新作映画「兄貴」

2016年12月20日

兄貴

 

失明した柔道国家代表と前科10犯の詐欺師の「ブロコメディー」

兄貴 韓国映画界で「ブロコメディー」という言葉が話題になっている。聞きなれない言葉かもしれないが、映画「兄貴」を修飾する言葉と分かればピンと来る人もいるだろう。そう、男同士の近しい関係のことをいう「ブロマンス」を扱うコメディーのことだ。その映画「兄貴」が大ヒットしており、すでに観客数が260万を突破した。

映画「兄貴」は、不慮の事故で失明した柔道国家代表の弟と、前科10犯の詐欺師の兄の、ブロマンスを描いたコメディ…というのが映画の説明だが、「ブロマンス」とはまったく逆の方向からスタートする。

弟のドゥヨンは柔道選手として国家代表に選ばれるほどの実力の持ち主だったが、試合中の不慮の事故で視力を失ってしまう。順調な人生を歩んでいた立場から一転して、自分の生活さえままならない境地にまで陥ってしまったのだ。そんな彼には15年間、連絡を絶っていた兄・ドゥシクがいた。詐欺師で前科10犯。今は刑務所にいる身だった。しかし、弟の失明の知らせを聞いたドゥシクは、弟を世話するという名目で、1年間、保護者として仮釈放を狙う。詐欺で生計を立ててきただけに、持ち前の口の達者さで仮釈放の幸運を勝ち得、15年ぶりに弟のもとを訪ねたドゥシクは弟に言い放つ。「生きてみるとお前が俺の人生に役立つことがあるんだな!」しかし、弟のドゥヨンにとって、兄の魂胆は見え透いていた。「兄貴は役立たずだ。頼むから俺の人生から消えてくれ!」こうして、ドゥヨンの目の前の闇のように、お先真っ暗な二人の同居生活が始まった。

韓国のコメディ映画らしく、心をわっさわっさと揺さぶられ、韓国的な表現を借りれば「笑い袋が破裂する」コメディだ。二人の同居生活のように予測不可能な展開に、笑いをこらえるのは不可能だといっていい。しかし、笑いだけではなく、これも韓国コメディの定石といっていい涙あふれる感動がついてくる。ネットには「涙と鼻水を搾り出してきた」という感想が並ぶほどだ。中には「韓国映画にありがちなストーリー」との評もあるが、その評を書いた彼らも湧き上がる笑いと涙をこらえるのは難しかったに違いない。

何といっても主演の一人、兄のドゥシクを演じたチョ・ジョンソクの演技が光を放つ。甘酸っぱいストーリーで韓国人の心を揺さぶった映画「建築学概論」で、主演のスジに勝るとも劣らない印象的なキャラクター「ナプトゥギ」を演じたチョ・ジョンソクは、「兄貴」でも人間味あふれるキャラクターを演じている。仮釈放のために最高の弟思いの兄を演じながら、弟の前では「ヨク(相手を罵る言葉)」を繰り返し、弟の財産を根こそぎ持っていこうと画策する。それでも憎めない、そんなキャラクターを演じる俳優として彼を置いて他に適役がいるだろうか。

兄貴

 

もちろん、チョ・ジョンソクの演技が光ったのは、弟のドゥヨンを演じたト・ギョンスの純粋な演技があったためであることはいうまでもない。EXOのディオとして歌手としても不動の人気を持つ彼だが、演技においてもすでにドラマ「大丈夫、愛だ」や映画「純情」などで披露した演技の実力を「兄貴」においても充分に発揮している。特に目が見えない演技には多くの人が感嘆の賛辞を惜しまない。歌も演技も万能な美男とあれば、彼のファンでなくても女性ならば、彼の魅力に酔ってしまうだろう。

兄貴

 

男同士の関係を描いた映画ではあるが、そこにはもちろん、女優の役割は欠かせない。この兄弟の関係についていけないと愛想を尽かしながらも最後まで彼らを助けるドゥヨンのマネージャーのイ・スヒョンを演じたパク・シネも、映画「7番房の奇跡」やドラマ「ピノキオ」など、数々のドラマや映画を演じたベテラン女優としての安定感を見せる。

兄貴

 

兄と弟という関係は、簡単な関係ではない。記者にも長い間連絡をしていない弟がいる。連絡をしても話すこともないし、久しぶりに会っても挨拶くらいしかしない関係だ。仲良くしたい気持ちはあるものの、お互いにそれを表現することも難しく、表現したからといって関係がよくなるわけでもない。映画「兄貴」の二人もそのような、いや、それ以上に難しい関係だろう。しかし、運命は彼らをしてより親密にならざるを得ない状況に押しやった。そして彼らがどのような兄弟関係を築いたのか、どんな「ブロマンス」をつくっていったのか、それは映画を期待してみて欲しい。

兄がいるならば、弟がいるならば、彼のことを思い出すかも知れない。家族の意味、特に兄弟の意味を考えさせられる、家族で見ることをお勧めしたい映画だ。もちろん、単純に大笑いして大泣きしたい、ストレスが溜まりがちの人にもお勧めだ。

ランニングタイムは110分。

Pocket

関連する記事はこちら

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

icon

アイコン、日コンサート 追加公演確定「熱い反応」

 グループ・アイコンが日本で大きな人気を集めて追加公演を開催することになった。YGエンターテイメントは、アイコンの2回目の日本アリーナツアー「アイコンジャパンツアー2016(iKON JAPAN TOUR 2016)」のチケット応募数が殺到し、10月26日東京国立代々木競技場第1…続きを読む

防弾少年団

防弾少年団、日本最大の音楽フェスティバル「エイ・ネーション」初出演

 グループ防弾少年団がビッグバン、アイコンと共に日本最大の音楽フェスティバルの一つである「エイ・ネーション(a-nation)」に初出演する。防弾少年団は、8月28日、東京の味の素スタジアムで開催される「エイ・ネーション・スタジアムフェス(a-nation stadium fes…続きを読む

AOA

AOA、3月に単独公演開催 「5年の音楽的力量を表現」

 ガールグループAOA(ジミン、チョア、ユナ、ヘジョン、ミナ、ソルヒョン、チャンミ)が単独コンサートを開催する。AOAは3月11日、オリンピック公園のオリンピックホールでコンサート「エース・オブ・エンジェルス(ACE OF ANGELS)」を開催する。これは、正規ファーストアルバ…続きを読む

今日の恋愛00

映画「今日の恋愛」

18年間進展のない二人 その関係は、恋愛? 友情? 「今日の恋愛」   相手が求めるまま、全て叶えてあげるのにもかかわらず、100日も経たないうちにいつもガールフレンドから振られてしまう、小学校教師のジュンス(イ・スンギ)。ジュンスにとって、女心は永遠に解けない宿題だ。…続きを読む

徳恵翁主

〈新作映画〉徳恵翁主

大韓帝国最後の皇女の人生に投影された悲しき朝鮮の歴史  朝鮮の最後の皇女「徳恵翁主」がホ・ジノ監督演出の映画で日の目を見ました。「こんな皇女がいたの?」と初めて知った人も多いかと思われます。主人公の名前は、李氏朝鮮の王・高宗と後宮の間で生まれた娘で、「李徳恵」。日韓の暗黒の時代の…続きを読む

TWICE

TWICE、アジアツアーを通じて「海外進出スタート」

 デビュー2年にして韓国を代表するガールグループとなったTWICEが、今年2月17日、ソウルコンサートを皮切りに、本格的なアジアツアーによって海外進出に乗り出す。現在、アジア各国と公演日程の協議中で、4月8日タイのバンコク、4月29日シンガポール公演の日程は最近確定した。香港など…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02