、麗水万博が開催された地・麗水。「東洋のナポリ」と呼ばれる美しい海洋都市麗水の感性をそのまま伝えるホテルが「ベニキアホテル麗水」だ。ロビーは広くないが、旅行者に配慮したモダンなインテリアが目を引く。ロビーのすぐ隣には、モダンなカフェがコーヒーの香りで宿泊客を誘い、窓際に置かれた涼しげなラタン製のソファが洗練された雰囲気をかもし出す。
 ホテルの客室は4階から13階まで、全部で50室が用意されている。客室はタイプに応じて、オーシャンビューとシティビューに分けられる。お勧めの部屋は当然、麗水の海を一望するオーシャンビューだ。基本的な客室のスタンダード級を除くデラックスクラス以上の客室のほとんどがオーシャンビューとなっているが、スイートツインルーム(49㎡)が最も人気だ。
 名物はやはり客室からの眺めである。海側の壁面のほとんどがガラスになっており、まるで海の中に立っているような圧倒的な開放感を提供するため、客室からはもちろん、浴室からもオーシャンビューを楽しむことができ、バスルームに含まれるジャグジーでスパを楽しみながら夜の麗水の海を満喫するというほかではなかなか味わえない贅沢も享受できる。
 贅沢さはスイートルームだけの特権ではない。基本客室の利用客もベニキアホテル麗水であれば、広い空間が提供され、スタンダード級は最大45㎡、デラックスは42㎡で、スイートクラスの部屋と比べて部屋の広さの差がほとんどない。窮屈なシティホテルではなく、ゆったりとした空間のリゾートホテル気分が味わえる。
 ホテルのサービスも一流ホテル以上だ。ホテル内では、アイロン、ノートパソコン、変圧器などをレンタルでき、デスクでは、外国人旅行客のために、日本語と英語に堪能なスタッフが常駐してサービスを提供する。自由旅行客のために、島の観光のためのクルーズや釣りボートなどの当日手配サービスも提供されるので、ゆったりとした海の癒しの旅の舞台には最適だ。
 
benikea_yeosu
 
 

統営アンチョビーホテル

客室から統営の美しい港を望む「イワシ」ホテル

 慶尚南道の南端、美しい海に島々が点在し、海洋観光1番地と称される統営市に、「ベニキアアンチョビーホテル」という少し変わった名前のホテルがある。
 このホテルが位置するのは、港の一角だ。牡蠣をはじめとする魚介類を獲る漁船が並ぶ港の目の前にある。海から道一本しか隔ていないため、客室からの港の眺めが最高だ。海側の部屋と反対側の部屋があるが、海側の部屋が人気だ。
 このホテルの林明律(イム・ミョンリュル)代表は、30年間イワシの卸業をしている閑麗物産の代表でもある。林代表はこのホテルを命名するに当たって、印象に残るホテル名にしようと、この地域の名産品で自分の事業であるイワシをホテル名にすることにした。イワシの英語名である「アンチョビー」をホテル名にしたわけだ。イワシは名前だけではない。宿泊客にカタクチイワシを一袋サービスで提供しており、さらに忘れられない思い出となる。
 43室ある客室は、6種類に分けられる。最も基本的な部屋はスタンダードダブルで、市内を眺めるAタイプと海を眺められるBタイプがあるが、せっかく統営の港の前にあるので、海が見えるBタイプをお勧めしたい。自分で料理などをしたい人にはレジデンスルームが用意される。広い客室と炊事ができることが特徴だ。
 エクセレントスイートルームは、45坪の大きな客室で、高級なインテリアが特徴だ。客室で仕事ができる事務空間とキッチン、ヒノキの浴槽がある広い浴室まである贅沢なつくりだ。
 きれいに整えられた家具と、何よりも広さがうれしい。浴室のアメニティも基本的なものは揃っており、浴室ではなく部屋に洗面台があるのが便利だ。大型のLED TVが壁に掛けられ、客室内にパソコンはないが、全客室で無料Wi‐Fiが使えるのがうれしい。1階のロビーにはビジネスセンターがあり、無料でパソコンが利用できる。
 
benikea_anchovy
 
 

