チャン・ドンゴン、10月スパイ映画「VIP」主演確定

2016年09月21日

チャン・ドンゴン

俳優チャン・ドンゴンが10月からスパイの世界に入る。最近、果敢な演技の変化を試みながら、新しい出演作に映画「VIP」を確定した。10月の撮影を控え、現在詰めの準備の真っ最中だ。
チャン・ドンゴンが主演する「VIP」は、北朝鮮の高位子弟が引き起こす事件を解決するための南北の情報戦を描いた映画だ。すでに「新世界」や「大虎」で実力を認められたパク・フンジョン監督の新作で、しっかりとしたストーリーによって映画界の視線を集めた作品でもある。
チャン・ドンゴンは、パク・フンジョン監督から一番最初に出演の提案を受けた。製作陣も主演俳優キャスティングを進行しながら、長い間、チャン・ドンゴンに向けた「求愛作戦」を繰り広げた末に、出会いが実現されたことが分かった。
チャン・ドンゴンは、「VIP」への参加を通じて、自分の活動の幅をさらに広げる。映画には、チャン・ドンゴンをはじめ、パク・ヒスン、イ・ジョンソクも出演を確定した状況。ここに、最近、韓国映画に積極的な投資を行っているワーナー・ブラザーズ・コリアが投資配給会社として参加する。また、パク・フンジョン監督が最近設立した映画会社「金月(クムォル)」の創立作でもある。それだけ、俳優はもちろん、制作スタッフまで意欲を見せている。
相次ぐチャン・ドンゴンの演技の変化も期待感を高める。先に今年5月、映画「7年の夜」の撮影を終えたチャン・ドンゴンは、初めて悪役を引き受けて、観客との出会いを準備している。

Pocket

関連する記事はこちら

exo

「6人グループで出撃」インフィニット、1月8日にカムバック確定

 グループ・インフィニット(INFINITE)が1年4ヵ月ぶりにファンのもとへ帰ってくる。所属事務所のウルリムエンターテイメントは公式SNSを通してインフィニットのメンバー6人(キム・ソンギュ、チャン・ドンウ、ナム・ウヒョン、イ・ソンヨル、エル、イ・ソンジョン)の新しいアルバム団…続きを読む

未生

韓国ミリオンセラーコミック「未生」、翻訳版を発売

 囲碁が人生の全てだったという主人公がプロ入団に失敗した後、大手商社に契約職のインターンとして入って冷酷な現実を経験し、韓国内の大規模な社会的共感とイシューを巻き起こして、ドラマも大ヒットを記録した原作漫画「未生」が講談社から「未生 – ミセン」というタイトルで正式翻…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

아이즈원_데뷔

アイズワン「ラビアンローズ」でK‐POP界デビュー宣言

 エムネット「プロデュース48」で誕生した期間限定の超大型ガールズグループ「アイズワン(IZ * ONE)がデビュー曲「ラビアンローズ」で魅惑的なK‐POP歌謡界デビューを宣言した。アイズワンは10月29日、主要オンライン音源サイトを通じて初のミニアルバム「カラーライズ」(COL…続きを読む

マスター

新作映画「マスター」

  朴槿恵(パク・クネ)大統領の知人女性が国政に介入していたことが発覚したスキャンダルが韓国を大きく揺り動かしている。背後に多くの財閥がかかわっているこの事件は、今後も波紋を広げていくとは思うが、そのようなスキャンダラスな素材にタイミングを合わせた犯罪娯楽アクション映画…続きを読む

BoA

BoA、今年5月に日コンサート開催

 歌手BoAが、3年ぶりに日本コンサートツアーを開始する。BoAの日本公式サイトによると、ボアは今年5月に東京公演を皮切りに計8回の「BoA THE LIVE in Billboard Live」ツアーを開催する。 BoAの最近の日本単独コンサートは、2014年9月に東京など4都…続きを読む

二十歳

映画「二十歳」

「一番恥ずかしい瞬間、僕らは一緒だった」 新作映画「二十歳」    映画「二十歳」(監督イ・ビョンホン、製作映画の木ピクチャーズ)は魅力あふれる二十歳の青年たちの姿を描いたコメディだ。一人はかっこいいが女好き、もう一人は生活力はあるが金は無し、そして最後の一人は勉強がで…続きを読む

박보검_한국관광의별

パク・ボゴム、韓流寄与で2017「韓国観光の星」選定

 俳優のパク・ボゴムが韓国観光の星に選ばれた。文化体育観光部と韓国観光公社は12月12日、ソウルのロッテホテル2階エメラルドホールで「2017韓国観光の星」の授賞式を行い、パク・ボゴム(特別分野功労者部門)をはじめとする最終受賞作13作品を発表した。 パク・ボゴムは「応答せよ19…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02