スーパージュニア、ソウルアンコールコンサート「スーパーショー7S」開催

2019年02月26日

슈퍼주니어_콘서트 スーパージュニアが3月、ソウルアンコールコンサートを開催する。スーパージュニアは3月2〜3日の両日、ソウルオリンピック公園KSPOドーム(旧体操競技場)で単独コンサート「SUPER JUNIOR WORLD TOUR SUPER SHOW 7S」を開催、メンバーのシンドン、ウニョクのアップグレードされた演出によってクオリティの高い公演を披露する予定で関心が集まっている。

特に今回のコンサートでは、「スーパーショー7」グローバルツアー中に地域ごとに1編ずつ公開され、観客の好奇心を刺激したシリーズ映像「SUPERZ」が最終回を控えており、他にもメンバーたちの個性が引き立つ個人ステージ、8枚目のリパッケージアルバム「REPLAY」、スペシャルミニアルバム「One More Time」の収録曲の舞台まで、「スーパーショー7S」だけのための差別化されたセットリストに出会うことができ、熱い反応が期待される。

「スーパーショー7S」のチケットは、韓国内のインターネット予約サイトのイエス24を通して、1月31日午後8時にファンクラブの先行予約、2月7日午後8時に一般予約の順にオープンし、スーパージュニア公式ファンクラブELF(エルフ)は関心事ベースのコミュニティアプリケーション「Lysn(リスン)」を通して加入できる。

スーパージュニアの独歩的なコンサートブランド「スーパーショー」は、全世界の音楽ファンに愛される中で、昨年12月に累積観客数200万人を突破する快挙を成し遂げた。

Pocket

関連する記事はこちら

아이즈원_데뷔

アイズワン「ラビアンローズ」でK‐POP界デビュー宣言

 エムネット「プロデュース48」で誕生した期間限定の超大型ガールズグループ「アイズワン(IZ * ONE)がデビュー曲「ラビアンローズ」で魅惑的なK‐POP歌謡界デビューを宣言した。アイズワンは10月29日、主要オンライン音源サイトを通じて初のミニアルバム「カラーライズ」(COL…続きを読む

박지성_홍보대사

「二つの心臓」パク・チソン、2018平昌広報大使として活動

 2002年韓日ワールドカップトップ4の主役、パク・チソンが2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会のために活躍する。組織委員会は、8月4日「イ・ヒボム組織委員長が午後、ソウル中区プレスセンターのナショナルプレスクラブにて、元国家代表サッカー選手のパク・チソンを広…続きを読む

nothumbnail

ソンフン、映画「愛していますか?」主演キャスティング「純情バリスタに変身」

 俳優ソンフンが映画「愛していますか?」の主演にキャスティングされ、バリスタに変身する。映画「愛していますか?」は、時代が変わっても、人間本来の愛の心は変わらないという考えから出発した一本の少女漫画のようなファンタジーロマンスメロ映画で、「同感」(2000)や「バカ」(2007)…続きを読む

ドラマ「鬼」

tvNドラマ「鬼」、日本で3月17日放送開始

  昨年12月から1月まで放送され、韓国国内でブームを起こしたケーブルチャンネルtvNのドラマ「鬼」が日本のMネットジャパンを通して3月17日に初放送される。 放送は2月18日1回分を先行公開し、3月17日から毎週金曜日の字幕サービスにて正式に放送を開始する予定だ。日本…続きを読む

2018AAA어워드(공식포스터)

2018 AAA、「BTS、トゥワイス、イ・ビョンホンなど韓流スターが集結」

 全世界を輝かせたアジアのトップアーティストが集う「2018アジア・アーティスト・アワーズ(2018 AAA)」が来る11月28日に開幕を確定した。今年で3回目を迎える「2018 AAA」は、世界初の歌手・俳優統合授賞式で、一年で最も輝いたスターが一堂に会するアジア代表カルチャー…続きを読む

今日の恋愛00

映画「今日の恋愛」

18年間進展のない二人 その関係は、恋愛? 友情? 「今日の恋愛」   相手が求めるまま、全て叶えてあげるのにもかかわらず、100日も経たないうちにいつもガールフレンドから振られてしまう、小学校教師のジュンス(イ・スンギ)。ジュンスにとって、女心は永遠に解けない宿題だ。…続きを読む

챔피언_스틸-(1)

新作映画「チャンピオン」

夢へと向かう腕相撲チャンピオンの大勝負 「チャンピオン」     学生時代を過ごした男性なら一度くらいは誰でも挑戦した勝負がある。それが腕相撲だ。幼年時代、教室の一角でわずか数十秒で倒す側と倒される側の決着がつくこの勝負は、月日が過ぎても変わらない男のロマンが…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02