新作映画「僕の中のあいつ」

2019年02月25日

영화리뷰_메인

영화리뷰_포스터 いわゆる「パンシャトル(パシリ)」となって、同じクラスの友達にいじめられているドンヒョン(ジニョン扮)。不細工で食いしん坊、その上小心者の彼は、いつもいじめっ子の友人の餌になっている。

今日もいつものように建物の屋上で同じクラスの友だちにいじめられて、屋上から墜落する事故に遭ってしまう。ドンヒョンが墜落した場所には、偶然その道を歩いていた、名門大出身で成功した暴力団組長であるパンス(パク・ソンウン扮)がいて、ドンヒョンとパンスは、強い衝突事故によって魂が入れ替わってしまう。

ドンヒョンの魂はパンスの体の中に、パンスの魂はドンヒョンの中に入るという信じられない現実に加え、ある日突然、10代の体を持つようになった40代の「アジェ(オジサン)」パンスは、ドンヒョンの生活を180度揺るがし始める。

当然、暴力団の組長でけんかの強いパンスは、学校に戻って不良学生たちを平定し、太った体も夏休みの間にダイエットとトレーニングを重ねた末、筋肉質のスリムな体型に変化し、女子高生たちの心までひきつける。

ただ、10代の体を持って愉快ではないが、悪くもない日常を送っていたパンスは、やがて自分と魂が入れ替わったドンヒョンだけではなく、ドンヒョンが好きだった同じクラスのヒョンジョン(イ・スミン扮)も同じく女子たちにいじめられていたことを知って衝撃を受ける。さらにヒョンジョンの母親が自分の初恋の相手だったミソン(ラ・ミラン扮)であることに驚き、ヒョンジョンもまた自分の娘であることを知って、初恋の相手と娘をいじめから救うための戦いを始める。

영화리뷰_스틸-(3)

映画「僕の中のあいつ」は、今ではありふれた魂が入れ替わるという素材を借用した学園物だ。日本でも一般的なのが魂が入れ替わるジャンルの映画や漫画だが、あえて差別性を見出すとしたら、性別が入れ替わるのではなく、年代が入れ替わるということ。正統な学園物のプロットに、暴力団の話と、昔の初恋と偶然再会するというラブストーリー、そして父性愛の感情まで添加して、過剰な要素によってややもすると退屈で、ありがちなストーリーではないかという懸念もあったが、興行は青信号。今年1月9日現在封切り8日にして観客100万を突破して、新年のヒット作街道を走っている。

最大の魅力は、映画の中の愛らしいキャラクターだ。特にアイドルグループB1A4出身のジニョンは、アウトサイダーでデブの高校生から、ヤクザが憑依した高校生までキャラクターを自在にこなす。スクリーン初主演にもかかわらず、長い演技の実力を持つパク・ソンウン、ラ・ミラン、キム・グァンギュなど演技派先輩たちと交わって、自分のカラーを吹きだして説得力をもって魂が入れ替わったパンスを完璧に演じている。特に「アジェ」のパンスの魂が憑依して格闘アクションを繰り広げ、大先輩であるラ・ミランとのキスシーンを含むロマンスを繰り広げる姿は、この映画の白眉だ。ジニョンは自分に与えられた役割を200%にやり遂げて映画を導いていく。

영화리뷰_스틸-(2)

予想外の可愛らしい演技をすることになったパク・ソンウンも見どころだ。映画「新世界」などを通じて暴力団の悪役キャラクターを演じた悪役専門俳優が、小心者の高校生の姿をある意味で気持ち悪い演技で表現し、映画の大きな軸を支える。

アシアナ航空のモデルとしても活動中のヒロインであるイ・スミンは、実際の女子高生の身分であるだけに、自分の服を着たように滑らかにヒョンジョンを演じる。魂が入れ替わってドンヒョンの体をしているパンスに愛の感情を感じ、パンスが自分の父親だとも知らずに好きになる姿がとても可愛らしい。

