新作映画「ルシッドドリーム」

2017年03月09日

犯人も、手がかりも、すべては夢の中にある!

 

LucidDream 「ルシッドドリーム(Lucid Dream)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。日本語では「明晰夢」、韓国語では「自覚夢」といい、夢の中でそれが夢と気づき、夢を意図的にコントロールできるようになる夢のことだ。夢の中だから、現実の世界ではできないこと、たとえば空を飛んだり、空想上のキャラクターに会ったりすることも可能だ。「そんなことができるんだったらやってみたい!」という人も多いだろう。実は誰でもできるものといわれており、明晰夢に関する科学的な研究も進められているという。

そんな明晰夢をモチーフにした映画「ルシッドドリーム」が公開された。「夢を自由にコントロールできる」という夢のような現象を、この映画では犯罪捜査のために利用する。夢の中で犯人の姿を追うのだ。

コ・ス演じるデホは、大企業の不正の告発を専門とする熱血記者だが、何者かによって計画的に息子を拉致されてしまう。3年間、誘拐された息子を探すために死力を尽くしたデホが最後にたどり着いた方法は、「ルシッドドリーム」。自分の夢の中に入って犯人の手がかりを追う方法だった。デホは人為的にルシッドドリームを見る研究を行っている精神科医のソヒョン(カン・ヘジョン扮)の助けを借りて、自分の夢の中に入っていく。息子が拉致された遊園地で、犯人に関する手がかりを見つけ、その手がかりを頼りに現実の世界で捜査を進めていく。右腕に刺青をした男、写真を撮っていた怪しい男、夢を見るたびに出てくる「ディスマン(全世界の人の夢に現れる謎の男)」…。ベテラン刑事のパンソプ(ソル・ギョング扮)に助けられながら、ついにすべての手がかりが示す一人の男を突き止める…。

 

luciddream01

 

何といっても、イケメン俳優の活躍に注目が集まる。主人公のデホを演じたコ・スは、平凡な父親の姿を演じるため、10キロ増量した。これまで「モムチャン(韓国の俗語で鍛えられた体のこと)」俳優として知られた彼が下腹部が太った姿でスクリーンに登場して減滅した女性たちもいたようだが、いなくなった息子を探す父親の悲壮な姿を演じるために、今度は18キロ減量して登場する。メディア試写会で、コ・スは映画を見ながら号泣したという。それだけ自分の演じた父親の姿に感情移入していたためだろうか。実際に二児の父であり、それが演技に深みを加えたのはいうまでもない。

 

luciddream02

 

主演俳優の父親としての演技に重点が置かれるように、この映画のポイントは父性だ。明晰夢は、映画「インセプション」ですでに扱われており、二番煎じだという指摘もあるが、「明晰夢」というモチーフに「父性」という韓国ならではのテーマを組み込んだところに大きな意味を持つといっていいだろう。

映画「ルシッドドリーム」は、助演俳優にもさまざまな変身を要求した。優秀ながら冷徹な精神科医のソヒョンを演じたカン・ヘジョンは、メディア試写会のインタビューで、「ソヒョンと自分は似ている部分があまりない」と語った。ルシッドドリームを研究し、映画の中でルシッドドリームについて解説する役割を担うため、監督が準備した多くの資料を読んで勉強したという。また、最大限理知的な雰囲気をかもし出すため、監督の提案によってショートカットにした。「それによってマインドも変わってきた」とも語っている。

 

luciddream03

 

また、映画の緊迫感と、息子を思う父性の世界を描くにあたって、助演男性俳優の力も大きかった。デホの捜査を助けるベテラン刑事のパンソプを演じたのは、数多くの映画で実力を認められたソル・ギョングだ。今まで強いキャラクターを演じることが多かったソル・ギョングだが、この映画では主人公のデホを黙々と支えるキャラクターを演じている。しかし、その中にもカリスマを感じさせる演技は、映画をより深みのあるものにつくりあげた。

 

luciddream05

 

もう一つの話題になっていたのは、不祥事の疑いが掛けられていたJYJのパク・ユチョンだ。彼もこの映画に出演して、すでに多くの場面を撮影しており、それがカットされるのではとうわさされていたが、嫌疑なしとなったことで、すべてのシーンはそのまま使われることとなった。パク・ユチョンは、明晰夢というモチーフには欠かせない謎の男「ディスマン」を演じて印象深い存在感を残した。

監督のキム・ジュンソン氏にとって、この映画は、商業映画のデビュー作だ。キム監督は、あるインタビューの席で「私も実際に明晰夢を経験しました。シナリオを書く時にも明晰夢を何度も見ました。他にも経験した人は多いですし、ネットでのカフェもたくさんあり、経験談が上がっています」と語った。実際の経験者がどのように描いたのかが注目されるところだ。

韓国で初めてのルシッドドリームを描いたSFスリラー「ルシッドドリーム」。果たしてデホは息子を助けることができるのか、そしてその過程を通してどのような人間ドラマを見せてくれるのかに期待したい。

韓国では2月22日封切り。ランニングタイムは101分。15歳以上観覧可。

Pocket

関連する記事はこちら

CLC

CLC、7人組初の日本ミニアルバム発売「元気なチアリーダーに変身」

 ガールグループCLCが7人組として再整備し、日本ミニアルバムを発表する。CLCは7月27日、日本で2枚目のミニアルバム「チャミスマ(Chamisma)」を発表する。今年4月、日本進出の信号弾となるミニアルバム「ハイヒール(High heels)」以来、約3ヵ月ぶりに発表されるC…続きを読む

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

延平海鮮

映画「延坪海戦」

2002年6月29日、忘れてはならない6人の勇者たち   映画「延坪海戦」   実話をモチーフにした「延坪海戦」は、2002年6月29日に発生した「第2延坪(ヨンピョン)海戦」を映画化した作品だ。映画は、大韓民国を守るために命がけで戦った勇士たちとその家族の物…続きを読む

二十歳

映画「二十歳」

「一番恥ずかしい瞬間、僕らは一緒だった」 新作映画「二十歳」    映画「二十歳」(監督イ・ビョンホン、製作映画の木ピクチャーズ)は魅力あふれる二十歳の青年たちの姿を描いたコメディだ。一人はかっこいいが女好き、もう一人は生活力はあるが金は無し、そして最後の一人は勉強がで…続きを読む

BoA

BoA、今年5月に日コンサート開催

 歌手BoAが、3年ぶりに日本コンサートツアーを開始する。BoAの日本公式サイトによると、ボアは今年5月に東京公演を皮切りに計8回の「BoA THE LIVE in Billboard Live」ツアーを開催する。 BoAの最近の日本単独コンサートは、2014年9月に東京など4都…続きを読む

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

icon

アイコン、日コンサート 追加公演確定「熱い反応」

 グループ・アイコンが日本で大きな人気を集めて追加公演を開催することになった。YGエンターテイメントは、アイコンの2回目の日本アリーナツアー「アイコンジャパンツアー2016(iKON JAPAN TOUR 2016)」のチケット応募数が殺到し、10月26日東京国立代々木競技場第1…続きを読む

徳恵翁主

〈新作映画〉徳恵翁主

大韓帝国最後の皇女の人生に投影された悲しき朝鮮の歴史  朝鮮の最後の皇女「徳恵翁主」がホ・ジノ監督演出の映画で日の目を見ました。「こんな皇女がいたの?」と初めて知った人も多いかと思われます。主人公の名前は、李氏朝鮮の王・高宗と後宮の間で生まれた娘で、「李徳恵」。日韓の暗黒の時代の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02