〈新作映画〉徳恵翁主

2016年09月21日

大韓帝国最後の皇女の人生に投影された悲しき朝鮮の歴史

徳恵翁主 朝鮮の最後の皇女「徳恵翁主」がホ・ジノ監督演出の映画で日の目を見ました。「こんな皇女がいたの?」と初めて知った人も多いかと思われます。主人公の名前は、李氏朝鮮の王・高宗と後宮の間で生まれた娘で、「李徳恵」。日韓の暗黒の時代の歴史の犠牲者となった女性を描いた映画です。

実は、同じ時期に、韓国では映画「仁川上陸作戦」もヒットし、「フィクションが加味された実話」を描いた歴史的な映画だっただけに、ちょうどこの終戦(韓国では「光復節」)の8月15日の時期に同じような映画が出たのも、韓国社会では意味のあるもののようでした。

朝鮮第26代王である高宗が、60歳を過ぎて授かった末娘・徳恵翁主は、権丕暎(クォン・ビヨン)作家の原作小説「徳恵翁主」でもすでに知られていますが、原作が徳恵翁主と娘の正恵にフォーカスが絞られているのに対し、映画では徳恵翁主をとりまくさまざまな登場人物の物語が興味深く描かれています。

俳優のキム・デミョンが演技した爆破シーンで登場した金奉国は日帝占領下に実存した独立運動家です。1919年、3・1独立運動に参加した彼は、その後も独立運動を続け、1926年に日本警察に逮捕された後、5年間の服役を終えましたが、監獄での疲労で3ヵ月後に亡くなりました。また、日本で徳恵翁主と結婚させられた日本皇族出身の旧対馬藩主・宗家の当主である宗武志も実存人物です。仲がよかったと伝えられていますが、この映画でも夫婦の仲よく描かれていました。他にも印象に残った登場人物が何人もいます。

この映画を観ると、やはり日韓関係や日本統治時代のことについて考えざるを得ません。この映画の背景となる当時の日本は、すべての韓国人を日本人化させる政策をとっていました。そのために韓国人の精神的な要であった王族と政略結婚を敢行したわけですが、その代表例が、徳恵翁主の結婚でした。徳恵翁主を日本人と強制的に政略結婚をさせたことに対し、韓国国民は憤慨したと伝えられています。

徳恵翁主

結婚後、娘・正恵を生んだものの彼女の結婚生活は長続きしませんでした。彼らの離婚については、日本人夫に関する同情論もあるようです。しかし、一国の翁主の立場から他の国に連れて行かれて、日本人と結婚すること自体が徳恵翁主にとっては恥辱だったのではないでしょうか。

歳月がたち、1945年の終戦後、祖国に帰りたかった徳恵翁主ですが、政治的負担を感じた韓国政府によって帰国を拒否されてしまいます。そしてやっと帰国できたのは終戦から17年後、日本に来たときから数えると38年後の1962年のことでした。

帰国の途に就くまでの徳恵翁主の姿は、家族を失い、娘も失い、自らの自尊心も失い、祖国からも見放された、どん底の状態でした。誰にも知られずに精神病院の独房にいた徳恵翁主を探し当てたキム・ジャンハン(朴ヘイル扮)。彼の目に映る徳恵翁主の姿は、なんとも情けなくつらい韓国の王族の悲劇を見るようです。

徳恵翁主

 

徳恵翁主

それとは逆に、入国拒否にあっている徳恵翁主の横を、親日派の韓澤秀が悠々と帰国の途につきます。実際に国を売りはらった人間ですが、その身分をうまく隠しながら、韓国に重要人物として受け入れられて帰国していくのです。もちろん、あの場面はフィクションでしょうが、社会に残る不条理を監督があのような場面を通して描こうとしたのはないかと思い思います。

徳恵翁主に関する歴史的資料はそれほど多くないため、知られていないことも多いようですが、徳恵翁主を独立運動に参加したように扱ったことを問題視している人もいるようです。それも映画として、実際実存した人物の数奇な人生をドラマチックに描いた映画として見る分には、面白い素材ではありました。

