失うものはない男と女、崖っぷちで出会う「泣く男」

2014年06月16日

今月の映画

失うものはない男と女、崖っぷちで出会う

「泣く男」


영화_우는남자_누끼용.jpg

幼い頃両親に捨てられて孤児になったコン(チャン・ドンゴン)。1970年代の韓国の孤児たちの運命がそうであったように、コンもアメリカの見知らぬ町に養子に出される。養子になると同時に普通の生活が待っているかと思いきや、運命はコンにそれほど甘い幸せを与えてくれなかった。大人になったコンは、犯罪の裏舞台でフィクサーの役割をする残酷なキラーになり、何のためらいもなく、組織の命令に応じて、ピストルで名前も知らない人々の命を奪うという日々を過ごしている。そんなコンが組織から最後の任務を与えられる。目的地は自分が生まれた韓国。こうしてコンは韓国に向かう。
 ここにもう一人の人物、モギョン(キム・ミニ)がいる。夫と娘を失い、認知症にかかった母親の面倒を見ながら一日一日を絶望の中で生きている不幸の崖っぷちにいる女だ。不幸の記憶を消し去ろうとするかのごとく仕事にのめり込み、毎晩、酒と薬がなければ眠ることができなかった彼女の前に、娘の死の背後に隠された真実を教えようという一人の男が近づいてくる。他でもないキラーのコンだ。
 親に捨てられ、孤児になってキラーとして育てられた男、コン。夫と娘を失い、自分の母親まで認知症で一抹の幸せも残っていない女、モギョン。そしてモギョンを狙う組織に対抗してモギョンに真実を知らせ、モギョンを死から救おうとするキラー・コンの死闘、チャン・ドンゴン主演の新作「泣く男」のあらすじだ。
 2010年、ウォン・ビン主演の映画「アジョシ」で韓国にシンドロームを巻き起こし、大韓民国のアクション映画の新紀元を見せてくれたイ・ジョンボム監督。彼が4年ぶりに、韓国最高の俳優チャン・ドンゴンと共に、新しいアクション映画「泣く男」で帰ってきた。
 新作「泣く男」は、製作段階から話題となった。ヒット作「アジョシ」のイ・ジョンボム監督と韓流トップスターの称号が惜しくないチャン・ドンゴン、そして清楚なビジュアルと最高の演技力で映画界女優キャスティング第1位であるキム・ミニの出会いというだけで映画界では数百件のニュースとなり、話題を集めた。
 
영화_우는남자_서브02.jpg
 
 やはり話題の中心はチャン・ドンゴンだ。「マイウェイ」、「台風」、「ブラザーフッド」などの作品で強烈な男性美を現わす一方、ドラマ「紳士の品格」では穏やかな中年の魅力で女心をひきつけて不動のスターの座を守ってきたチャン・ドンゴンが、今回は冷酷なキラーとして登場したため、チャン・ドンゴンのファンなら両手を挙げて大喜びするだろう。
 
영화_우는남자_메인.jpg
 
 チャン・ドンゴンとキラーというミスマッチに心配する必要はない。イ・ジョンボム監督の前作「アジョシ」で冷静な特殊要員を演じたウォンビンも、キャスティング当時は優しい笑顔のウォンビンが荒々しい男性美を消化することができるだろうかという懸念の声が多かったが、そのような心配を見事に吹き飛ばし、韓国全体をウォンビンブームに包み込んだ。
 イ・ジョンボム監督は「泣く男」を準備しながら、最初からコン役にチャン・ドンゴンを念頭に置いていたという。イ・ジョンボム監督は、「自分の仕事に対する懐疑、崖っぷちに立たされた人の感覚をチャン・ドンゴンがうまく表現することができるだろうという確信があった」と述べた。
 キャスティングのオファーを受けたチャン・ドンゴンも同様だ。アクションと切ない感情を同時に表現しなければならないキラー、コンのキャラクターに引かれ、2年ぶりの映画復帰作として「泣く男」の脚本を受け取るや否やOKサインを監督に伝えたというからには、映画「泣く男」への期待感が一層高まる。
 