영화리뷰_스틸-(1)

魂が入れ替わるという素材、アイドル出身の俳優主演という先入観を持って「どこかで見たようなありがちな映画」と思ったら誤算だ。

一言でいうと、「僕の中のあいつ」はおいしくつくられた「コメディ定食」だ。食べた後に食べ過ぎた感もなくすっきりしている。後腐れもない。何度反芻しても笑いは有効である。幼稚だといってばかにしたいけれど、笑わずにはいられない宿命的な映画、それが「僕の中のあいつ」だ。

Pocket

関連する記事はこちら

다케우치미유_미스틱

「プロデュース48」竹内美宥、ミスティックエンタと契約を締結

 Mnet「プロデュース48」に出演した日本のガールグループAKB48のメンバー竹内美宥がミスティックエンターテイメントと正式契約し、韓国内での活動を展開する。 ミスティックエンターテイメントは3月8日、「竹内美宥と契約を締結した。竹内美宥は『プロデュース48』を通して歌唱力はも…続きを読む

이동욱_팬미팅

「平昌オリンピック・江原観光広報大使」イ・ドンウク、無料ファンミーティング開催

「GO平昌2018 with イ・ドンウク」、3月13日江陵で  俳優イ・ドンウクが平昌冬季オリンピック・パラリンピックのブームアップと江原地域のためにグローバル広報を開始した。イ・ドンウクの所属事務所「キングコング by スターシップ」はイ・ドンウクがパラリンピック期間中の3月…続きを読む

SM타운뮤지엄A

SMエンタアイドルファンの聖地、SMタウンミュージアム

五感で満喫するSMエンタアイドルファンの聖地 SMエンターテイメントが今年5月、ソウルのCOEXにオープンした韓流エンターテイメント体験空間である「SMタウンミュージアム」がK‐POPファンの新規スポットとして人気急上昇中だ。 「SMタウンミュージアム」は、SMの複合文化空間であ…続きを読む

방탄소년단_오사카콘서트

防弾少年団、10月に京セラドーム大阪にて公演

 防弾少年団が日本デビュー後初のドーム公演を開催する。ビッグヒットエンターテインメントによると、防弾少年団は、10月14〜15日、京セラドーム大阪でライブ「TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~」…続きを読む

블랙핑크_일본활동

ブラックピンク日本進出「7月に武道館で初のショーケース」

 ブラックピンクが日本デビューを確定し、海外進出の第一歩を踏み出した。ブラックピンクは7月20日、日本武道館でショーケースである「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」を開催する。 海外新人アーティストとしては異例の日本武道館で開催される今回のブラック…続きを読む

리뷰_강철비_메인

新作映画 | 「鋼鉄の雨」

北朝鮮で起きたクーデター、朝鮮半島の核戦争を防げ!  近い将来に、朝鮮半島に核戦争が起こるとしたら? 考えただけでもぞっとする恐ろしい状況だといわざるを得ない。映画「弁護人」で優れた演出力を認められたヤン・ウソク監督が、ハリウッド映画の独壇場だった戦争映画でカムバックした。チョン…続きを読む

ビースト

「カムバック」ビースト、8つの韓国音源チャートで同時1位に

 5人組になって帰ってきたビースト(ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン)がオールキル神話を書き換えた。7月4日0時、各音源サイトを通じて公開されたビーストの3枚目の正規アルバムタイトル曲「リボン(Ribbon)」は、メロン、Mネット、…続きを読む

위너_일본콘서트

ウィナー、日本で4回目のコンサートツアー確定

 ウィナーが日本で4回目のコンサートツアーを開催する。YGエンターテイメントは「ウィナーが日本で6ヵ都市10回のコンサートツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018」を開催する」と公式発表した。 2016年のツアーで4ヵ都市9回の公演を開催したウィナーは、今回のツアーを…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02