映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

2016年03月24日

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、
「涙の演技はまだ難しいです」

 

チェジウ 一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少したどたどしい口調が視聴者たちの心を振るわせる大きな役割をした。

ところが、チェ・ジウが変わり始めた。ここ数年の間に「怪しい家政婦」、「誘惑」などのドラマで、個性的であくの強いキャラクターを演じ、以前のイメージを消した。長年の経験の中で積んできた幅広い演技力が光を放つ瞬間だった。さらにはリアリティ旅行番組「花よりおじいさん」に合流し、視聴者に対する大きな親近感を与えた。

最近、映画「好きになって」の封切りを控えたチェ・ジウに会った。予想よりも背が高く、顔の小ささが印象付けられた。エレガントで上品な雰囲気が「ジウ姫」というニックネームにふさわしい姿だ。しかし、それよりも魅力的なのは、率直で芯が強い性格だった。

「私がこの映画を選んだのは、シナリオがとても面白かったのがまず最初の理由です。とても異色的でした。ワントップかツートップかとか、そんなことには比重を置きませんでした。(マルチキャスティングが)久しぶりに映画に出る時に心強いと思いました。一人でするよりは一緒にするほうがはるかに大きな力になるのではないかと思ったのです」

映画「好きになって」は、SNSで何の気なしに「いいね」を押していたら、本当に好きになってしまった6人の男女の、生涯で最もときめくロマンスを描いた映画だ。劇中、チェ・ジウは天然ボケながらも愛らしいCAのハン・ジュランを演じた。相手役のキム・ジュヒョクとの呼吸はが合っていたのはいうまでもない。

チェ・ジウは、自分が演じたCAのほかにも演じてみたい配役が多かったと打ち明けた。イ・ミヨンやイ・ソンが演じたキャラクターもとても魅力的だったからだという。オムニバス映画であるため、キム・ジュヒョクと演技したシーン以外には、他の二つのカップルの撮影現場はほとんど見られなかったため、試写会で初めて映画に接した。

「他の俳優たちと接する場面があまりなくて、撮影しながらユ・アイン氏には会えませんでした。ソムにも会えなかったし。お酒の席も多くはあり​​ませんでした。特に私がいなことが多かったのは、ドラマの撮影をしながら映画の撮影をしたからなんです。スケジュール上、私が迷惑をかけたと思います。最初の祈願祭をする時と台本リーディングするときに会って、映画の広報をしながら、より親しくなりました」

実際に映画を観てみると、3カップルのうち、「笑い担当」は、キム・ジュヒョクとチェ・ジウだということが分かる。古狸のようなキム・ジュヒョクの魅力は、前作をを通じても多く接することができたが、「白痴美」チェ・ジウと出会って、笑いのレベルがさらに高まった。

「演技する時のトーンをああしたりこうしたりと、いろいろやってみました。ジュヒョクさんと仲良くなる前に、同棲するシーンから撮って、最初の空港のシーンを一番最後に撮ったんです。ジュヒョクさんのロマンチックコメディー『洪班長』、『シングルズ』を観て面白かったので、心配はしませんでした。(ジュヒョク)お兄さんがトーンを整えてくれました。パートナーの力が大きかったと思います」
映画「好きになって」でキム・ジュヒョクはチェ・ジウの恋愛成就を支援するためにSNSのコーチを引き受ける。「見せる」ことに特化したSNS活用術に優れた才能を発揮する彼の姿に思わず笑ってしまう。実際、多くの芸能人がSNSを通じて大衆と疎通しているが、チェ・ジウは今もファンカフェを愛用している。

「私もSNSを始めてみようか、どうしようかとけっこう悩みました。加入はしていて、見るだけは見ます。私は主にファンサイトを利用して、直接、書き込みをします。ファンは当然、SNSもして親密な関係で疎通したいと思うでしょう。でも、本当に私が好きなファンとの疎通であればともかく、たくさんの人が見て記事化されているのが負担になって、慎重になったんです」

今回の映画は、コミカルな要素と感動のドラマが入り混じっている。「涙の女王」チェ・ジウは「好きになって」でも格別な涙の演技を披露する。しかし、涙の中の笑いがある点が、以前とは異なっている。

「泣く場面は初日に撮影しました。難しいとかいうことはありませんでした。現場の雰囲気に慣れていたし、本当に気が楽でした。ジュヒョクさんの思いやりがたくさん感じられました。キム・ジュヒョクではなく、『チョン・ソンチャン』になって、演技をするのですが、あまりにも自然に投げかけるので、受け取るしかありませんでした。自然に溶け込んだ感じです」

