スーパージュニア、ソウルアンコールコンサート「スーパーショー7S」開催

2019年02月26日

슈퍼주니어_콘서트 スーパージュニアが3月、ソウルアンコールコンサートを開催する。スーパージュニアは3月2〜3日の両日、ソウルオリンピック公園KSPOドーム(旧体操競技場)で単独コンサート「SUPER JUNIOR WORLD TOUR SUPER SHOW 7S」を開催、メンバーのシンドン、ウニョクのアップグレードされた演出によってクオリティの高い公演を披露する予定で関心が集まっている。

特に今回のコンサートでは、「スーパーショー7」グローバルツアー中に地域ごとに1編ずつ公開され、観客の好奇心を刺激したシリーズ映像「SUPERZ」が最終回を控えており、他にもメンバーたちの個性が引き立つ個人ステージ、8枚目のリパッケージアルバム「REPLAY」、スペシャルミニアルバム「One More Time」の収録曲の舞台まで、「スーパーショー7S」だけのための差別化されたセットリストに出会うことができ、熱い反応が期待される。

「スーパーショー7S」のチケットは、韓国内のインターネット予約サイトのイエス24を通して、1月31日午後8時にファンクラブの先行予約、2月7日午後8時に一般予約の順にオープンし、スーパージュニア公式ファンクラブELF(エルフ)は関心事ベースのコミュニティアプリケーション「Lysn(リスン)」を通して加入できる。

スーパージュニアの独歩的なコンサートブランド「スーパーショー」は、全世界の音楽ファンに愛される中で、昨年12月に累積観客数200万人を突破する快挙を成し遂げた。

Pocket

関連する記事はこちら

防弾少年団

防弾少年団、日本最大の音楽フェスティバル「エイ・ネーション」初出演

 グループ防弾少年団がビッグバン、アイコンと共に日本最大の音楽フェスティバルの一つである「エイ・ネーション(a-nation)」に初出演する。防弾少年団は、8月28日、東京の味の素スタジアムで開催される「エイ・ネーション・スタジアムフェス(a-nation stadium fes…続きを読む

영화리뷰_메인

新作映画「神と共に‐罪と罰」

楽しさと感動を兼ね備えた地獄の旅 見たことのないあの世の世界が目の前に   人は皆、死ぬ。しかし死後の世界、あの世のことは誰も知らない。韓国最大のポータルサイトであるネイバーで連載されたチュ・ホミン作家のウェプトゥーン「神と共に」は、仏教信仰に語り継がれていた韓国の地獄…続きを読む

이마트_SM엔터_콜라보

Eマート+SM、コラボ夏休み弁当を発売

 韓国の大型マートであるEマートが夏休みシーズンを迎え、SMエンターテイメントと共同でピクニック弁当6種を披露する。今回の商品はEXO韓食弁当(1万5千ウォン)、EXOブリット弁当(7千ウォン)、シャイニーチキンカレー丼(8千ウォン)、シャイニーラタトゥイユ丼(8千ウォン)、レッ…続きを読む

ビースト

「カムバック」ビースト、8つの韓国音源チャートで同時1位に

 5人組になって帰ってきたビースト(ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン)がオールキル神話を書き換えた。7月4日0時、各音源サイトを通じて公開されたビーストの3枚目の正規アルバムタイトル曲「リボン(Ribbon)」は、メロン、Mネット、…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

방탄소년단_컴백

防弾少年団、新譜「マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ」発売

 防弾少年団がニューアルバムでカムバックする。所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは「防弾少年団が4月12日、『マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ』を発売する」と発表した。昨年8月に発売した「ラブ・ユア・セルフ結アンサー」(LOVE YOURSELF 結 Answer)以来…続きを読む

챔피언_스틸-(1)

新作映画「チャンピオン」

夢へと向かう腕相撲チャンピオンの大勝負 「チャンピオン」     学生時代を過ごした男性なら一度くらいは誰でも挑戦した勝負がある。それが腕相撲だ。幼年時代、教室の一角でわずか数十秒で倒す側と倒される側の決着がつくこの勝負は、月日が過ぎても変わらない男のロマンが…続きを読む

徳恵翁主

〈新作映画〉徳恵翁主

大韓帝国最後の皇女の人生に投影された悲しき朝鮮の歴史  朝鮮の最後の皇女「徳恵翁主」がホ・ジノ監督演出の映画で日の目を見ました。「こんな皇女がいたの?」と初めて知った人も多いかと思われます。主人公の名前は、李氏朝鮮の王・高宗と後宮の間で生まれた娘で、「李徳恵」。日韓の暗黒の時代の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02