映画「ドキドキ私の人生」

2014年11月20日

ドキドキ私の人生1.jpgドキドキ私の人生0.jpg

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語

「ドキドキ私の人生」

 
 映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に数えられるキム・エラン作家の同名の小説を映画化したものだ。 
 アルムは16歳だが、身体年齢は80歳という先天性早老病患者だ。わがままになりやすい思春期の少年だが、大人びて思いやりを持つ彼に、分別があまりなく子供のような両親がいる。父テス(カン・ドンウォン)と、母ミラ(ソン・ヘギョ)だ。暑い夏、山深い涼しい渓谷で出会った二人は、今のアルミと同じ年齢の時に一目で恋に落ち、愛を交わしながらアルミを妊娠してしまう。青少年が妊娠すれば子供をおろしてしまうのが普通だが、彼らは神からの贈り物である子供をおろすことができなかった。 
 子供を産むという信念は強いものの、若い10代の母親が不安を感じないのは無理というもの。母親となるミラは抑えきれない気持ちを整理させようと、妊娠中にも関わらず運動場を走ってはまた走った。しかし、出産への不安感は、子供の先天性の難病という、より大きな試練としてミラに襲い掛かる。普通の人よりもはるかに早く老けるため、早く生命を終えてしまうという先天性早老症という試練だった。「妊娠中に毎日走ったせいで、子供が早老症にかかってしまった」とすべての原因を自分のせいにしてしまう母親のミラ。 
 カン・ドンウォンが演ずるアルムの父・テスは、若くして家長となりながら祖父との縁を切り、タクシーの運転手をしている。学歴もなく、技術もなく、ただ運転ができるという理由だけでやっと見つけた仕事だった。けっして豊かとはいえない苦しい生活だが、テスはアルムが望むことであれば何でもする天使のような父だ。 
 早老症にかかったアルムは、父テスと母ミラの努力と愛情を知っているためか、難病を患っているにも関わらず、何事にも肯定的だ。隣の家のおじいさんに「一緒に老いていく立場」だといいながら気軽に接し、病院の主治医には「僕はいつ死ぬのか教えてほしい」と自然に聞いたりする。自分をこのように創った神を恨むこともあるが、自分よりも自分のために苦労している両親に対して申し訳ない思いがもっと強い、大人のような息子である。 
 このような3人の家族生活が「ドキドキ私の人生」の大きな話の流れである。難病を持った悲劇の状況ではあるが、映画「ドキドキ私の人生」は、いわゆる「お涙頂戴」ものではない。一般的な悲しい映画が公式のように演出する「はい、このシーンで泣いてください」的な状況を作らない。逆に、ウィットの効いた笑いのコードの方が多く登場する。そのためだろうか、映画「ドキドキ私の人生」は、さらに深い悲しみと感動で観客を魅了する。大きな事件も反転もない穏やかなドラマではあるが、感動の周波数は、どんな悲劇よりも響きの強度が強い。 
 
ドキドキ私の人生2.jpg
 
 映画「ドキドキ私の人生」を論じるにあたっては、俳優たちの好演をおいては語れない。日本でも高い人気を誇る俳優カン・ドンウォンは、甘やかされて育った33歳の父親役を、この映画を通して完全に演技した。「チョン・ウチ」、「義兄弟」「超能力者」、「群盗:民乱の時代」などの映画作品を通じて、強烈なキャラクターを受け継いできた彼が、難病にかかった息子を持つこの上なく平凡なこの時代の父を無駄なく表現した。 
 母親役のソン・ヘギョも同様だ。華やかで神秘的な女神のイメージを一旦オフにし、汚い言葉を使ったり、悪口を言う17歳という幼い少女が子供を産むという、弱いながらも強い母を完璧に再現した。ソン・ヘギョの演技力も見どころだ。自分のために息子が早老症にかかったと自分を責めて泣き明かすソン・ヘギョの演技は、映画の中のアルムの母に完全に感情移入してしまうほどだ。 
 難病の早老症にかかったアルムを演じたチョ・ソンモクも注目に値する俳優だ。「ドキドキ私の人生」がデビュー作ということが信じられないほど完璧な演技で大俳優のカン・ドンウォンとソン・ヘギョとの完璧な相乗効果を引き起こす。 映画「ドキドキ私の人生」には、奇跡や反転はない。「老い」が治療することができない世界の真理のように、この映画は、ある瞬間、突然やって来る終わりではなく、決められた決勝戦を目の前にして歩いていくアルムの生き方を、細かく、穏やかに描き出す。
 この秋、家族の意味について考えたい人にとって、俳優カン・ドンウォンとソン・ヘギョが語るアルムの家庭が良い答えになるのではないだろうか。
 | www.facebook.com/mylife0903
文/加藤由香里記者
Pocket

関連する記事はこちら

남한산성_스틸1

映画「南漢山城」

屈辱の歴史に向き合った二人の臣下、真の忠臣は誰だ?    仁祖(インジョ)14年(1636年)「丙子胡乱」。恥辱的な歴史を扱った映画「南漢山城」は、悲しみ、悲哀、空腹、寒さに満ちている。青みがかった画面に姿を現す寒々とした雪のように心が寒くなる、王と大臣、民の顔は、まる…続きを読む

러블리즈_일본콘서트

ラブリーズ、8月5日、日初の単独コンサート開催

 ラブリーズが日本で初の海外単独コンサートを開催する。所属事務所のウルルムエンターテイメントによると、ラブリーズは来月8月5日から6日の両日、日本ジェフ東京で初の単独コンサート「2017 LOVELYZ CONCERT Alwayz in JAPAN」でファンと出会う。 特に7月…続きを読む

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

チェ・ジウ

チェ・ジウ、「キャリアを引く女」で ドラマカムバック

 俳優チェ・ジウが「キャリアを引く女」の主人公にキャスティングを確定し、TVドラマを通じて視聴者を訪ねる。 MBCは、公式報道資料を通じて「9月放送される月火ドラマ『キャリアを引く女』の主人公にチェ・ジウがキャスティングされた」と明らかにした。 「キャリアを引く女」は、魅力的で有…続きを読む

徳恵翁主

〈新作映画〉徳恵翁主

大韓帝国最後の皇女の人生に投影された悲しき朝鮮の歴史  朝鮮の最後の皇女「徳恵翁主」がホ・ジノ監督演出の映画で日の目を見ました。「こんな皇女がいたの?」と初めて知った人も多いかと思われます。主人公の名前は、李氏朝鮮の王・高宗と後宮の間で生まれた娘で、「李徳恵」。日韓の暗黒の時代の…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

위너_일본콘서트

ウィナー、日本で4回目のコンサートツアー確定

 ウィナーが日本で4回目のコンサートツアーを開催する。YGエンターテイメントは「ウィナーが日本で6ヵ都市10回のコンサートツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018」を開催する」と公式発表した。 2016年のツアーで4ヵ都市9回の公演を開催したウィナーは、今回のツアーを…続きを読む

二十歳

映画「二十歳」

「一番恥ずかしい瞬間、僕らは一緒だった」 新作映画「二十歳」    映画「二十歳」(監督イ・ビョンホン、製作映画の木ピクチャーズ)は魅力あふれる二十歳の青年たちの姿を描いたコメディだ。一人はかっこいいが女好き、もう一人は生活力はあるが金は無し、そして最後の一人は勉強がで…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02