しかし、チェ・ジウにとっても、涙の演技がいつも簡単だったわけではない。時には納得がいかない場面で涙を流さなければならない状況もあった。

「ドラマ『第二の二十歳』では、感情シーンが一番簡単でした。その時は台本に無理がなく自然に流れていくので、そのような場面を撮る時はNGがありませんでした。たまに(他の作品で)無理に涙をしぼらなければならない時があります。状況が涙まで流すことではないような状況なのに台本にそのような指示があると、もうもどかしくて仕方がありません。しかし、台本がよければ自然に引き込まれていって涙が出るのです」

映画の中で泣き笑いしながら、ジュランは本当に自分が願うものが何なのか分かるようになる。愛においても、ときめきではなく心地よさを選択する。結婚適齢期になって久しいチェ・ジウにとっても絶対的な共感を得た場面だった。

「もちろん、ときめきがある恋愛が大事でしょう。それでも、私も自然に心地よいものを選択すると思います。劇中、ジュランが相手によく見せようと思って、おいしいものを食べないで、家に帰ってラーメンを貪るように食べるじゃないですか。苦労してハイヒールを履いて外出したのに足が痛くなって。結局、最後には心地よさを求めるようになるでしょう? ときめくのは子供の頃にやるだけやったことですからね(笑)」

 

記事提供:ニュース1スター | www.news1star.co.kr

写真提供:CJエンターテイメント

Pocket

関連する記事はこちら

YG보석함

ボーイズグループ選抜プロジェクト「YG宝石箱」11月16日初公開

 YGエンターテイメントが新規サバイバルリアリティー番組「YG宝石箱」を11月16日から公開する。「YG宝石箱」はビッグバン、ウィナー、アイコンに続いてYGが4年ぶりに披露するボーイグループを選抜するプロジェクトを盛り込んだサバイバル放送だ。 放送を通じて、ミッション中心の既存の…続きを読む

러블리즈_일본콘서트

ラブリーズ、8月5日、日初の単独コンサート開催

 ラブリーズが日本で初の海外単独コンサートを開催する。所属事務所のウルルムエンターテイメントによると、ラブリーズは来月8月5日から6日の両日、日本ジェフ東京で初の単独コンサート「2017 LOVELYZ CONCERT Alwayz in JAPAN」でファンと出会う。 特に7月…続きを読む

2e3c228ece791f860f5e8f01422153e9-150x150

失うものはない男と女、崖っぷちで出会う「泣く男」

今月の映画 失うものはない男と女、崖っぷちで出会う 「泣く男」 幼い頃両親に捨てられて孤児になったコン(チャン・ドンゴン)。1970年代の韓国の孤児たちの運命がそうであったように、コンもアメリカの見知らぬ町に養子に出される。養子になると同時に普通の生活が待っているかと思いきや、運…続きを読む

074c0c754a1b2ef41b331ffd92e2d73c-150x150

BIGBANGソル、日本で初のソロアルバム発売&ツアー開催

BIGBANGソル、日本で初のソロアルバム発売&ツアー開催  BIGBANGのメンバーソルが6月10日に韓国でセカンドアルバム「ライズ」の新譜発売に加え、日本でのソロアルバムの発売とソロツアーについて発表された。  8月13日のアルバム発売に合わせて、8月12日、日本初のソロツア…続きを読む

K-live

K-popホログラムコンサート「K live」

いつでも韓流スターに会える! K-popホログラムコンサート「K live」    あなたは誰か好きなスターがいるだろうか? 好きなスターがいたら、日本でのコンサート情報はもちろん、韓国でのコンサート情報まで調べて予約をして(人によっては休暇をとってまで!)スターに会い…続きを読む

2018AAA어워드(공식포스터)

2018 AAA、「BTS、トゥワイス、イ・ビョンホンなど韓流スターが集結」

 全世界を輝かせたアジアのトップアーティストが集う「2018アジア・アーティスト・アワーズ(2018 AAA)」が来る11月28日に開幕を確定した。今年で3回目を迎える「2018 AAA」は、世界初の歌手・俳優統合授賞式で、一年で最も輝いたスターが一堂に会するアジア代表カルチャー…続きを読む

영화리뷰_메인

新作映画「神と共に‐罪と罰」

楽しさと感動を兼ね備えた地獄の旅 見たことのないあの世の世界が目の前に   人は皆、死ぬ。しかし死後の世界、あの世のことは誰も知らない。韓国最大のポータルサイトであるネイバーで連載されたチュ・ホミン作家のウェプトゥーン「神と共に」は、仏教信仰に語り継がれていた韓国の地獄…続きを読む

남한산성_스틸1

映画「南漢山城」

屈辱の歴史に向き合った二人の臣下、真の忠臣は誰だ?    仁祖(インジョ)14年(1636年)「丙子胡乱」。恥辱的な歴史を扱った映画「南漢山城」は、悲しみ、悲哀、空腹、寒さに満ちている。青みがかった画面に姿を現す寒々とした雪のように心が寒くなる、王と大臣、民の顔は、まる…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02