映画「延坪海戦」

2015年08月26日

延平海鮮

2002年6月29日、忘れてはならない6人の勇者たち

 

映画「延坪海戦」

 

実話をモチーフにした「延坪海戦」は、2002年6月29日に発生した「第2延坪(ヨンピョン)海戦」を映画化した作品だ。映画は、大韓民国を守るために命がけで戦った勇士たちとその家族の物語だ。海軍出身の父の誇りの息子である艇長故ユン・ヨンハ大尉、頼りになる夫、操舵長故ハン・サングク下士、聴覚障害を持つ母親の一人息子である故パク・ドンヒョク上兵は、互いに助け合いながら、家族のような存在となる。ワールドカップの歓声でいっぱいだった韓国とトルコの3位決定戦の日、北朝鮮の奇襲艦砲攻撃が行われた。約30分間行われた海戦で、彼らは地獄を経験する。

チェ・スンジョ作家の同名小説を読んで感銘を受けたキム・ハクスン監督は、映画の演出をする決心を固めた。「戦死者と彼らの家族の痛みが自分のもののようだった」と告白した金監督は、本人が感じたままを観客たちに伝えるために、映画の臨場感向上に重点を置いた。美術チーム、セットチーム、衣装チームなどは、徹底した考証を通じてリアリティを生かした。3次元スキャナを使って高速艇を測定し、完璧に近い大鷲357号セット場を完成させ、階級ごとに海軍の軍服を製作した。

金監督は美術、セット、衣装などの細かいことから、映画の中心となる海戦を完全に再現し遂げた。また、金監督はワールドカップの応援シーンから戦士の告別式まで、映画の中に事件当時の映像を挿入し、リアリティを高めた。その中で最も力を入れたのは戦闘シーンだ。実際の戦闘が行われた31分間を表現した。海と空を行き来して行われた撮影は、リアルな戦闘シーンを表現することができ、苦しみの中で追い詰められた軍人の姿を捉え出した。戦争の苦痛が切々と伝わるクライマックスだ。

映画の核心である戦闘シーンはキム・ムヨル、ジン・グ、イ・ヒョヌなどをはじめ、イ・ワン、ハン・ソンヨン、キム・ドンヒなどの俳優の熱演があったため、より輝いた。降り注ぐ砲声の中で死んでいく戦友を助けるため、死闘を繰り広げる戦友愛、極度の恐怖心に追いやられる精神、生命を脅かす対象への怒りなど、言葉にならない感情が絡まった戦闘シーンでは、観客たちまでも息ができないほどにする。また、戦死者たちの崇高な死の意味を彷彿させる。

延平海鮮02

物足りなさを感じる部分もある。あまりにも分かりきった内容や、必要以上に強調される愛国心、そして最初から最後まで、涙腺を刺激するためのシーンは、不自然で完成度が不足している。分かりきった3流メロドラマになってしまうところを、31分のリアルな戦闘シーンが救ったといえる。

韓国内では映画の封切りと共に政治的な理念論争も生んだ。当時の大統領と政府が北朝鮮と戦った延坪海戦戦死者と生存者をないがしろにし、無視してしまったと映画の中のニュアンスが感じられるためだ。結論からいえば、これは誤った事実であり、事実に対する誤報だ。当時、政府は、戦死者と生存者に対して原則に基づく最善の待遇を行い、交戦による死傷者に十分な補償を困難にする不合理な法令の改善に乗り出した。それでも映画は当時の大統領が戦死者たちの告別式に行かずに日韓ワールドカップ3位決定戦観覧のために日本に行って試合を観戦したという断片的な事実だけを映像で浮上させる。克明なコントラストを通じて愛国保守主義を強調しようとしたが、特定の政権に対する非難、議論を招き、以前の政権に批判的な保守政権の味覚に合わせた映画となり、政治理念を離れて、すべての国民に知らせないといけない韓国海軍の勝利した戦いである延坪海戦を、みすぼらしく作ってしまった。

政治理念論争に伴う物足りなさは大きいが、北朝鮮と対峙している韓国の情勢とリアルな戦闘シーンはかなり大きな見どころとなるのは事実だ。リアルで凄惨な戦闘シーン、実話だからこそ、胸を焦がすストーリー。韓国の華やかさとは違う戦時状況を間接体験してみたい人に、映画「延坪海戦」が良い選択となるだろう。

Pocket

関連する記事はこちら

fcaa5a6e0d6ce5ace240faaac66e39e5-150x150

映画「ドキドキ私の人生」

悲しいけれど悲しくない家族愛の物語 「ドキドキ私の人生」    映画「ドキドキ私の人生」(監督:イ・ジェヨン/製作社:チプ)は、先天性早老症を患っている子供・アルムについての話だ。韓国文学界に「家族」をテーマとして大きな感動を与えた作品であり、韓国文学界で最も注目される若手作家に…続きを読む

師任堂‐光の日記

イ・ヨンエ、ソン・スンホン主演 「師任堂‐光の日記」、1月26日初回放送

 歴代級の逸品ドラマの誕生を予告している「師任堂(サイムダン)」が1月26日、SBS‐TVを通じて初回放送でお茶の間を訪ねる。SBSドラマ「師任堂 – 光の日記」は、完全事前製作ドラマとして昨年5月に撮影を終え、昨年末まで作品の完成度を高めるために後半作業を進め、SB…続きを読む

チャン・ドンゴン

チャン・ドンゴン、10月スパイ映画「VIP」主演確定

俳優チャン・ドンゴンが10月からスパイの世界に入る。最近、果敢な演技の変化を試みながら、新しい出演作に映画「VIP」を確定した。10月の撮影を控え、現在詰めの準備の真っ最中だ。 チャン・ドンゴンが主演する「VIP」は、北朝鮮の高位子弟が引き起こす事件を解決するための南北の情報戦を…続きを読む

TWICE

TWICE、アジアツアーを通じて「海外進出スタート」

 デビュー2年にして韓国を代表するガールグループとなったTWICEが、今年2月17日、ソウルコンサートを皮切りに、本格的なアジアツアーによって海外進出に乗り出す。現在、アジア各国と公演日程の協議中で、4月8日タイのバンコク、4月29日シンガポール公演の日程は最近確定した。香港など…続きを読む

icon

アイコン、日コンサート 追加公演確定「熱い反応」

 グループ・アイコンが日本で大きな人気を集めて追加公演を開催することになった。YGエンターテイメントは、アイコンの2回目の日本アリーナツアー「アイコンジャパンツアー2016(iKON JAPAN TOUR 2016)」のチケット応募数が殺到し、10月26日東京国立代々木競技場第1…続きを読む

트와이스_일본쇼케이스

トゥワイス 日本正式デビュー、オリコンデイリーチャートも1位

 トゥワイスが日本デビューショーケースで1万5千余名のファンを熱狂させ、現地に「Kポップ代表ガールグループ」の本格進出を公表した。トゥワイスは、7月2日にデビューショーケースとしては異例のアリーナ公演会場である東京体育館で「TWICE DEBUT SHOWCASE Touchdo…続きを読む

チェ・ジウ

チェ・ジウ、「キャリアを引く女」で ドラマカムバック

 俳優チェ・ジウが「キャリアを引く女」の主人公にキャスティングを確定し、TVドラマを通じて視聴者を訪ねる。 MBCは、公式報道資料を通じて「9月放送される月火ドラマ『キャリアを引く女』の主人公にチェ・ジウがキャスティングされた」と明らかにした。 「キャリアを引く女」は、魅力的で有…続きを読む

ワンアジアフェスティバル

韓流メガイベント「釜山ワンアジアフェスティバル」10月1日に開幕

 SHINee、少女時代、BTS、AOA、TWICE、IOIなど、そうそうたるK‐POPアーティストたちが集結する韓流メガイベント「2016釜山ワンアジアフェスティバル」(以下、BOF | www.bof.or.kr)が10月1日から23日まで開幕する。 釜山アジアードメイン競技…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02