「天使大橋」の開通でより便利に「天使の島」を楽しむ ~全羅南道・新安郡

2019年07月24日

 韓半島の南西、木浦の前には「天使の島」と呼ばれる群島がある。その天使の島に「天使大橋(チョンサデギョ)」という橋が今年4月4日に開通して話題になっている。韓国で唯一、島だけで構成された郡、新安郡(シナングン)だ。美しい自然とみどころが満載の天使の島を紹介しよう。文/町野山宏記者

 

「天使の島」という別名を聞いて、韓国語が少し分かる人なら予想がつくかもしれない。「1004」という数字は韓国の読み方で「天使」と同音なのだ。それでは、何が「1004」なのかというと、島の数。なんと、有人島と無人島を合わせて1004の島があるという。韓国にある島の半分が新安郡にあるというのがだから驚きだ。

そんな天使の島にかかった天使大橋は、新安旅行に羽をつけてくれる、まさに天使の羽といえるだろう。その意義だけではなく、実際の形もMの字となっており、天使の羽をモチーフにしている。全長10・8キロの韓国で4番目に長い橋だ。新安郡の郡庁がある押海島と岩泰島までをつないでいる。橋の中央に立つ塔の上にはダイヤ(ひし形)に抜かれているが、これはひし形に並んぶ新安郡の島々を象っている。現在は岩泰島(アムテド)から慈恩島(チャウンド)、八禽島(パルグムド)、安佐島(アンジュアド)の4つの島が橋で結ばれているが、今後9つの島を橋でつないでダイヤ型を完成させる予定だという。

天使大橋から眺める島々の姿が美しい。新安郡の島々を少し高いところから眺められれる絶好のポイントだといえよう。道路の制限速度も60キロとなっているため、ゆっくりと天使の島々を堪能できる。天使大橋を渡ってから右に折れるとオド船着場があるが、天使大橋の全体をカメラに収めるには最適なスポットなので憶えておこう。

岩泰島には多くのみどころがあるが、中でも最近人気を集めているのが老夫婦の姿を描いた壁画だ。ある家の白い塀に老夫婦の顔が並んで描かれているが、老夫婦の頭は塀の中にある二本の木で、もじゃもじゃのいわゆるおばさんパーマのようなユーモラスな姿なのだ。にこやかな夫婦の絵のモデルは、この家に住むムン・ビョンイルさんとソン・ソクシムさん夫婦。いろいろな人がここで写真を撮っていくため、一躍有名になった。

 

sinan_fuufu

 

天使というキーワードから、キューピッド、エロスとつながったのだろうか? 岩泰島には「エロス書刻博物館」というちょっと変わった博物館もあり、新安郡の必須訪問地となっている。チョン・ベギュン作家の木彫作品を展示している博物館だが、「書刻(ソガク)」と呼ばれる木彫作品を展示している展示室と、未成年入場不可の「異色性体験部屋」という展示室がある。好奇心をくすぐる博物館だ。

 

1481244624_5

 

女人松の悲しい伝説が残る「慈恩島」

次に岩泰島から北に向かい、慈恩島を訪ねてみよう。慈恩島には美しい砂浜が9ヵ所あり、海を眺めながら散策するには最適だ。その中でも「ウィンドビーチ」という異名をとるトゥンジャン海岸は9ヵ所の砂浜のうちで最も広い。砂浜と干潟が共存しており、ムツゴロウなどの魚や貝などが豊富だ。遠浅になっているため、水が引いたときには小さな海辺の動物たちを遊ぶこともできる。ゥンジャン海岸のすぐ前には二つの島があり、歩いて渡れる橋を建設中だ。沖の小さな島々の向こうへ沈んでいく夕日を眺めるのもトゥンジャン海岸ならではの楽しみの一つだ。

 

1527572237_2

 

1479106139_3_w600h1 岩泰島のプンゲ海岸には朝鮮時代に造成された防風林があるが、そこには「女人松」の伝説が伝えられている。昔、この村に貧しいながらも仲良く暮らす夫婦がいた。ある日、ささいな口争いの後に漁に出た夫は嵐に遭い、帰らなくなった。妻は毎日海を眺めながら夫の帰りを待ったがいくら待っても帰ってこなかった。ある夜、妻は夢を見た。逆立ちをしていると夫が帰ってくる夢だった。次の日から妻は毎日大きな松に上って夫を待っていたが、ある寒い冬の日、木から落ちて凍死してしまう。その後、帰ってきた夫が妻の遺体を松の木の下に埋葬すると、その松の木は逆立ちをする女性の姿に変わったという。悲しい逸話が残る松ではあるが、夫婦の縁をより強くしてくれるという言い伝えもあり、多くの人が訪れる名所となっている。

 

 

 

パープル橋で島から島へ「安佐島」

慈恩島から岩泰島に戻り、さらに八禽島、安佐島まで行ってみよう。安佐島の楽しみの一つがパープル橋だ。周囲に紫の花がたくさん咲いているということでその名が付けられたが、もとは「天使の橋」、「希望の橋」と呼ばれていたが、天使大橋がかけられることで名が変わったという。

 

1481085679

 

パープル橋は安佐島と朴只島(パクジド)」を結び、さらに朴只島と半月島(パノォルド)を結んでいる。歩行者と自転車だけが渡れる橋で、安佐島から朴只島までが547m、朴只島から半月島までが915mだ。

