映画「今日の恋愛」

2015年02月17日
今日の恋愛00

今日の恋愛00

18年間進展のない二人
その関係は、恋愛? 友情?

「今日の恋愛」

 

相手が求めるまま、全て叶えてあげるのにもかかわらず、100日も経たないうちにいつもガールフレンドから振られてしまう、小学校教師のジュンス(イ・スンギ)。ジュンスにとって、女心は永遠に解けない宿題だ。そんなジュンスには特別な友人がいる。現在、最も人気のある気象キャスターのヒョヌ(ムン・チェウォン)だ。
二人は毎日一緒にご飯を食べ、一緒に映画を見て、家まで送りとどけ、手をつなぎ、何かあるたびに助けてあげ、お互いの部屋の暗号番号まで知っている仲だが、恋人ではなく18年来の友人だ。ジュンスが子供の頃にした告白などは無視し続けるクールな性格のヒョヌだが、酒が入ると、男性問題でジュンスの前でいつも泣いてしまうことになる。彼女がいる会社の先輩(イ・ソジン)から、積極的な年下の男性のヒョボン(チョン・ジュニョン)まで、彼女の周辺には入れ替わり立ち代り男性が現れるため、ジュンスは、今日もヒョヌの世話に追われる。18年間、気持ちの整理もつかぬまま、進展もないままなのが、この二人の関係だ。
18年間、変わらない友情を持つ二人は、お互いを「親友」と呼ぶ。しかし、他人の目から見ると、100%、好きあっている同士の恋人直前の関係に見えてしまう。共通点があまりにも多く、いつもお互いの面倒を見あい、気にかける。このため、ジュンスとヒョヌの知人たちは「このまま二人は付き合ってしまえ」と勧めるが、その当事者たちは、「これは恋愛感情ではなく、友情だ」と主張し、お互いに向けた好感を無視する。
このジュンスとヒョヌの間は、友情だというにはあまりにも深い友情が問題だ。毎日一緒に時間を過ごす。たまに幼稚なスキンシップもあるものの、「興奮しない」というヒョヌのいたずらが混じった言葉でジュンスは固まってしまう。

今日の恋愛01
映画「今日の恋愛」は、韓国で男女の最もホットな恋愛トレンドである「サム」を表現した現実共感ロマンス映画だ。「サム」とは「something」の略語で「何か意味のある状態」を表す隠語だ。18年目、好意はあるものの、恋人として進展することもなく、かといって友達でもない、とても微妙な間を継続する「ジュンス」と「ヒョヌ」の話が、まさにこの「サム」だ。
「サム」をテーマにしただけに、映画はご飯を食べ、お酒も一緒に飲むものの恋人ではない関係、熱く引き会うわけでも、嫌いでもない感情などを盛り込んだ、最近の韓国内の男女の複雑で微妙な関係をリアルに描いている。「デートはするけど恋人ではない」と表面上では否定するものの、電話が来たらすぐ会いに行き、相手の気持ちを知りながら受け入れてあげず、常にもやもやとした気持ちを持ち続けて、消化できずにいる映画の中のキャラクターは、2015年を生きる現実の中の男女の姿がそのまま反映されている。

今日の恋愛02
俳優の演技は、ロマンチックコメディというジャンルのとおり、甘い感情が行きかう。特に、これまで清純なイメージ、または重みのある時代劇の中のキャラクターばかりを演じてきたムン・チェウォンが、これまでののイメージを脱ぎ放つ魅力的な演技で大きなイメージ変身をとげた。気象キャスターのヒョヌとして完全に変身したムン・チェウォンは、明るく活発なイメージにプラスして、セクシーでありながら抜けた部分もある、キュートな役柄を完全に消化した。叶わない恋愛のために泣き叫び、これ以上ないほどひどい姿で愚痴をこぼし、90年代のK-POPを熱唱する姿は、可愛いことこの上ない。
イ・スンギは、彼本来のキャラクターを膨らませ、世界中で誰よりも優しい男を演じる。歌謡、芸能、ドラマを制覇し、今回スクリーンに初挑戦するイ・スンギは、この「今日の恋愛」で、相手が望むことを全て叶えてあげながらも、100日もしないうちにいつも振られてしまう、もどかしい「ジュンス」役を演じ、サムと恋愛の間で苦しむ被害者の絶頂を見せつける。18年間、恋人ではない「ヒョヌ」を背負い続け、遊び相手となり、叩かれ続ける「ジュンス」。イ・スンギは安定した演技力で「ジュンス」とシンクロ率100%を見せてくれるので、イ・スンギのファンはもちろん、映画を見た観客は皆、イ・スンギのファンにならざる得ない。
イ・スンギとムン・チェウォンのカップルの演技も魅力的だが、映画に登場する街の風景も見どころだ。最近の男女のサムと恋愛を描いた映画らしく、この「今日の恋愛」は、弘大、 経理団通り、梨泰院、カロスキルなど、韓国ソウルの都心の若者たちのホットプレイスを舞台に、100%オールロケでの撮影が行われた。ジュンスとヒョヌがデートをする西橋洞カフェ通りから二人が家に向かう途中にある弘大の壁画通り、ジュンスがヒョヌの靴ひもを結んであげる麻浦大橋の展望台、ヒョヌに片思いをする年下の男・ヒョボンと話をする経理団通りなど、「今日の恋愛」は、セットではない町そのものの躍動感と、若い男女の清々しさを表現しているので、ソウル都心の中のデートスポットを見る楽しみまで、堪能できる。
| http://todaylove2015.co.kr

