「韓方と自然ヒーリングの新名所、2016年の観光都市・堤川市です」

2016年03月15日

「韓方と自然ヒーリングの新名所、
2016年の観光都市・堤川市です」

 

インタビュー: 李根圭・堤川市長

 

堤川市長 2016年、忠清北道堤川(チェチョン)市が世界的な観光都市へと成長する。韓国政府が指定した「2016今年の観光都市」に堂々と名を連ね、2014年から2年をかけて準備した韓方と自然ヒーリングをテーマに、まったく新しいスタイルの韓国旅行を披露する予定だ。「内陸の海」と呼ばれる清風湖畔の絶景を筆頭に、世界保健機構(WHO)の指定韓方健康都市の名にふさわしい新しいヒーリングテーマまで、ここ堤川市で体験できるため、新しい韓国旅行を探している人に堤川は理想郷といって間違いない。2016年、今年の観光都市として新しい旅行の楽しさを提供する堤川市の観光マスタープランを李根圭・堤川市長とのインタビューを通じて聞いてみた。
文/李相直記者

 
忠清北道堤川市という都市は、外国人観光客にとっては聞き慣れない名前だが、韓国内では韓方と、韓国最大の淡水湖である清風湖によって、自然と癒しをテーマにした観光都市として有名になった。地理的に月岳(ウォラク)山、小白(ソベク)山、雉岳(チアク)山の3大国立公園の中心に位置し、素晴らしい自然をに囲まれているだけでなく、中央高速道路、東西高速道路、中央線、忠北線、太白線鉄道が交差する交通の中心地に位置し、ソウルはもちろん、周辺都市からのアクセスも優れているため、アクセスも簡単な休養都市として愛されている。

李根圭・堤川市長は、堤川市を「手つかずの清浄自然を保有している韓国で唯一の自然治癒都市」と定義した。「義林池(ウィリムジ)、朴達峠(パクタルジェ)、清風湖(チョンプンホ)、錦繍(クムス)山、月岳山など優れた自然観光資源によって心を癒し、朝鮮時代の3大薬令市場(韓薬を販売する市場)があった韓方都市で様々な韓方と韓方薬体験によって体も健康になって、心身両面を癒す都市がまさ​​に堤川市」という説明だ。

2016年度、堤川市にとって最も大きな話題は、やはり「2016年今年の観光都市」というキーワードだ。市長として堤川市の未来を模索しながら、観光を活性化させることが李根圭・堤川市場の市政目標だっただけに、今年の観光都市のタイトル獲得のための準備過程にも心血を注いだ。

jecheon01

「今までにない癒しをテーマにした観光コンテンツに集中して、今年の観光都市公募を準備しました。堤川10景に代表される清風湖、義林池、朴達峠などの秘境の自然を中心に観光ルートをアップグレードして、清風湖観光モノレール、清風湖ジャドゥラク(なだらかな傾斜の意味)道などの自然の中で体験することができるインフラを充実させて差別化を試みました。外国人観光客にとっては新鮮な、韓国的伝統の韓方をテーマにした健康韓定食ブランドである『藥蔡樂(ヤクチェラク)』の開発と『韓方健康ツアー』なども充実させ、新しい韓国観光のモデルを完成させた」というのが李根圭・堤川市場の言葉だ。

これらの努力は、「今年の観光都市」選定という堂々たる結果につながった。2014年3月、文化体育観光部の書類審査と対面審査の結果、全国158の地方自治体の中から、統営市、茂朱郡と共に、今年の観光都市選定の栄誉を手にした。

「選定元年である2014年度は、『今年の観光都市』育成計画、共同ブランド選定、首都圏広報、『助け合い観光(今年の観光都市同士の観光)』などを推進しました。そして、2015年には19ヵ事業を重点的に推進しましたが、代表的な事業としては、主要な観光地でスマートフォンとスタンプ方式で獲得したマイレージを加盟店で使用できる堤川観光マイレージ事業や、主要観光地を巡る堤川シティツアー運営、そして清風文化財団地では、伝統国楽と堤川義兵武芸定期公演の実施などを通じて、観光客に新しい見どころを提供しています。そして、『今年の観光都市』事業元年である2016年には、堤川ヒーリングフードフェスティバル、観光地年中行事、広報招待ファムツアー、堤川観光マイレージ事業、シティツアーの運営など、15億ウォンの事業費を投入して、名実共に大韓民国最高の観光都市として跳躍する計画」というのが李根圭・堤川市長の説明である。

