ラブリーズ、2月の単独コンサート「冬の国のラブリーズ2」開催

2018年01月05日

러블리즈_콘서트2018 ガールグループ・ラブリーズ(Lovelyz)が2018年2月に単独コンサートを開催する。所属事務所のウルリムエンターテイメントは27日0時、公式SNSを通してラブリーズ(ベビーソウル、ユ・ジエ、ソ・ジス、イ・ミジュ、Kei、JIN、リュ・スジョン、チョン・イェイン)の2018コンサートのタイトルを「冬の国のラブリーズ2」と確定し、公式ポスター(写真)と日程を公開した。

コンサート日程は2018年2月2日から4日までの3日間、ソウル龍山区漢南洞ブルースクエアアイマーケットホールで開催され、2日の公演は午後8時、3日と4日の公演は、午後5時から始まる。

「冬の国のラブリーズ2」は、今年1月に開催したラブリーズの初の単独コンサート「冬の国のラブリーズ」に続く第2話で、ラブリーズはさらに華やかで温かい舞台と音楽で観客に出会う予定だ。今回の公演のチケットは、12月29日午後8時から韓国インターパークチケットオンラインサイトを通じて販売開始する。

11月に発売したサードミニアルバム「フォール・イン・ラブリーズ(Fall in Lovelyz)」のタイトル曲「鐘の音」で活発な活動を広げているラブリーズは多様な放送と公演でファンたちを魅了する。

Pocket

関連する記事はこちら

챔피언_스틸-(1)

新作映画「チャンピオン」

夢へと向かう腕相撲チャンピオンの大勝負 「チャンピオン」     学生時代を過ごした男性なら一度くらいは誰でも挑戦した勝負がある。それが腕相撲だ。幼年時代、教室の一角でわずか数十秒で倒す側と倒される側の決着がつくこの勝負は、月日が過ぎても変わらない男のロマンが…続きを読む

여자친구_컴백

GFRIEND、電撃カムバック、新譜「フィーバーシーズン」発売

 ガールグループGFRIEND(ジーフレンド)が7月1日に電撃カムバックする。所属事務所ソースミュージック側は「GFRIENDが7月1日、7枚目のミニアルバム「フィーバーシーズン(FEVER SEASON)」を発表してカムバックする。今回の新しいアルバムは、GFRIENDのもう一…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

TWICE

TWICE、アジアツアーを通じて「海外進出スタート」

 デビュー2年にして韓国を代表するガールグループとなったTWICEが、今年2月17日、ソウルコンサートを皮切りに、本格的なアジアツアーによって海外進出に乗り出す。現在、アジア各国と公演日程の協議中で、4月8日タイのバンコク、4月29日シンガポール公演の日程は最近確定した。香港など…続きを読む

엑소_유니버스

EXO、冬のスペシャルアルバム「ユニバース」発売

 グループ・EXOが12月21日、冬のスペシャルアルバム「ユニバース」(Universe)を発売した。アルバム内の曲は全7曲で、タイトル曲「Universe」は、世界のすべてになってしまってしまった愛を宇宙の果てまで行っても取り戻すという内容の歌詞が引き立つロックバラードジャンル…続きを読む

박지성_홍보대사

「二つの心臓」パク・チソン、2018平昌広報大使として活動

 2002年韓日ワールドカップトップ4の主役、パク・チソンが2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会のために活躍する。組織委員会は、8月4日「イ・ヒボム組織委員長が午後、ソウル中区プレスセンターのナショナルプレスクラブにて、元国家代表サッカー選手のパク・チソンを広…続きを読む

방탄소년단_컴백

防弾少年団、新譜「マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ」発売

 防弾少年団がニューアルバムでカムバックする。所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは「防弾少年団が4月12日、『マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ』を発売する」と発表した。昨年8月に発売した「ラブ・ユア・セルフ結アンサー」(LOVE YOURSELF 結 Answer)以来…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02