新作映画「僕の中のあいつ」

2019年02月25日

영화리뷰_메인

영화리뷰_포스터 いわゆる「パンシャトル(パシリ)」となって、同じクラスの友達にいじめられているドンヒョン(ジニョン扮)。不細工で食いしん坊、その上小心者の彼は、いつもいじめっ子の友人の餌になっている。

今日もいつものように建物の屋上で同じクラスの友だちにいじめられて、屋上から墜落する事故に遭ってしまう。ドンヒョンが墜落した場所には、偶然その道を歩いていた、名門大出身で成功した暴力団組長であるパンス(パク・ソンウン扮)がいて、ドンヒョンとパンスは、強い衝突事故によって魂が入れ替わってしまう。

ドンヒョンの魂はパンスの体の中に、パンスの魂はドンヒョンの中に入るという信じられない現実に加え、ある日突然、10代の体を持つようになった40代の「アジェ(オジサン)」パンスは、ドンヒョンの生活を180度揺るがし始める。

当然、暴力団の組長でけんかの強いパンスは、学校に戻って不良学生たちを平定し、太った体も夏休みの間にダイエットとトレーニングを重ねた末、筋肉質のスリムな体型に変化し、女子高生たちの心までひきつける。

ただ、10代の体を持って愉快ではないが、悪くもない日常を送っていたパンスは、やがて自分と魂が入れ替わったドンヒョンだけではなく、ドンヒョンが好きだった同じクラスのヒョンジョン(イ・スミン扮)も同じく女子たちにいじめられていたことを知って衝撃を受ける。さらにヒョンジョンの母親が自分の初恋の相手だったミソン(ラ・ミラン扮)であることに驚き、ヒョンジョンもまた自分の娘であることを知って、初恋の相手と娘をいじめから救うための戦いを始める。

영화리뷰_스틸-(3)

映画「僕の中のあいつ」は、今ではありふれた魂が入れ替わるという素材を借用した学園物だ。日本でも一般的なのが魂が入れ替わるジャンルの映画や漫画だが、あえて差別性を見出すとしたら、性別が入れ替わるのではなく、年代が入れ替わるということ。正統な学園物のプロットに、暴力団の話と、昔の初恋と偶然再会するというラブストーリー、そして父性愛の感情まで添加して、過剰な要素によってややもすると退屈で、ありがちなストーリーではないかという懸念もあったが、興行は青信号。今年1月9日現在封切り8日にして観客100万を突破して、新年のヒット作街道を走っている。

最大の魅力は、映画の中の愛らしいキャラクターだ。特にアイドルグループB1A4出身のジニョンは、アウトサイダーでデブの高校生から、ヤクザが憑依した高校生までキャラクターを自在にこなす。スクリーン初主演にもかかわらず、長い演技の実力を持つパク・ソンウン、ラ・ミラン、キム・グァンギュなど演技派先輩たちと交わって、自分のカラーを吹きだして説得力をもって魂が入れ替わったパンスを完璧に演じている。特に「アジェ」のパンスの魂が憑依して格闘アクションを繰り広げ、大先輩であるラ・ミランとのキスシーンを含むロマンスを繰り広げる姿は、この映画の白眉だ。ジニョンは自分に与えられた役割を200%にやり遂げて映画を導いていく。

영화리뷰_스틸-(2)

予想外の可愛らしい演技をすることになったパク・ソンウンも見どころだ。映画「新世界」などを通じて暴力団の悪役キャラクターを演じた悪役専門俳優が、小心者の高校生の姿をある意味で気持ち悪い演技で表現し、映画の大きな軸を支える。

アシアナ航空のモデルとしても活動中のヒロインであるイ・スミンは、実際の女子高生の身分であるだけに、自分の服を着たように滑らかにヒョンジョンを演じる。魂が入れ替わってドンヒョンの体をしているパンスに愛の感情を感じ、パンスが自分の父親だとも知らずに好きになる姿がとても可愛らしい。

영화리뷰_스틸-(1)

魂が入れ替わるという素材、アイドル出身の俳優主演という先入観を持って「どこかで見たようなありがちな映画」と思ったら誤算だ。

一言でいうと、「僕の中のあいつ」はおいしくつくられた「コメディ定食」だ。食べた後に食べ過ぎた感もなくすっきりしている。後腐れもない。何度反芻しても笑いは有効である。幼稚だといってばかにしたいけれど、笑わずにはいられない宿命的な映画、それが「僕の中のあいつ」だ。

Pocket

関連する記事はこちら

엑소_콘서트

EXO、11月に高尺ドームで4回目の単独コンサート開催

 EXOが11月、ソウル高尺スカイドームで待望の4回目の単独コンサートを開催する。EXOは11月24~26日の3日間、ソウル九老区に位置する高尺スカイドームで4回目の単独コンサート「EXO PLANET#4 -TheEℓyXiOn- 」を開催する。EXOは、2015年10月、韓国…続きを読む

위너_일본콘서트

ウィナー、日本で4回目のコンサートツアー確定

 ウィナーが日本で4回目のコンサートツアーを開催する。YGエンターテイメントは「ウィナーが日本で6ヵ都市10回のコンサートツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018」を開催する」と公式発表した。 2016年のツアーで4ヵ都市9回の公演を開催したウィナーは、今回のツアーを…続きを読む

송민호_솔로앨범

ウィナーのソン・ミンホ、11月26日にデビュー、初ソロアルバム「XX」発売

 グループ「ウィナー」のソン・ミンホが11月26日にデビュー初ソロ正規アルバムを発売する。所属事務所YGエンターテイメントは公式ブログを通じてソン・ミンホの初めてのソロアルバム「XX」発売日が11月26日と発表した。 YGエンターテイメント側は「現在のウィナーが11月中にシンガポ…続きを読む

동방신기_완전체_컴백

東方神起、完全体で2年ぶりにカムバック 「アジアプレスツアー」開始

 「Kポップの皇帝」東方神起が2年ぶりに完全体となって活動を再開する。 東方神起メンバーのユンホとチャンミンは8月21日、2年ぶりに公式の場に立った。ユンホは4月、チャンミンは8月18日に除隊した。東方神起はこの日、ソウル新羅ホテルで行われた記者会見にてこれまでの近況と今後の活動…続きを読む

다케우치미유_미스틱

「プロデュース48」竹内美宥、ミスティックエンタと契約を締結

 Mnet「プロデュース48」に出演した日本のガールグループAKB48のメンバー竹内美宥がミスティックエンターテイメントと正式契約し、韓国内での活動を展開する。 ミスティックエンターテイメントは3月8日、「竹内美宥と契約を締結した。竹内美宥は『プロデュース48』を通して歌唱力はも…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

アンジェウク

俳優アン・ジェウク結婚「6月1日、新たに生まれる日」

 俳優のアン・ジェウク(44)とミュージカル俳優チェ・ヒョンジュ(33)が6月1日、ソウル中区奨忠洞にあるバンヤンツリーにて結婚式をあげる。 アン・ジェウクは3月31日、自身の公式サイトにて「結婚します。ついに結婚式の日付が決まりました。2015年6月1日。新たに生まれ変われる日…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence