「K‐POP」の専門放送「パワーオブK」1月に日本で放映スタート

2017年11月10日

한류채널_파워오브케이 韓流の中心「K‐POP」をテーマにした音楽専門番組「Power of K」が、今年1月から日本国内のデジタルアドベンチャー系の衛星チャンネルKNTV、衛星チャンネルDATVに加え、1月に開局するインターネット放送チャンネル「Kchan! 韓流TV」の3つのチャンネルを通して放送される。

特にアイドルに重点を置いた従来の音楽プログラムとは異なり、ロック、ヒップホップ、フォーク、インディーズなど多様なジャンルのミュージシャンを紹介するだけでなく、新鮮な新人歌手を発掘するコーナーも企画し、日本のファンが応援することができ、日本での私の新しい韓流スターを発掘するプログラムとして展開する予定だ。

最初の録画は、11月13日、ソウル往十里ディノチェコンベンションで公開録画形式で行われる。演出はCJ E&Mで「MAMA」、「K‐CON」、「Mカウントダウン」などを演出実力を認められたイ・ウングPDが直接引き受ける予定だ。メインMCも確定し、ブロックビーのユグォン、モンスターXのショヌ、モモランドのナンシーの3人が進行する。

Pocket

関連する記事はこちら

박지성_홍보대사

「二つの心臓」パク・チソン、2018平昌広報大使として活動

 2002年韓日ワールドカップトップ4の主役、パク・チソンが2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会のために活躍する。組織委員会は、8月4日「イ・ヒボム組織委員長が午後、ソウル中区プレスセンターのナショナルプレスクラブにて、元国家代表サッカー選手のパク・チソンを広…続きを読む

샤이니_종현_영정

「永遠の27歳」シャイニーのメンバー故ジョンヒョン涙の告別式

 シャイニーのジョンヒョン(27/本名:キム・ジョンヒョン)の告別式が21日、ソウル峨山病院葬儀場で遺族と同僚歌手たちの涙の中で行われた。 この日の午前8時、遺族とSMエンターテイメントの同僚、知人が参加する中、キリスト教の礼式で告別式が開かれた。続いて8時51分、故人が眠る棺が…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

송민호_솔로앨범

ウィナーのソン・ミンホ、11月26日にデビュー、初ソロアルバム「XX」発売

 グループ「ウィナー」のソン・ミンホが11月26日にデビュー初ソロ正規アルバムを発売する。所属事務所YGエンターテイメントは公式ブログを通じてソン・ミンホの初めてのソロアルバム「XX」発売日が11月26日と発表した。 YGエンターテイメント側は「現在のウィナーが11月中にシンガポ…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

준케이_일본앨범

2PM JUN. K、日本全国ツアー開催決定

 グループ2PMのJUN. Kが日本で新しいアルバムを発売して全国ツアーを開催する。JUN. Kの所属事務所JYPエンターテイメント(以下、JYP)は最近、2PMの日本公式ホームページとSNSチャネルを通してJUN. Kが3月21日、日本での4枚目のミニアルバム「ノータイム(NO…続きを読む

2018AAA어워드(공식포스터)

2018 AAA、「BTS、トゥワイス、イ・ビョンホンなど韓流スターが集結」

 全世界を輝かせたアジアのトップアーティストが集う「2018アジア・アーティスト・アワーズ(2018 AAA)」が来る11月28日に開幕を確定した。今年で3回目を迎える「2018 AAA」は、世界初の歌手・俳優統合授賞式で、一年で最も輝いたスターが一堂に会するアジア代表カルチャー…続きを読む

재중_파라다이스시티_홍보대사

JYJキム・ジェジュン、パラダイスシティの広報大使委嘱

 韓流スターのキム・ジェジュンが6月25日、仁川永宗島に位置する北東アジア初の複合リゾート「パラダイスシティ」の広報大使に委嘱された。パラダイスシティは4月にオープンした国内初の複合リゾート。パラダイスグループはキム・ジェジュンが日本などアジア圏はもちろん、世界的にファンが多い代…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02