〈新作映画〉「ロング・リブ・ザ・キング:木浦英雄」

2019年06月17日

영화_목포영웅_스틸_메인

市民の英雄となった暴力団のボス、
世の中を変える国会議員になる

영화_목포영웅_포스터現実には起こり難いことが起こった。巨大暴力組織のボスが、市民の英雄として称えられるどころか、国会議員選挙に出馬して、世の中を変えるために奮闘する。どん底の権力を持つ組織暴力団が政治権力を握る国会議員になって正義を叫ぶドラマチックな映画、それが「ロング・リブ・ザ・キング:木浦英雄」である。

映画の主人公は、木浦市の一軸を掌握している巨大組織のボスである「チャン・セチュル」(キム・レウォン)。チャン・セチュルはお金のためにはどんなことでも厭わないヤクザとして木浦の底辺から這い上がってきた。

そんなある日、チャン・セチュル一味はある再開発組合の地上げ屋として投入され、現場で再開発反対の市民団体で働く気の強い弁護士カン・ソヒョン(ウォン・ジナ)に出会い、組織暴力団のチャン・セチュルを少しも恐れずに平手打ちを食らわす彼女の迫力に一目惚れしてしまう。

平手打ちをされて心を入れ替えたチャン・セチュルは、彼女が望む「良い人」になることを決心する。ロールモデルを探す中で、暴力団のボス出身だが、善良な人になって新しい人生を送っている地域の市民活動家ファン・ボユン(チェ・ムソン)に出会い、彼を追いかけまわす。そんなある日、市内で起きたバス転落事故で危険を冒してまで運転手を救い出し、これがニュースになってチャン・セチュルは突然、木浦の英雄となる。

木浦英雄になって間もなく、彼のところに無所属で国会議員として出馬するという想像だにしなかったことが舞い込んだ。戸惑いながらも、自分自身と社会を変えたいという一心で、チャン・セチュルは国会議員選挙に出馬し、木浦市民の支持を訴える。

一方、木浦で3選を狙う現役国会議員であり検事出身の反対派チェ・マンスは、木浦英雄として称賛されているチャン・セチュルを目の敵にし、やがて高くなっていく支持率に危機感を感じたチェ・マンスは、チャン・セチュルの出馬を阻止するためにチャン・セチュルのライバル組織のボス、チョ・グァンチュン(チン・ソンギュ)と手を組んで陰謀を企てる。

 

영화_목포영웅_스틸1

 

映画「ロング・リブ・ザ・キング:木浦英雄」は、偶然の事件で市民の英雄になった巨大組織のボスのチャン・セチュルが国会議員選挙に出馬して、世界を変えるために展開するストーリーを描いた映画だ。累積アクセス数1億ビューの同名の漫画を原作にした作品で、日本でも公開されて好評を博した映画「犯罪都市」を演出したカン・ユンソン監督が引き受けて製作前から話題を集めた。

組織のボスが国会議員になるという設定はあまりにも非現実的だ。暴力団を素材にした点も観客には「また暴力団か?」という否定的な反応となりやすい。しかし、「ロング・リブ・ザ・キング:木浦英雄」は、これまでの暴力団映画の基本的な法則に忠実に従いながらも、キャラクターに集中して毛色の違う娯楽映画として作られた。

チャン・セチュルという組織のボスが一人の女性に出会っていい人になっていく過程を見せるドラマに集中しており、チャン・セチュルを変えたロマンスを主軸にしながら、コメディ、アクション、ドラマをまんべんなく加味した。

 

영화_목포영웅_스틸2

 

映画は、痛快なアクションに全羅道方言、ウィットに富んでおり、退屈する暇がない。映画の背景である木浦も現地ロケを通じて生き生きと描き出した。

俳優たちの熱演も引き立つ。キム・レウォンは、これまでのドラマで見せてきたロマンチックな姿ではない。アクション演技を完全にこなしながら強烈な印象を残した。

映画の9割を担当し、恋に落ちて目標に向かって愚直に進む姿、一人の女性に向けたロマンス、そして長い腕と長い脚を活用した快活なアクションまで。キム・レウォンは多彩な魅力を優れた演技で見せ付ける。

今回の映画でスクリーン初主演を務めたヒロインのウォン・ジナも無難な演技を見せた。主人公を妨害するライバル組織暴力団役のチン・ソンギュは、前作「犯罪都市」の時とは違う演技のトーンで悪役を消化した。

 

영화_목포영웅_스틸3

 

もう一つの楽しみとなるのが全羅道方言の演技だ。背景が木浦であるだけに、渋さを感じさせる方言がリアルで愉快だ。

漫画が原作であり、その内容もやはり漫画のようなありがちなストーリーではないかという懸念もあるが、最近の政治の現実と真の社会正義について考えさせる映画であるだけに、結末がかなり重いメッセージを与える。6月19日公開、15歳以上観覧可。

Pocket

関連する記事はこちら

マスター

新作映画「マスター」

  朴槿恵(パク・クネ)大統領の知人女性が国政に介入していたことが発覚したスキャンダルが韓国を大きく揺り動かしている。背後に多くの財閥がかかわっているこの事件は、今後も波紋を広げていくとは思うが、そのようなスキャンダラスな素材にタイミングを合わせた犯罪娯楽アクション映画…続きを読む

アンジェウク

俳優アン・ジェウク結婚「6月1日、新たに生まれる日」

 俳優のアン・ジェウク(44)とミュージカル俳優チェ・ヒョンジュ(33)が6月1日、ソウル中区奨忠洞にあるバンヤンツリーにて結婚式をあげる。 アン・ジェウクは3月31日、自身の公式サイトにて「結婚します。ついに結婚式の日付が決まりました。2015年6月1日。新たに生まれ変われる日…続きを読む

nothumbnail

ソンフン、映画「愛していますか?」主演キャスティング「純情バリスタに変身」

 俳優ソンフンが映画「愛していますか?」の主演にキャスティングされ、バリスタに変身する。映画「愛していますか?」は、時代が変わっても、人間本来の愛の心は変わらないという考えから出発した一本の少女漫画のようなファンタジーロマンスメロ映画で、「同感」(2000)や「バカ」(2007)…続きを読む

チャン・ドンゴン

チャン・ドンゴン、10月スパイ映画「VIP」主演確定

俳優チャン・ドンゴンが10月からスパイの世界に入る。最近、果敢な演技の変化を試みながら、新しい出演作に映画「VIP」を確定した。10月の撮影を控え、現在詰めの準備の真っ最中だ。 チャン・ドンゴンが主演する「VIP」は、北朝鮮の高位子弟が引き起こす事件を解決するための南北の情報戦を…続きを読む

아이콘_일본투어

「B. I脱退」アイコン、6人組で日本ツアー進行

 アイコンが6人体制で活動を続けることとなった。リーダーのB. Iが薬物使用疑惑によって脱退したアイコンは、ボビー、ジナン、ユニョン、ジュネ、ドンヒョク、チャヌの6人組で、7月に開始した日本ツアーを正常に消化する予定だと所属事務所であるYGエンターテイメント側が明らかにした。 ア…続きを読む

SM타운뮤지엄A

SMエンタアイドルファンの聖地、SMタウンミュージアム

五感で満喫するSMエンタアイドルファンの聖地 SMエンターテイメントが今年5月、ソウルのCOEXにオープンした韓流エンターテイメント体験空間である「SMタウンミュージアム」がK‐POPファンの新規スポットとして人気急上昇中だ。 「SMタウンミュージアム」は、SMの複合文化空間であ…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02