チェ・ジウ、「キャリアを引く女」で ドラマカムバック

2016年09月21日

チェ・ジウ 俳優チェ・ジウが「キャリアを引く女」の主人公にキャスティングを確定し、TVドラマを通じて視聴者を訪ねる。

MBCは、公式報道資料を通じて「9月放送される月火ドラマ『キャリアを引く女』の主人公にチェ・ジウがキャスティングされた」と明らかにした。

「キャリアを引く女」は、魅力的で有能な事務長がパパラッチメディアの代表に出会い、試練の末に自分の夢と愛を探していくミステリー法廷ロマンスだ。

チェ・ジウは劇中でチャ・クムジュ役​​を演じ、飛ぶ鳥を落とす勢いだった弁護士事務所の事務長の立場から、陰謀に巻き込まれて一日にして墜落し、再び立ち上がる姿を描く予定だ。

MBCの関係者は「法廷が中心となった硬い法廷ドラマではなく、政財界や芸能界、社会問題、パパラッチメディア、法曹界周辺の普通の人の話まで交わった内容が扱われる。また、経歴が断絶して試練を経験した女性が主人公の、夢を実現していく内容が、法曹界の周りを背景にした暖かく感性的なロマンスに発展しながらストーリーが展開していく予定」としながら「期待して欲しい」と付け加えた。

「キャリアを引く女」は、現在放送中の「モンスター」の後続で、9月下旬に放送予定だ。

Pocket

関連する記事はこちら

손호준_일본팬미팅

ソン・ホジュン、「告白夫婦」日本放送前に初の日本ファンミーティング開催

 俳優ソン・ホジュンが生涯初めての日本ファンミーティングを開催する。所属事務所YGエンターテイメントによると、ソン・ホジュンは、2018年2月4日、日本東京で単独ファンミーティングを開催する。2018年2月に「告白夫婦」日本放送を控えて設けられたファンとの最初の出会いであり、その…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

남한산성_스틸1

映画「南漢山城」

屈辱の歴史に向き合った二人の臣下、真の忠臣は誰だ?    仁祖(インジョ)14年(1636年)「丙子胡乱」。恥辱的な歴史を扱った映画「南漢山城」は、悲しみ、悲哀、空腹、寒さに満ちている。青みがかった画面に姿を現す寒々とした雪のように心が寒くなる、王と大臣、民の顔は、まる…続きを読む

BoA

BoA、今年5月に日コンサート開催

 歌手BoAが、3年ぶりに日本コンサートツアーを開始する。BoAの日本公式サイトによると、ボアは今年5月に東京公演を皮切りに計8回の「BoA THE LIVE in Billboard Live」ツアーを開催する。 BoAの最近の日本単独コンサートは、2014年9月に東京など4都…続きを読む

세종학당_홍보대사

世宗学堂の広報大使に国民俳優アン・ソンギ&ガールグループ・レッドベルベット

 韓国の国民俳優アン・ソンギとSMエンターテイメント所属ガールグループのレッドベルベットが海外に対する韓国語と韓国文化の普及代表機関である「世宗学堂」の広報大使に委嘱された。 文化体育観光部と世宗学堂財団は「世宗学堂設立10周年記念行事」を10月23日、ソウル龍山区ブルースクエア…続きを読む

nothumbnail

ソンフン、映画「愛していますか?」主演キャスティング「純情バリスタに変身」

 俳優ソンフンが映画「愛していますか?」の主演にキャスティングされ、バリスタに変身する。映画「愛していますか?」は、時代が変わっても、人間本来の愛の心は変わらないという考えから出発した一本の少女漫画のようなファンタジーロマンスメロ映画で、「同感」(2000)や「バカ」(2007)…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02