キム・ユンソク×ピョン・ヨハン「あなた、そこにいてくれますか」10月に日本で上映

2017年07月12日

당신거기있어줄래요_일본개봉 キム・ユンソクとピョン・ヨハンが主演となった映画「あなた、そこにいてくれますか」が10月、日本公開を確定した。「あなた、そこにいてくれますか」は、人気作家ギヨーム ・ミュッソのベストセラーの同名原作を映画化したもので、過去に戻ることができる10個の錠剤を得た男が、30年前の自分と出会い、一生後悔していた過去の出来事を変えようとするストーリーだ。

韓国では昨年12月に公開当時、別途の広報活動なしに小規模で封切りしたにもかかわらず、120万人の観客を動員したのはもちろん、評論家やメディアを通じて作品性を高く評価された。

映画は、世界30ヵ国のベストセラー1位を記録したギヨーム・ミュッソの同名小説を、全世界で初めて映画化したもので、「チェイサー」などを通じて、日本でも名前知られる韓国映画界を代表する俳優キム・ユンソクとドラマ「ミセン~未生~」によって高い演技力が認められたピョン・ヨハンが30年前の自分と現在の自分の主人公「スヒョン」の2人1役を演じる。上映日程は、10月14日から東京ヒューマントラストシネマ渋谷など日本全域で公開される予定だ。

Pocket

関連する記事はこちら

月の恋人

イ・ジュンギ、IU主演新作ドラマ「月の恋人-歩歩驚心:麗」8月スタート

 イ・ジュンギ、IU(アイユー)、カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ナム・ジュヒョク、べクヒョン(EXO)、ジス主演のSBS新ドラマ「月の恋人-歩歩驚心:麗」(脚本 チョ・ユニョン、演出 キム・ギュテ)がティーザーポスターを公開した。 「月の恋人-歩歩驚心:麗」は中国の小説を原作…続きを読む

강동원_헐리우드진출

カン・ドンウォン、ハリウッド映画「津波LA」主演「期待が大きい」

 俳優カン・ドンウォン(36)が、米国の災害映画「津波LA(Tsunami LA)」の主人公にキャスティングされた。映画配給会社ハンニバルクラシック側は「カン・ドンウォンは最近、米国LAで監督をはじめとする製作陣と会い、出演を確定した」と明らかにした。カン・ドンウォンが海外作品主…続きを読む

박보검_한국관광의별

パク・ボゴム、韓流寄与で2017「韓国観光の星」選定

 俳優のパク・ボゴムが韓国観光の星に選ばれた。文化体育観光部と韓国観光公社は12月12日、ソウルのロッテホテル2階エメラルドホールで「2017韓国観光の星」の授賞式を行い、パク・ボゴム(特別分野功労者部門)をはじめとする最終受賞作13作品を発表した。 パク・ボゴムは「応答せよ19…続きを読む

2018AAA어워드(공식포스터)

2018 AAA、「BTS、トゥワイス、イ・ビョンホンなど韓流スターが集結」

 全世界を輝かせたアジアのトップアーティストが集う「2018アジア・アーティスト・アワーズ(2018 AAA)」が来る11月28日に開幕を確定した。今年で3回目を迎える「2018 AAA」は、世界初の歌手・俳優統合授賞式で、一年で最も輝いたスターが一堂に会するアジア代表カルチャー…続きを読む

이병헌_드라마_미스터선샤인

イ・ビョンホン、ドラマ「ミスターサンシャイン」で8年ぶりにTVドラマ出演

 俳優イ・ビョンホンが「太陽の末裔」(2016)、「鬼」(2017)など、大人気ドラマ作家であるキム・ウンスク作家の新作ドラマの主人公を務めることとなった。 製作会社ファエンダムピクチャーズ側はイ・ビョンホンがキム作家の次期ドラマ「ミスターサンシャイン」の出演を確定したと発表した…続きを読む

CLC

CLC、7人組初の日本ミニアルバム発売「元気なチアリーダーに変身」

 ガールグループCLCが7人組として再整備し、日本ミニアルバムを発表する。CLCは7月27日、日本で2枚目のミニアルバム「チャミスマ(Chamisma)」を発表する。今年4月、日本進出の信号弾となるミニアルバム「ハイヒール(High heels)」以来、約3ヵ月ぶりに発表されるC…続きを読む

兄貴

新作映画「兄貴」

  失明した柔道国家代表と前科10犯の詐欺師の「ブロコメディー」  韓国映画界で「ブロコメディー」という言葉が話題になっている。聞きなれない言葉かもしれないが、映画「兄貴」を修飾する言葉と分かればピンと来る人もいるだろう。そう、男同士の近しい関係のことをいう「ブロマンス…続きを読む

러블리즈_일본콘서트

ラブリーズ、8月5日、日初の単独コンサート開催

 ラブリーズが日本で初の海外単独コンサートを開催する。所属事務所のウルルムエンターテイメントによると、ラブリーズは来月8月5日から6日の両日、日本ジェフ東京で初の単独コンサート「2017 LOVELYZ CONCERT Alwayz in JAPAN」でファンと出会う。 特に7月…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02