Information

ベニキアチェーンは、韓国政府文化体育観光部と韓国観光公社が共同開発した、経済性と利便性を兼ね備えたホテルチェーンのブランドで、5月現在46のホテルが加盟している韓国代表のホテルチェーン。予約は日本語、中国語、英語の4ヵ国語でサポートされているベニキア公式ホームページ(www.benikea.com)ですべてのベニキア加盟ホテルを簡単に予約することができ、季節や韓国内の主要イベントに合わせて、連泊者に追加1泊の無料宿泊を提供したり、ベニキアサイトの割引クーポンが提供されるなど、年間を通してイベントも盛りだくさんに行われる。
Pocket

関連する記事はこちら

ロワジール明洞

ロワジールホテル明洞オープン

ロワジールホテル明洞オープン 日本人観光客から人気の高いソウル・明洞。その明洞にある「ミリオレ明洞」が日本ソラーレホテル&リゾートグループの高級ホテルブランドである「ロワジールホテル明洞」として先月1月31日から営業を始めた。 このホテルは場所と人をつなぐコミュニティプレースをコ…続きを読む

5-2

韓国最高級プレミアム リゾート「アルペンシアリゾート」

韓国最高級プレミアム リゾート「アルペンシアリゾート」 四季を通した総合休養地であるアルペンシアリゾートは江原道大関嶺の澄み切った美しい自然を背景とした韓国最高・最大の高級リゾート。江原道内の主要観光名所と隣接していることはもちろん、海抜700mに位置し江原道が自慢する美しい自然…続きを読む

1-150x150

ロッテホテル済州「ハローキティ キャラクタールーム」リリース

ロッテホテル済州「ハローキティ キャラクタールーム」リリース -韓国で初めてオープン、廊下から客室の備品までキティで揃える 韓国の最南端に位置し、絶景の自然観光地として名高い済州道にあるロッテホテル済州が日本最大のキャラクター「サンリオ」と合作で世界的に子供と女性たちから大きな愛…続きを読む

호텔그레이스리_서울_메인

ホテルグレイスリーソウル8月31日開業、予約受付もスタート

藤田観光WHGグループとして海外初出店  藤田観光株式会社WHG事業グループ(本社:東京/最高業務執行責任者:北原昭)は、今年8月31日(金)に開業を予定している「ホテルグレイスリーソウル」の予約受付を自社ウェブサイトにて先行開始した。 藤田観光株式会社は「WHGホテルズ(ダブリ…続きを読む

1

特1級ホテルの堂々たる品格 シェラトングランデウォーカーヒル

緑に囲まれた高級感漂う特1級ホテルシェラトングランデウォーカーヒル。近くには漢江が流れ景色も最高の場所に位置しています。3階から11階までが本館となっており12階から17階までがクラブに、メインタワーからL字型に続いている地下街にはコンベンションセンターがあります。コンベンション…続きを読む

추천호텔1103

<今月のお勧めホテル>絶好のロケーションで欲張りスティ「サボイホテル」

今月のお勧めホテル>絶好のロケーションで欲張りスティ「サボイホテル」 -ソウルの真ん中で観光&ショッピング三昧 韓国旅行で日本人が行きたいスポットとして上げられるのはやはり明洞。ショッピングにグルメ、エステに汗蒸幕と何でも揃っているスペシャルな街、明洞。さらに日本人に大人気の韓国…続きを読む

호텔-마리나베이서울B

京仁アラベッキル展望「ホテルマリーナベイソウル」オープン

京仁アラベッキルが見えるすばらしい風景を誇る休息処「ホテルマリーナベイソウル」が9月11日にグランドオープンした。 4つ星ホテルのホテルマリーナベイソウルは漢江と黄海をつなぐ京仁アラベッキルに位置し、都心ビューとリバーサイドビューを同時に楽しむことができるのが特徴だ。すべての客室…続きを読む

1-1

仁川大橋の絶景を胸に抱く ベニキアプレミア松島ブリッジホテル

仁川大橋の絶景を胸に抱く ベニキアプレミア松島ブリッジホテル   2009年8月、松島に巨大な帆船模型のホテルが建てられた。 仁川大橋の開通と共に設立されたホテルは西海岸(ソヘアン)の夕焼けと松島新都市のずば抜けた夜景を眺望できる最上級のホテルだが、その宿泊料はソウル都心の平凡な…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02