「今年の観光都市」となって、多くの外国人観光客が堤川市を訪問することが予想されるため、外国人観光客に特化したインフラの整備も行った。外国人観光客の観光便宜増進のために、様々な観光地案内板を多言語(日、英、中)案内板に交換し、各種観光地のパンフレットも多言語版を製作して堤川市の主要な観光地に備置、配布している。

また、昨年には堤川文化観光サイトを新たに構築して、堤川市の主要な観光地の情報を外国人観光客も容易に知ることができるように多言語で提供している。

jecheon02

堤川市を訪れる外国人観光客に李根圭・堤川市長が推薦するスポットはどこだろうか? 李根圭・堤川市長は迷わず「義林池」と「清風湖」と答えた。

「堤川市といえば義林池を置いて語ることはできません。義林池は国の名勝第20号に指定された場所です。三韓時代に築造された現存する韓国最古の水利施設で、堤川市の北端にある龍頭山(海抜871m)から流れる渓谷の水をせき止めてつくった貯水池です。長い時が過ぎた現在も周りの農耕地にとって重要な水利施設としての役割をしているだけでなく、義林池を中心に韓国的な感性の美しい遊歩道や公園が造成されており、ゆったりとした堤川の魅力を見つけるにはもってこいです。清風湖もおすすめです。堤川市内から車で約30分程度の距離に「内陸の海」と呼ばれる清風湖があります。清風湖を中心にして、堤川の主要な観光地である清風文化財団地、清風ランド、清風湖ジャドゥラク道、清風湖観光モノレール、清風渡船場などが位置しており、美しい湖畔の絶景やさまざまなアトラクションを楽しむことができ、リゾートを思わせる堤川旅行を楽しむことができます」と語った。

堤川のヒーリングコンテンツを代表する韓方テーマも李根圭・堤川市長が海外市場に積極的に促進するアイテムだ。堤川は昔から3大薬令市場があった韓方の里で、2010年「堤川国際韓方バイオエキスポ」を成功的に開催し、韓国内の韓方関連産業観光のメッカとしての地位を確立しただけに、堤川ならではのアイデンティティを盛り込んだ韓方関連コンテンツ育成に力を注いできた。

「韓方といえば、韓方医学などの医療のイメージが強いですが、堤川市は重い医療という概念から脱して、観光客が気軽に接することができるように韓方薬草が多い地域的な強みを活かし、薬になる野菜を食べると楽しい」という意味の『藥蔡樂』料理を開発しました。堤川で採れた農産物に加え、健康を維持することができる薬草まで加えた健康定食で、堤川市内22ヵ所の『藥蔡樂』指定レストランで楽しめます」と強調した。

コリアトラベル読者のための歓迎のメッセージも忘れなかった。

「コリアトラベルの読者の皆さん! 韓国最高の観光都市として跳躍する堤川にぜひお越しください。多様はグルメ、見どころ、体験が皆さんを待っています。堤川に来て、自然でヒーリングし、韓方の薬膳料理で健康な思い出までつくっていってください」

 

李根圭市長が推薦する堤川のスポットベスト3

 

1 義林池

堤川10景に数えられる堤川市の代表的な自然観光名所。三国時代、新羅真興王(チヌンワン/540〜575)の時に築造された農業用水を供給するための水利施設で、韓国に現存する最も古い貯水池だ。現在は水利施設ではなく、観光遊園地として堤川市観光の代表コースとして親しまれている。義林池周辺に沿って、朝鮮時代の純祖7年(1807)に建てられた楼閣である「暎湖亭(ヨンホジョン)」や1948年に建立された「鏡湖樓(キョンホル)」、そして樹齢数百年になる松や柳、高さ30mの自然の滝である「龍湫(ヨンチュ)滝」などが調和して韓国的な風情を満喫するには最適だ。

義林池

 

2 清風湖

清風湖は忠州多目的ダムの建設によってできた湖で、巨大なその規模のために「内陸の海」と呼ばれる堤川の体験観光名所。巨大な湖の左右に飛鳳山(ピボンサン)と錦繍山が絶景を誇ることはもちろん、ダム建設のために水没することになっていた清風面一帯の文化財を移築して公園化した清風文化財団地がある。レジャー・スポーツ施設やリゾートホテルもあり、クルーズをはじめ、モノレールで飛鳳山の頂上に登って清風湖のもう一つの絶景を満喫できる清風湖モノレールなどのアトラクションも体験できる。

清風湖

 

