GOT7、10月に歌謡界カムバック、MV撮影も開始

2017年09月25日

got7_컵백 グループGOT7が、10月、歌謡界にカムバックする。GOT7は9月1日に新譜タイトル曲のミュージックビデオ撮影のために仁川国際空港を通じて香港に出国した。

GOT7のカムバック日は10月中となる見通しだ。3月にミニアルバム「フライトログ:アライバル」の発表して以来、約7ヵ月ぶりの完全体でのカムバックだ。

GOT7は今年3月に「ネバーエバー」の活動の後、それぞれの活動に重点を置いてきた。JB、ジニョンはJJプロジェクトを5年ぶりに再稼働させ、ジャクソンは中国、ベンベンはタイでソロデビュー等個々の活動を続けてきた。このたび久しぶりに完全体で登場したことから、ファンの期待もこれまで以上に高くなるものと見られる。

GOT7は2014年のデビュー以来、着実に成長を重ねてきたグループ。特に、アルバム「フライトログ:アライバル」は、アルバム販売高30万枚を突破し、自己最高記録を更新した。このように変わらない成長を続けてきたのGOT7が7ヵ月ぶりの完全体カムバックでも、これに続く成果を上げることができるか関心が集められる。新譜は10月中に発表される予定だ。

Pocket

関連する記事はこちら

06da92a46ec9550ccfa15dc411e6dcfe-150x150

キム・スヒョン主演の「太陽を抱いた月」、 7月にNHK放送確定

キム・スヒョン主演の「太陽を抱いた月」、 7月にNHK放送確定    俳優キム・スヒョン主演のドラマ「太陽を抱いた月」は7月にNHKで電波に乗る。5月30日、キム・スヒョンの所属会社キーイースト側は「キム・スヒョンが出演したMBCの「太陽を抱いた月」は、7月にNHKで放送される」…続きを読む

박지성_홍보대사

「二つの心臓」パク・チソン、2018平昌広報大使として活動

 2002年韓日ワールドカップトップ4の主役、パク・チソンが2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会のために活躍する。組織委員会は、8月4日「イ・ヒボム組織委員長が午後、ソウル中区プレスセンターのナショナルプレスクラブにて、元国家代表サッカー選手のパク・チソンを広…続きを読む

コン-ユ

「ありがちなロマンチックキャラクターはやりたくない」 孔劉の訳あるこだわり

「ありがちなロマンチックキャラクターはやりたくない」 孔劉の訳あるこだわり    孔劉(コン・ユ)は、柔らかさの代名詞のような俳優だ。キャラクターを通じて多くの変身を遂げてきたにもかかわらず、女性ファンたちはコーヒーのCFのジェントルな彼の姿が「本当の孔劉」だと思ってい…続きを読む

nothumbnail

T.O.Pと上野樹里、韓日合作ドラマで共演

 韓国人気グループ「ビッグバン」のT.O.P(本名チェ・スンヒョン)と、女優の上野樹里が韓日合作ドラマにて恋人役で出演する。韓国大手エンターテイメント企業のCJ E&Mは3月31日、「日本の大手芸能プロダクションのアミューズと共に1年間の企画段階を経て、本格的なドラマ制作に入るこ…続きを読む

延平海鮮

映画「延坪海戦」

2002年6月29日、忘れてはならない6人の勇者たち   映画「延坪海戦」   実話をモチーフにした「延坪海戦」は、2002年6月29日に発生した「第2延坪(ヨンピョン)海戦」を映画化した作品だ。映画は、大韓民国を守るために命がけで戦った勇士たちとその家族の物…続きを読む

손호준_일본팬미팅

ソン・ホジュン、「告白夫婦」日本放送前に初の日本ファンミーティング開催

 俳優ソン・ホジュンが生涯初めての日本ファンミーティングを開催する。所属事務所YGエンターテイメントによると、ソン・ホジュンは、2018年2月4日、日本東京で単独ファンミーティングを開催する。2018年2月に「告白夫婦」日本放送を控えて設けられたファンとの最初の出会いであり、その…続きを読む

チェ・ジウ

チェ・ジウ、「キャリアを引く女」で ドラマカムバック

 俳優チェ・ジウが「キャリアを引く女」の主人公にキャスティングを確定し、TVドラマを通じて視聴者を訪ねる。 MBCは、公式報道資料を通じて「9月放送される月火ドラマ『キャリアを引く女』の主人公にチェ・ジウがキャスティングされた」と明らかにした。 「キャリアを引く女」は、魅力的で有…続きを読む

워너원_해체

グループ「ワナワン」が解体、メンバー11人が第2幕を準備

  プロデュース101を通してデビューしたグループ「ワナワン」のすべてのスケジュールが終わった。約1年6ヵ月の間、シンドローム級の人気を呼んで活動してきたワナワンは、今年1月24日から3日間、ソウル九老区の高尺スカイドームで最後のコンサートを開催した。公式の契約期間は昨…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02