ただ、映画に登場した韓国民族の悽惨な姿は事実であり、監督はそれを感じてほしいという訴えになっていたと思います。監督が映画を見る観客に伝えようとするメッセージは、実際の事件の真偽ではなく、実は実際に苦しんでいる人たちがいるという事実であったのかなという思いがしました。

最後に、この映画を見ながら、「ラストエンペラー」が思い出されました。辛亥革命により、その地位を失った清の最後の皇帝「ブイ」が思い出されたのです。1908年、幼くして皇帝に即位した彼の波乱万丈の人生は、ある意味では徳恵翁主とほぼ同時代に生きた2国の王族の没落の果てを見せているかもしれません。景福宮を走り回る幼い徳恵翁主の姿はブイの姿と重なりました。きらびやかな王族の生活から、一気に悲運の主人公に変わってしまう切なさを両方の映画は語ってくれました。

また、最後まで渾身の演技で徳恵翁主を演じきったソン・イェジンの演技力は、本当に高評価をしたいし、大きな拍手を送りたいと思います。

文/小峰明記者

Pocket

関連する記事はこちら

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

영화_목포영웅_스틸_메인

〈新作映画〉「ロング・リブ・ザ・キング:木浦英雄」

市民の英雄となった暴力団のボス、 世の中を変える国会議員になる 現実には起こり難いことが起こった。巨大暴力組織のボスが、市民の英雄として称えられるどころか、国会議員選挙に出馬して、世の中を変えるために奮闘する。どん底の権力を持つ組織暴力団が政治権力を握る国会議員になって正義を叫ぶ…続きを読む

CLC

CLC、7人組初の日本ミニアルバム発売「元気なチアリーダーに変身」

 ガールグループCLCが7人組として再整備し、日本ミニアルバムを発表する。CLCは7月27日、日本で2枚目のミニアルバム「チャミスマ(Chamisma)」を発表する。今年4月、日本進出の信号弾となるミニアルバム「ハイヒール(High heels)」以来、約3ヵ月ぶりに発表されるC…続きを読む

防弾少年団

防弾少年団、日本最大の音楽フェスティバル「エイ・ネーション」初出演

 グループ防弾少年団がビッグバン、アイコンと共に日本最大の音楽フェスティバルの一つである「エイ・ネーション(a-nation)」に初出演する。防弾少年団は、8月28日、東京の味の素スタジアムで開催される「エイ・ネーション・スタジアムフェス(a-nation stadium fes…続きを読む

二十歳

映画「二十歳」

「一番恥ずかしい瞬間、僕らは一緒だった」 新作映画「二十歳」    映画「二十歳」(監督イ・ビョンホン、製作映画の木ピクチャーズ)は魅力あふれる二十歳の青年たちの姿を描いたコメディだ。一人はかっこいいが女好き、もう一人は生活力はあるが金は無し、そして最後の一人は勉強がで…続きを読む

マスター

新作映画「マスター」

  朴槿恵(パク・クネ)大統領の知人女性が国政に介入していたことが発覚したスキャンダルが韓国を大きく揺り動かしている。背後に多くの財閥がかかわっているこの事件は、今後も波紋を広げていくとは思うが、そのようなスキャンダラスな素材にタイミングを合わせた犯罪娯楽アクション映画…続きを読む

아이콘_일본투어

「B. I脱退」アイコン、6人組で日本ツアー進行

 アイコンが6人体制で活動を続けることとなった。リーダーのB. Iが薬物使用疑惑によって脱退したアイコンは、ボビー、ジナン、ユニョン、ジュネ、ドンヒョク、チャヌの6人組で、7月に開始した日本ツアーを正常に消化する予定だと所属事務所であるYGエンターテイメント側が明らかにした。 ア…続きを読む

이병헌_드라마_미스터선샤인

イ・ビョンホン、ドラマ「ミスターサンシャイン」で8年ぶりにTVドラマ出演

 俳優イ・ビョンホンが「太陽の末裔」(2016)、「鬼」(2017)など、大人気ドラマ作家であるキム・ウンスク作家の新作ドラマの主人公を務めることとなった。 製作会社ファエンダムピクチャーズ側はイ・ビョンホンがキム作家の次期ドラマ「ミスターサンシャイン」の出演を確定したと発表した…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence