新作映画「兄貴」

2016年12月20日

兄貴

 

失明した柔道国家代表と前科10犯の詐欺師の「ブロコメディー」

兄貴 韓国映画界で「ブロコメディー」という言葉が話題になっている。聞きなれない言葉かもしれないが、映画「兄貴」を修飾する言葉と分かればピンと来る人もいるだろう。そう、男同士の近しい関係のことをいう「ブロマンス」を扱うコメディーのことだ。その映画「兄貴」が大ヒットしており、すでに観客数が260万を突破した。

映画「兄貴」は、不慮の事故で失明した柔道国家代表の弟と、前科10犯の詐欺師の兄の、ブロマンスを描いたコメディ…というのが映画の説明だが、「ブロマンス」とはまったく逆の方向からスタートする。

弟のドゥヨンは柔道選手として国家代表に選ばれるほどの実力の持ち主だったが、試合中の不慮の事故で視力を失ってしまう。順調な人生を歩んでいた立場から一転して、自分の生活さえままならない境地にまで陥ってしまったのだ。そんな彼には15年間、連絡を絶っていた兄・ドゥシクがいた。詐欺師で前科10犯。今は刑務所にいる身だった。しかし、弟の失明の知らせを聞いたドゥシクは、弟を世話するという名目で、1年間、保護者として仮釈放を狙う。詐欺で生計を立ててきただけに、持ち前の口の達者さで仮釈放の幸運を勝ち得、15年ぶりに弟のもとを訪ねたドゥシクは弟に言い放つ。「生きてみるとお前が俺の人生に役立つことがあるんだな!」しかし、弟のドゥヨンにとって、兄の魂胆は見え透いていた。「兄貴は役立たずだ。頼むから俺の人生から消えてくれ!」こうして、ドゥヨンの目の前の闇のように、お先真っ暗な二人の同居生活が始まった。

韓国のコメディ映画らしく、心をわっさわっさと揺さぶられ、韓国的な表現を借りれば「笑い袋が破裂する」コメディだ。二人の同居生活のように予測不可能な展開に、笑いをこらえるのは不可能だといっていい。しかし、笑いだけではなく、これも韓国コメディの定石といっていい涙あふれる感動がついてくる。ネットには「涙と鼻水を搾り出してきた」という感想が並ぶほどだ。中には「韓国映画にありがちなストーリー」との評もあるが、その評を書いた彼らも湧き上がる笑いと涙をこらえるのは難しかったに違いない。

何といっても主演の一人、兄のドゥシクを演じたチョ・ジョンソクの演技が光を放つ。甘酸っぱいストーリーで韓国人の心を揺さぶった映画「建築学概論」で、主演のスジに勝るとも劣らない印象的なキャラクター「ナプトゥギ」を演じたチョ・ジョンソクは、「兄貴」でも人間味あふれるキャラクターを演じている。仮釈放のために最高の弟思いの兄を演じながら、弟の前では「ヨク(相手を罵る言葉)」を繰り返し、弟の財産を根こそぎ持っていこうと画策する。それでも憎めない、そんなキャラクターを演じる俳優として彼を置いて他に適役がいるだろうか。

兄貴

 

もちろん、チョ・ジョンソクの演技が光ったのは、弟のドゥヨンを演じたト・ギョンスの純粋な演技があったためであることはいうまでもない。EXOのディオとして歌手としても不動の人気を持つ彼だが、演技においてもすでにドラマ「大丈夫、愛だ」や映画「純情」などで披露した演技の実力を「兄貴」においても充分に発揮している。特に目が見えない演技には多くの人が感嘆の賛辞を惜しまない。歌も演技も万能な美男とあれば、彼のファンでなくても女性ならば、彼の魅力に酔ってしまうだろう。

兄貴

 

男同士の関係を描いた映画ではあるが、そこにはもちろん、女優の役割は欠かせない。この兄弟の関係についていけないと愛想を尽かしながらも最後まで彼らを助けるドゥヨンのマネージャーのイ・スヒョンを演じたパク・シネも、映画「7番房の奇跡」やドラマ「ピノキオ」など、数々のドラマや映画を演じたベテラン女優としての安定感を見せる。

兄貴

 

兄と弟という関係は、簡単な関係ではない。記者にも長い間連絡をしていない弟がいる。連絡をしても話すこともないし、久しぶりに会っても挨拶くらいしかしない関係だ。仲良くしたい気持ちはあるものの、お互いにそれを表現することも難しく、表現したからといって関係がよくなるわけでもない。映画「兄貴」の二人もそのような、いや、それ以上に難しい関係だろう。しかし、運命は彼らをしてより親密にならざるを得ない状況に押しやった。そして彼らがどのような兄弟関係を築いたのか、どんな「ブロマンス」をつくっていったのか、それは映画を期待してみて欲しい。

兄がいるならば、弟がいるならば、彼のことを思い出すかも知れない。家族の意味、特に兄弟の意味を考えさせられる、家族で見ることをお勧めしたい映画だ。もちろん、単純に大笑いして大泣きしたい、ストレスが溜まりがちの人にもお勧めだ。

ランニングタイムは110分。

Pocket

関連する記事はこちら

이동욱_팬미팅

「平昌オリンピック・江原観光広報大使」イ・ドンウク、無料ファンミーティング開催

「GO平昌2018 with イ・ドンウク」、3月13日江陵で  俳優イ・ドンウクが平昌冬季オリンピック・パラリンピックのブームアップと江原地域のためにグローバル広報を開始した。イ・ドンウクの所属事務所「キングコング by スターシップ」はイ・ドンウクがパラリンピック期間中の3月…続きを読む

지금만나러갑니다

ソ・ジソプ、ソン・イェジン主演「いま、会いにゆきます」クランクイン

 ソ・ジソプとソン・イェジンが出演する映画「いま、会いにゆきます」がクランクインした。映画「いま、会いにゆきます」(仮題)は、1年後の雨の日、再び戻ってくるという信じられない約束を残してこの世を去った妻スア(ソン・イェジン扮)が記憶を失ったまま、夫ウジン(ソ・ジソプ扮)と息子の前…続きを読む

챔피언_스틸-(1)

新作映画「チャンピオン」

夢へと向かう腕相撲チャンピオンの大勝負 「チャンピオン」     学生時代を過ごした男性なら一度くらいは誰でも挑戦した勝負がある。それが腕相撲だ。幼年時代、教室の一角でわずか数十秒で倒す側と倒される側の決着がつくこの勝負は、月日が過ぎても変わらない男のロマンが…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

블랙핑크_일본활동

ブラックピンク日本進出「7月に武道館で初のショーケース」

 ブラックピンクが日本デビューを確定し、海外進出の第一歩を踏み出した。ブラックピンクは7月20日、日本武道館でショーケースである「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」を開催する。 海外新人アーティストとしては異例の日本武道館で開催される今回のブラック…続きを読む

리뷰_강철비_메인

新作映画 | 「鋼鉄の雨」

北朝鮮で起きたクーデター、朝鮮半島の核戦争を防げ!  近い将来に、朝鮮半島に核戦争が起こるとしたら? 考えただけでもぞっとする恐ろしい状況だといわざるを得ない。映画「弁護人」で優れた演出力を認められたヤン・ウソク監督が、ハリウッド映画の独壇場だった戦争映画でカムバックした。チョン…続きを読む

ビースト

「カムバック」ビースト、8つの韓国音源チャートで同時1位に

 5人組になって帰ってきたビースト(ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン)がオールキル神話を書き換えた。7月4日0時、各音源サイトを通じて公開されたビーストの3枚目の正規アルバムタイトル曲「リボン(Ribbon)」は、メロン、Mネット、…続きを読む

俳優ソン・イエジン

〈Star Interview〉 俳優 ソン・イェジン

「大韓帝国最後の皇女『徳恵翁主』の キャラクターにはまってしまいました」 俳優ソン・イェジンは映画「徳恵翁主」(監督ホ・ジノ)を通して初めて、実在の人物の演技に挑戦した。ソン・イェジンが演じた徳恵翁主は高宗の金枝玉葉の娘であり、朝鮮の最後の皇女である。高宗の崩御後の13歳になった…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02