銃撃シーンと感性こもったアクションシーンが見もの

 強烈なアクションと熱いドラマが交わった感性アクションを披露してきたイ・ジョンボム監督の特技が新作「泣く男」にもそのまま盛り込まれている。「泣く男」は、既存のアクションでは使われたなかった、真昼の中のアパートや街角などのオープンスペースで銃撃戦と爆発が起る。トカレフ、ショットガン、 M4、グロック19、MP5K、38口径、P250など様々な銃で繰り広げる銃撃シーンは、既存の韓国映画では見られなかった強烈な銃のアクションシーンを見せてくれる。リアルな演出が白眉だ。誇張のないリアルな銃器アクションを披露するために、監督はアメリカと韓国の特殊部隊要員を直接取材し、銃を撃った時の動作まで直接体験して臨場感を加えた。
 
영화_우는남자_서브01.jpg
 
 単純なアクション映画として終わるのではなく、二人の主人公の内面により深く掘り下げる映画を作ろうとした感性的な部分もポイントだ。アクション映画だが、人の感情を感じることができる場面を演出するためのロケーションとミゼンセーヌも前作「アジョシ」に比べて、より一層洗練させた。6月4日公開、ランニングタイムは116分。 
| cryingman2014.co.kr
Pocket

関連する記事はこちら

손호준_일본팬미팅

ソン・ホジュン、「告白夫婦」日本放送前に初の日本ファンミーティング開催

 俳優ソン・ホジュンが生涯初めての日本ファンミーティングを開催する。所属事務所YGエンターテイメントによると、ソン・ホジュンは、2018年2月4日、日本東京で単独ファンミーティングを開催する。2018年2月に「告白夫婦」日本放送を控えて設けられたファンとの最初の出会いであり、その…続きを読む

nothumbnail

「オールキル」ミス・エイ、大ヒットの予感

 ガールグループ、ミス・エイ(Miss A)の新曲である「他の男じゃなくあなた」への関心が熱い。発表から2日間、ヒットチャートのトップを保ちながら、大ヒットの兆しが見られている。 ミス・エイは、先月30日に7番目のプロジェクトアルバム「カラーズ(Colors)」を発表しながら本格…続きを読む

nothumbnail

ソンフン、映画「愛していますか?」主演キャスティング「純情バリスタに変身」

 俳優ソンフンが映画「愛していますか?」の主演にキャスティングされ、バリスタに変身する。映画「愛していますか?」は、時代が変わっても、人間本来の愛の心は変わらないという考えから出発した一本の少女漫画のようなファンタジーロマンスメロ映画で、「同感」(2000)や「バカ」(2007)…続きを読む

이동욱_팬미팅

「平昌オリンピック・江原観光広報大使」イ・ドンウク、無料ファンミーティング開催

「GO平昌2018 with イ・ドンウク」、3月13日江陵で  俳優イ・ドンウクが平昌冬季オリンピック・パラリンピックのブームアップと江原地域のためにグローバル広報を開始した。イ・ドンウクの所属事務所「キングコング by スターシップ」はイ・ドンウクがパラリンピック期間中の3月…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

Kchan_한류채널

スマートフォンで楽しむ韓流チャンネル「Kchan! 韓流TV」開局

 日本を代表韓流チャンネルKNTVとアジアエンターテイメントチャンネルDATVを保有しているDAグループが、スマートフォンやタブレットを通して韓流チャンネルをいつでも楽しむことができるモバイルリニア伝送チャンネルである「Kchan! 韓流TV」を1月31日に開局した。 「Kcha…続きを読む

강동원_골든슬럼버

カン・ドンウォン主演「ゴールデンスランバー」ヒットを予告、予告編の視聴1800万

 カン・ドンウォン主演の映画「ゴールデンスランバー」の予告編のアクセスが合計1800万を越え、2月、韓国の劇場街でのヒットを予告した。映画「ゴールデンスランバー」は光化門で行われた大統領候補暗殺事件の犯人として目を付けられた一人の男の逃走劇を描いた映画で、カン・ドンウォンは至って…続きを読む

nothumbnail

T.O.Pと上野樹里、韓日合作ドラマで共演

 韓国人気グループ「ビッグバン」のT.O.P(本名チェ・スンヒョン)と、女優の上野樹里が韓日合作ドラマにて恋人役で出演する。韓国大手エンターテイメント企業のCJ E&Mは3月31日、「日本の大手芸能プロダクションのアミューズと共に1年間の企画段階を経て、本格的なドラマ制作に入るこ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02