朴只島と半月島を結ぶ区間には一つの伝説がある。僧露頭(チュンノドゥ)と呼ばれる石で作った道の話だ。昔、半月島に若くて美しい尼が住んでいた。朴只島に住む一人の僧侶が、一度も会ったことのない半月島の尼の立ち振る舞いを遠くから見て慕うようになった。ある日、朴只島の僧侶は石を運んで干潟に道をつくり始めた。間もなく半月島の尼も石を運んで対岸から道をつくるようになった。月日は流れ、二人は中年になっていたが、石を運び続け、ついに道はつながった。ついに出会って涙を流しながら抱き合う二人。しかしその時、満ち潮になって、二人はそのまま水の中へ消えていったという。その石で作った道は今も残り、引き潮の時はパープル橋から見ることができる。

 

1481085742_3

 

干潟を眺めながら歩くパープル橋も楽しいが、人口が100人ほどの半月島も、自然と共に生きる村の姿が今も残り、散策にはもってこいだ。特に、「タンスプ」と呼ばれる林は、600年前に村ができた頃に植えられたエノキ、ケヤキ、ツバキなどが生い茂り、2013年に「美しい林全国大会」で「共存賞」を受賞した。

 

1479165511

 

安佐島には芸術家の足跡も残っている。韓国を代表する抽象画家の金煥基(キム・ファンギ)が生まれ、幼少時代を過ごした韓屋が残っている。1920年に白頭山から運んできた立派な木材で建てられたという。この韓屋だけではなく、村のところどころに金煥基画伯の作品をモチーフにした壁画が描かれている。金煥基画伯のインスピレーションの源泉となったであろう新安の島々。美しい自然と温かい人情を堪能できる旅に出てみよう。

 

1479165124_2

 

Information

新安郡の旅行には車が必須となるが、今年4月19日から「1004島シティーツアーバス」が運行している。毎週金・土・日に1日1回ずつ運行する。朝9:30に木浦駅を出発し、天使大橋、安佐パープル橋、金煥基生家、慈恩島プンゲ海岸、女人松の林、エロス博物館or1004盆栽公園を回って17:00に木浦駅に到着する。利用料金は大人1万ウォン、小中高生5千ウォン(食費、入場料などは別途)。ツアーの問合せ・申し込みは、マンナムツアー旅行社(061-244-7703/韓国語)まで。

その他、新安郡では自転車ツアー、セイルヨットなどの体験ツアーも行われている。各体験についての詳細は、新安郡の文化観光サイト(http://tour.shinan.go.kr/)を参照。

Pocket

関連する記事はこちら

平昌郡守

「2018冬季五輪開催の地・平昌、世界的リゾート観光聖地として跳躍」

Special Interview   「2018冬季五輪開催の地・平昌、 世界的リゾート観光聖地として跳躍」   沈在國・平昌郡郡守   ソウルから東に90分余り、仁川空港から出発すると、3時間で到着する天恵の観光都市、江原道がある。江原道のいたる…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

安東仮面劇

丸ごと楽しむ慶尚北道 ② 〈安東、聞慶、慶山〉伝統村、茶碗の故郷、韓方化粧品

 慶尚北道は韓国の精神 文化の中心地いわれる。ソンビとよばれる儒教の徳目を大成した人が多く住んでいた地域であるためだ。その中心は慶尚北道の中でも安東市にあるといって過言ではない。そして、安東の隣の聞慶にはソンビたちの出世にちなんだ歴史的遺跡があることで知られている。韓国人の間で「…続きを読む

八公山桜祭り

韓国の春を満喫したいなら? カラフル都市「大邱市」に会いに行こう!!   時間をかけて少しずつやってくる日本の春と違い、韓国の春はその到来もダイナミックだ。グレーだった景色が、ある日突然ピンクや黄色に染まりだし、辛い寒さを味わった冬を一度に忘れさせてくれるパワーがある。…続きを読む

甘川文化村

華やかな映画祭が開かれる感性に満ちた港湾都市 – 釜山

韓国最高の海洋観光地として名高い韓国第2の都市・釜山市。ソウルに劣らない見所満載の観光名所だ。釜山の名物は多様だが、秋の釜山を語るテーマは「感性&文化旅行」。素朴な都市の風景に癒され、映画ファンを魅了する釜山国際映画祭が迎えるため、感性を充電する旅行を楽しむなら釜山を置いて他には…続きを読む

20201015_113716

韓国観光公社の海外広報映像「安東編」が人気!

(Feel the Rhythm of Korea youtubeより) 韓国観光広報のバイラル映像であるアンドン(安東)編がモッポ(木浦)、カンヌン(江陵) 編とともにYouTubeとFacebookにて今月13日から公開された。 この映像は観光公社が過去7月末に海外広報のため…続きを読む

1200x1_1517273521

近代の面影を巡り、新鮮な刺身に舌鼓を打つ…木浦は港だ

 韓国で近代遺産が多く残るところがいくつかある。仁川や群山は有名で、日本人や西洋人たちが建てた近代建築が街のあちらこちらに残っている。仁川と群山に共通するのは港湾都市として発展したということだ。多くの人と物資が行きかう場所として栄えたわけだ。そしてもう一ヵ所、忘れてはならない港湾…続きを読む

KakaoTalk_20201018_143221498

秋を満喫したいなら江原道楊口・東海・ 寧越(3)

愛の不時着で北朝鮮に飛ばされたパラグライダーが体験できる 寧越郡 またソウルへと向かうのに、そのまま高速道路で向かってしまうにはもったいない。ということで、コロナ禍の際、日本でも大人気となった「愛の不時着」の撮影が行われた寧越郡へ向かいました。愛の不時着の第一話の中で、 セリ(ソ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02