Pocket

関連する記事はこちら

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

延平海鮮

映画「延坪海戦」

2002年6月29日、忘れてはならない6人の勇者たち   映画「延坪海戦」   実話をモチーフにした「延坪海戦」は、2002年6月29日に発生した「第2延坪(ヨンピョン)海戦」を映画化した作品だ。映画は、大韓民国を守るために命がけで戦った勇士たちとその家族の物…続きを読む

防弾少年団

防弾少年団、日本最大の音楽フェスティバル「エイ・ネーション」初出演

 グループ防弾少年団がビッグバン、アイコンと共に日本最大の音楽フェスティバルの一つである「エイ・ネーション(a-nation)」に初出演する。防弾少年団は、8月28日、東京の味の素スタジアムで開催される「エイ・ネーション・スタジアムフェス(a-nation stadium fes…続きを読む

ビースト

「カムバック」ビースト、8つの韓国音源チャートで同時1位に

 5人組になって帰ってきたビースト(ユン・ドゥジュン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ヨン・ジュンヒョン、ソン・ドンウン)がオールキル神話を書き換えた。7月4日0時、各音源サイトを通じて公開されたビーストの3枚目の正規アルバムタイトル曲「リボン(Ribbon)」は、メロン、Mネット、…続きを読む

074c0c754a1b2ef41b331ffd92e2d73c-150x150

BIGBANGソル、日本で初のソロアルバム発売&ツアー開催

BIGBANGソル、日本で初のソロアルバム発売&ツアー開催  BIGBANGのメンバーソルが6月10日に韓国でセカンドアルバム「ライズ」の新譜発売に加え、日本でのソロアルバムの発売とソロツアーについて発表された。  8月13日のアルバム発売に合わせて、8月12日、日本初のソロツア…続きを読む

nothumbnail

「オールキル」ミス・エイ、大ヒットの予感

 ガールグループ、ミス・エイ(Miss A)の新曲である「他の男じゃなくあなた」への関心が熱い。発表から2日間、ヒットチャートのトップを保ちながら、大ヒットの兆しが見られている。 ミス・エイは、先月30日に7番目のプロジェクトアルバム「カラーズ(Colors)」を発表しながら本格…続きを読む

06da92a46ec9550ccfa15dc411e6dcfe-150x150

キム・スヒョン主演の「太陽を抱いた月」、 7月にNHK放送確定

キム・スヒョン主演の「太陽を抱いた月」、 7月にNHK放送確定    俳優キム・スヒョン主演のドラマ「太陽を抱いた月」は7月にNHKで電波に乗る。5月30日、キム・スヒョンの所属会社キーイースト側は「キム・スヒョンが出演したMBCの「太陽を抱いた月」は、7月にNHKで放送される」…続きを読む

CLC

CLC、7人組初の日本ミニアルバム発売「元気なチアリーダーに変身」

 ガールグループCLCが7人組として再整備し、日本ミニアルバムを発表する。CLCは7月27日、日本で2枚目のミニアルバム「チャミスマ(Chamisma)」を発表する。今年4月、日本進出の信号弾となるミニアルバム「ハイヒール(High heels)」以来、約3ヵ月ぶりに発表されるC…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02