チェ・ジウ、「キャリアを引く女」で ドラマカムバック

2016年09月21日

チェ・ジウ 俳優チェ・ジウが「キャリアを引く女」の主人公にキャスティングを確定し、TVドラマを通じて視聴者を訪ねる。

MBCは、公式報道資料を通じて「9月放送される月火ドラマ『キャリアを引く女』の主人公にチェ・ジウがキャスティングされた」と明らかにした。

「キャリアを引く女」は、魅力的で有能な事務長がパパラッチメディアの代表に出会い、試練の末に自分の夢と愛を探していくミステリー法廷ロマンスだ。

チェ・ジウは劇中でチャ・クムジュ役​​を演じ、飛ぶ鳥を落とす勢いだった弁護士事務所の事務長の立場から、陰謀に巻き込まれて一日にして墜落し、再び立ち上がる姿を描く予定だ。

MBCの関係者は「法廷が中心となった硬い法廷ドラマではなく、政財界や芸能界、社会問題、パパラッチメディア、法曹界周辺の普通の人の話まで交わった内容が扱われる。また、経歴が断絶して試練を経験した女性が主人公の、夢を実現していく内容が、法曹界の周りを背景にした暖かく感性的なロマンスに発展しながらストーリーが展開していく予定」としながら「期待して欲しい」と付け加えた。

「キャリアを引く女」は、現在放送中の「モンスター」の後続で、9月下旬に放送予定だ。

Pocket

関連する記事はこちら

icon

アイコン、日コンサート 追加公演確定「熱い反応」

 グループ・アイコンが日本で大きな人気を集めて追加公演を開催することになった。YGエンターテイメントは、アイコンの2回目の日本アリーナツアー「アイコンジャパンツアー2016(iKON JAPAN TOUR 2016)」のチケット応募数が殺到し、10月26日東京国立代々木競技場第1…続きを読む

今日の恋愛00

映画「今日の恋愛」

18年間進展のない二人 その関係は、恋愛? 友情? 「今日の恋愛」   相手が求めるまま、全て叶えてあげるのにもかかわらず、100日も経たないうちにいつもガールフレンドから振られてしまう、小学校教師のジュンス(イ・スンギ)。ジュンスにとって、女心は永遠に解けない宿題だ。…続きを読む

ドラマ「鬼」

tvNドラマ「鬼」、日本で3月17日放送開始

  昨年12月から1月まで放送され、韓国国内でブームを起こしたケーブルチャンネルtvNのドラマ「鬼」が日本のMネットジャパンを通して3月17日に初放送される。 放送は2月18日1回分を先行公開し、3月17日から毎週金曜日の字幕サービスにて正式に放送を開始する予定だ。日本…続きを読む

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

俳優ソン・イエジン

〈Star Interview〉 俳優 ソン・イェジン

「大韓帝国最後の皇女『徳恵翁主』の キャラクターにはまってしまいました」 俳優ソン・イェジンは映画「徳恵翁主」(監督ホ・ジノ)を通して初めて、実在の人物の演技に挑戦した。ソン・イェジンが演じた徳恵翁主は高宗の金枝玉葉の娘であり、朝鮮の最後の皇女である。高宗の崩御後の13歳になった…続きを読む

師任堂‐光の日記

イ・ヨンエ、ソン・スンホン主演 「師任堂‐光の日記」、1月26日初回放送

 歴代級の逸品ドラマの誕生を予告している「師任堂(サイムダン)」が1月26日、SBS‐TVを通じて初回放送でお茶の間を訪ねる。SBSドラマ「師任堂 – 光の日記」は、完全事前製作ドラマとして昨年5月に撮影を終え、昨年末まで作品の完成度を高めるために後半作業を進め、SB…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02