TWICE、アジアツアーを通じて「海外進出スタート」

2017年03月09日

TWICE デビュー2年にして韓国を代表するガールグループとなったTWICEが、今年2月17日、ソウルコンサートを皮切りに、本格的なアジアツアーによって海外進出に乗り出す。現在、アジア各国と公演日程の協議中で、4月8日タイのバンコク、4月29日シンガポール公演の日程は最近確定した。香港などの他の地域でも近いうちに日程が決まる予定だ。

トTWICEの海外人気はすでにYouTubeの再生回数で証明された。TWICEは2015年に発表したデビュー曲「Like OOH-AHH」から昨年発表した「CHEER UP」と、最近の曲「TT」まで、TWICEの名前で発表した3枚のミニアルバムのタイトル曲のすべてのミュージックビデオでYouTubeの再生回数1億件以上を記録した。

日本の活動については公式発表はない状況だが、日本での高い人気を土台に、水面下の活動が進行していると伝えられた。公式アルバムの発売がないにもかかわらず、日本現地のSNSとインターネットを通して多数の音源が紹介され、韓国内のTWICEの活動をニュースで報道するなどの人気を意識して、所属事務所であるJYPはTWICEの日本語公式ホームページとツイッターなどのSNSアカウントもオープンを完了して運営している。

一方、韓国K-POP業界はTWICEの日本での話題性の高さと、3人の日本人メンバー(モモ、サナ、ミナ)が共に活動している拡張性に基づいて、TWICEが少女時代とKARA以降、命脈が絶たれた日本でのK-POPブーム拡散の契機になるものと予想している。

Pocket

関連する記事はこちら

이병헌_드라마_미스터선샤인

イ・ビョンホン、ドラマ「ミスターサンシャイン」で8年ぶりにTVドラマ出演

 俳優イ・ビョンホンが「太陽の末裔」(2016)、「鬼」(2017)など、大人気ドラマ作家であるキム・ウンスク作家の新作ドラマの主人公を務めることとなった。 製作会社ファエンダムピクチャーズ側はイ・ビョンホンがキム作家の次期ドラマ「ミスターサンシャイン」の出演を確定したと発表した…続きを読む

방탄소년단_월드투어

BTS、8月ソウルでコンサート開催「11都市ワールドツアー開始」

 BTS(防弾少年団)が8月からソウルを皮切りに、全世界「LOVE YOURSELF」ツアーに突入する。ビッグヒットエンターテインメントは、4月25日深夜、BTS公式ファンカフェやSNSチャンネルを通じて「LOVE YOURSELF」ツアーのティーザーポスターを公開して、ソウル、…続きを読む

준케이_일본앨범

2PM JUN. K、日本全国ツアー開催決定

 グループ2PMのJUN. Kが日本で新しいアルバムを発売して全国ツアーを開催する。JUN. Kの所属事務所JYPエンターテイメント(以下、JYP)は最近、2PMの日本公式ホームページとSNSチャネルを通してJUN. Kが3月21日、日本での4枚目のミニアルバム「ノータイム(NO…続きを読む

방탄소년단_일본활동

防弾少年団、正規アルバムで日本カムバック確定

 グループ「防弾少年団(アールエム、ジン、シュガ、ジェイホープ、ジミン、ブイ、ジョングク)」が日本で3枚目の正規アルバムを発表する。防弾少年団は4月4日に3枚目の日本正規アルバム「フェイス・ユアセルフ(FACE YOURSELF)」を発売、2016年9月の正規セカンドアルバム「ユ…続きを読む

bf6c30c6daf77511a43e282fd7a47e0a-150x150

映画「タチャイカサマ師 – 神の手」

永遠の友も永遠の敵もいない賭博黙示録 「タチャイカサマ師 – 神の手」    「タチャ」とは、韓国語で最高のギャンブラーという意味だ。賭博場でのみ使われる言葉だが、最近では一つの分野で最高の実力を持った第一人者を意味する俗語としても使われる。映画「タチャ イカサマ師‐…続きを読む

二十歳

映画「二十歳」

「一番恥ずかしい瞬間、僕らは一緒だった」 新作映画「二十歳」    映画「二十歳」(監督イ・ビョンホン、製作映画の木ピクチャーズ)は魅力あふれる二十歳の青年たちの姿を描いたコメディだ。一人はかっこいいが女好き、もう一人は生活力はあるが金は無し、そして最後の一人は勉強がで…続きを読む

Kchan_한류채널

スマートフォンで楽しむ韓流チャンネル「Kchan! 韓流TV」開局

 日本を代表韓流チャンネルKNTVとアジアエンターテイメントチャンネルDATVを保有しているDAグループが、スマートフォンやタブレットを通して韓流チャンネルをいつでも楽しむことができるモバイルリニア伝送チャンネルである「Kchan! 韓流TV」を1月31日に開局した。 「Kcha…続きを読む

チェジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ

映画「好きになって」で帰ってきたチェ・ジウ、 「涙の演技はまだ難しいです」    一時、チェ・ジウは「涙の女王」として通じた。ドラマ「冬のソナタ」、「天国の階段」などで、純粋で善良なキャラクターを演じ、切々たる演技をしたことによる。白い肌と華奢な体つき、澄んだ瞳、少した…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02