「ナンバー1ミュージシャン」ボア、9枚目のアルバムでカムバック

2018年11月09日

보아_9집발매 ボア(BoA)が9枚目の正規アルバム「ウーマン(WOMAN)」を発売し、本格的なアーティストとしてカムバックした。9枚目のアルバムはタイトル曲の「ウーマン」をはじめ、ボアの自作曲4曲など、全10曲が収録され、ボアの多彩な音楽感性を込めたのが特徴だ。

9枚目のアルバムのタイトル曲「ウーマン」は、ボア自身が作詞したリズミカルなポップダンス曲で、有名な振付師カイルハナガミが振り付けを担当し、圧倒的なダンスパフォーマンスが魅力的な曲だ。ダブルタイトル曲の「腹いせに(Irreversible)」も、瞬間の感情で別れを迎えた恋人の話を現実的に表現した歌詞が引き立つボアの自作曲で、世界的な振付師ケネオ・マドリッド(Keone Madrid)と振付師のイ・スビンが参加した。

10月24日、iTunes、アップルミュージックなど、様々な音楽サイトで音源が一斉に公開され、タイトル曲「ウーマン」のミュージックビデオもユーチューブで公開されて話題だ。ブロンドの髪とショートカット、濃いメイク、強烈な衣装など、既存のボアとは異なる破格的な姿を演出した。

Pocket

関連する記事はこちら

영화리뷰_포스터

新作映画「僕の中のあいつ」

 いわゆる「パンシャトル(パシリ)」となって、同じクラスの友達にいじめられているドンヒョン(ジニョン扮)。不細工で食いしん坊、その上小心者の彼は、いつもいじめっ子の友人の餌になっている。 今日もいつものように建物の屋上で同じクラスの友だちにいじめられて、屋上から墜落する事故に遭っ…続きを読む

워너원_해체

グループ「ワナワン」が解体、メンバー11人が第2幕を準備

  プロデュース101を通してデビューしたグループ「ワナワン」のすべてのスケジュールが終わった。約1年6ヵ月の間、シンドローム級の人気を呼んで活動してきたワナワンは、今年1月24日から3日間、ソウル九老区の高尺スカイドームで最後のコンサートを開催した。公式の契約期間は昨…続きを読む

icon

アイコン、日コンサート 追加公演確定「熱い反応」

 グループ・アイコンが日本で大きな人気を集めて追加公演を開催することになった。YGエンターテイメントは、アイコンの2回目の日本アリーナツアー「アイコンジャパンツアー2016(iKON JAPAN TOUR 2016)」のチケット応募数が殺到し、10月26日東京国立代々木競技場第1…続きを読む

兄貴

新作映画「兄貴」

  失明した柔道国家代表と前科10犯の詐欺師の「ブロコメディー」  韓国映画界で「ブロコメディー」という言葉が話題になっている。聞きなれない言葉かもしれないが、映画「兄貴」を修飾する言葉と分かればピンと来る人もいるだろう。そう、男同士の近しい関係のことをいう「ブロマンス…続きを読む

샤이니_키_군입

シャイニーのキー、軍楽隊合格 「3月4日に軍入隊」

 グループ・シャイニーのキーが3月に軍隊に入隊する。SMエンターテイメントによると、キーは最近、軍楽隊に合格し、3月4日に現役で入隊する予定だ。これによってキーは、シャイニーのメンバーのうちで昨年12月に入隊したオンユに続いて2番目に軍服務をすることになった。 キーは入隊前まで活…続きを読む

박지성_홍보대사

「二つの心臓」パク・チソン、2018平昌広報大使として活動

 2002年韓日ワールドカップトップ4の主役、パク・チソンが2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会のために活躍する。組織委員会は、8月4日「イ・ヒボム組織委員長が午後、ソウル中区プレスセンターのナショナルプレスクラブにて、元国家代表サッカー選手のパク・チソンを広…続きを読む

マスター

新作映画「マスター」

  朴槿恵(パク・クネ)大統領の知人女性が国政に介入していたことが発覚したスキャンダルが韓国を大きく揺り動かしている。背後に多くの財閥がかかわっているこの事件は、今後も波紋を広げていくとは思うが、そのようなスキャンダラスな素材にタイミングを合わせた犯罪娯楽アクション映画…続きを読む

ビースト

「カムバック」ビースト、8つの韓国音源チャートで同時1位に

 5人組になって帰ってきたビースト(ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン)がオールキル神話を書き換えた。7月4日0時、各音源サイトを通じて公開されたビーストの3枚目の正規アルバムタイトル曲「リボン(Ribbon)」は、メロン、Mネット、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02