3 堤川国際音​​楽映画祭

堤川の自然名所である清風湖を舞台に、毎年夏に開催される映画と音楽をテーマにした国際的な規模の文化イベントだ。2005年の第1回映画祭を皮切りに、毎年8月に開催されており、異国情緒を醸し出す清風湖畔野外特設ステージで映画や音楽を組み合わせた大規模なイベントが行われる。上映規模は100編余りで、映画祭の開幕日には韓国内の韓流スターたちが総出演するレッドカーペットなどの行事も開催され、映画ファンや韓流ファンなら見逃せない堤川を代表するイベントだ。

堤川国際音​​楽映画祭

 

Information

忠清北道堤川市までは、ソウルから高速バスか鉄道を利用して約2時間で訪問できる。バスは東ソウルターミナルから堤川ターミナルまで30分間隔で高速バスが運行しており、鉄道はソウル清涼里駅から中央線ムグンファ号列車が30分間隔で運行しているため、個人旅行者も交通機関の不便なく、堤川市観光を楽しむことができる。また、国内外の観光客のための堤川シティツアーバスも運行(www.jcct.kr)しており、義林池や清風湖を含む堤川市の観光名所をガイドと一緒に旅行できる。

| http://tour.okjc.net/

Pocket

関連する記事はこちら

IMG_0849

扶余・薯童蓮祭り体験記

千五百年の歴史、一千万輪の蓮の香り 扶余・薯童蓮祭り体験記 百済の最後の都であり、公州・益山と共に「百済文化遺跡地区」として世界遺産に登録された遺跡を有する街、扶余。世界遺産に登録された遺跡も興味深いが、それに劣らない魅力を持つのが宮南池。その宮南池で7月6日から15日まで「扶余…続きを読む

江原道知事

崔文旬・江原道知事と韓国在住オピニオンリーダー座談会

コリアトラベル新聞主催 崔文旬・江原道知事と韓国在住オピニオンリーダー座談会   2018年に平昌での冬季オリンピックを控えている江原道。これから多くの外国人が江原道を訪れることが予想されるが、そんな江原道をもっと知らせていこうと、崔文旬(チェ・ムンスン)江原道知事とコ…続きを読む

論山_明齋故宅

晩秋の感性充電! 忠清南道・論山

  千年歴史の山寺を越え、両班故宅と近代通りが迎える 韓国旅行の新世界 晩秋の感性充電! 忠清南道・論山    論山は新世界だ。千年の歳月を守ってきた仏教寺院での静かなヒーリングの後に、完璧に保存された朝鮮時代の両班故宅と100年以上前の近代通りの歴史が、けっ…続きを読む

인천공항T2_메인

仁川空港第2旅客ターミナルを行く

見所も楽しみも満載 仁川空港第2旅客ターミナルを行く    出国のために急いで通り過ぎることの多い空間だが、ゆっくりと見て回ると観光地に劣らず楽しめるところ、それは空港だ。韓国旅行の玄関口である仁川国際空港も同様。特に、1月18日に新しくオープンした仁川空港第2旅客ター…続きを読む

水原華城

春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く

「高貴な世界遺産と出会う最もバラエティーな韓国旅行」 春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く  旅行を他の言葉で表現するとすれば、それは「発見」だ。今まで知らなかった世界に足を踏み入れると、その地の歴史と情緒に遭遇し、その発見を通して感動というプレゼントまでもらえるのだから、旅…続きを読む

2017cityofyear

2017今年の観光都市

今年最も期待される地方都市の旅、2017今年の観光都市 2017年の韓国観光は 「光州南区・江陵市・高靈郡」へ! 「今年の観光都市」は、韓国政府文化体育観光部が、観光の潜在力が大きい韓国の中小都市3ヵ所を選定、体系的な地方観光産業の育成とマーケティング、そして国内外の観光客に新し…続きを読む

扶餘郡守

<インタビュー> 忠清南道 扶餘郡守 李龍雨

百済の都、扶餘郡を 歴史・文化・観光・エコが 調和した観光地に   Interview 忠清南道 扶餘郡守 李龍雨    1500年前の百済の都が世界遺産に登録されることによって、世界の注目を浴びている。忠清南道と全羅北道にまたがる遺跡地区の8ヵ遺跡のうち、4…続きを読む

外島ボタニア

多彩に海を満喫! 慶尚南道 巨済、統営、南海の旅

韓国ドラマを観ていると、「ここはどこなんだろう?」と気になることが多い。そんな数々のロケ地を訪ねるのも旅行の楽しみの一つだ。今回は韓国の南部、釜山から近い海沿いの三都市を巡り、ドラマの人気ロケ地とその周辺のみどころを訪ねた。慶尚南道の巨済市、統営市、南海郡という、韓国人の誰もが行…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02